初心者必見!7つのコツでキャンプの後片付けをラク&スムーズに

キャンプの後片付け

お気に入り追加

初心者必見!キャンプの後片付けをラクにできる7つのコツをご紹介!なにかと面倒なキャンプ最終日の後片付けも、ちょっとしたコツでラクにスムーズにできちゃいます!初心者キャンパー向けに、事前準備編&当日編に分けてわかりやすく説明します。


アイキャッチ画像出典 : なっぷ

キャンプの後片付けを楽々行うには……?

7_1b
出典 : ロゴス

楽しいキャンプの最終日。そこに必ずやってくるのが「キャンプの後片付け」です。面倒くさいという思いもありますが、後片付けを含めてキャンプということをお忘れなく。“来たときよりもキレイにして帰る”のがキャンプのマナーです。

大物が多いだけに手間や時間もかかりますが、ちょっとしたコツや工夫でラクに進めることができるんですよ。こちらではキャンプ初心者向けに、後片付けがラクになる7つのコツを紹介していきましょう。

キャンプ後片付けのコツ<事前準備編>

帰宅日だけでなく、前日から後片付けの準備を進めておけば当日がスムーズ。3つのコツを紹介します。

①ゴミの分別は最初からしっかりと!

IMGP1409
出典 : 高ソメキャンプ場 スタッフのひとこと日記

初心者のキャンプで失敗しがちなのがゴミの分別。ゴミステーションにゴミを捨てに来たものの、分別ができてなくてその場で仕分ける……なんて時間のロスを防ぐためにも、サイトで出たゴミはキャンプ場のルールに沿って、最初からしっかり分別しておきましょう。

20120822_2648310
出典 : 建築日和

ゴミの分別方法はキャンプ場によってさまざま。まずはチェックイン時に分別方法をきちんと聞いておくこと。そしてゴミ袋を多めに持参し、細かい分別にも対応できるようにしておきましょう。



②バーべキューコンロはアルミホイルでカバー

864_5
出典 : ロゴス

見た目はイマイチになってしまいますが、汚れ落としが面倒なバーべキューコンロにはアルミホイルを敷いておくという手もあります。こうすれば消火後に残った炭や灰をホイルごと丸めて捨てるだけと簡単。

ただし使用するアルミホイルは、通常のものだと燃えてしまいます。熱による燃えや穴あきに強い厚手のものを使用しましょう。
ロゴス BBQお掃除楽ちんシート(極厚)
ITEM
ロゴス BBQお掃除楽ちんシート(極厚)
一般的な家庭用アルミホイルと比べると3倍近い厚みがあり、熱に強い0.035mm厚のアルミホイル。バーべキューコンロのお掃除が容易になります!


③片付けられるものは、前夜に片付けておく

DutchOven-695x436
出典 : Scouting

翌朝使用しないものは夜のうちにさっさと片付けてしまいましょう。朝食を簡単に済ませるならば、バーべキューコンロやダッチオーブンなどは片付けられますし、余分なテーブルやチェアも然りです。

翌朝の状況を考えつつ、前夜に片付けられるものは片付けてしまうのがスムーズ撤収のコツです。

キャンプ後片付けのコツ<当日編>

いよいよキャンプ最終日!チェックアウトまで時間があまりありません!手際よくスムーズに片付けるための4つのコツを紹介します!

①レジャーシートに使わないものを置いていく

dc0505137 荷物置き場
出典 : 野遊び日記

レジャーシートでもブルーシートでもかまわないのですが、車の近くに敷いておいて使わないものはそこにどんどん置いていきます。

一箇所に集めることで効率よく片づけができるようになるだけでなく、車へも積み込みやすくなりますよ。

②即効で寝袋やテントを乾かす

ogc-howto-02-12-695x460

出典 : スーパースポーツゼビオ

一晩使った寝袋は汗で湿気を含み、テントの底も湿っています。この2つはそのまま収納してしまうとカビの元になるので、きちんと乾かしてから撤収しましょう。

寝袋は中面に風が通るようレジャーシートやコットなどに広げたり、車のドアに掛けるなどして乾燥させます。匂いが気になるなら消臭除菌スプレーを吹き付けておきましょう。

IMGP3180
出典 : キャンプは楽しくやらなくちゃ☆

テントは室内の荷物をどかし、ペグ1カ所を残してひっくり返して底面を中心に乾燥させます。きちんと乾燥できれば、自宅で再度乾燥させるという二度手間がなくなります。

★こちらもCHECK!→「テント撤収のコツ!キレイ、スムーズ、長持ちさせるための小ネタ集

③朝食は手軽にすませよう!

551460660c934c3711dcf410f5ba83301-695x460
出典 : バウルー ホットサンドカフェ

最終日の片づけをスムーズに行うなら、朝ごはんは超シンプルなメニューがおすすめ。朝食のために炭をおこすのはかなり時間のロスとなります。

例えば熱源がシングルバーナーだけで完結するメニュー(ホットサンドやフライパン・小鍋調理など)や、前日の夜に余り食材でおにぎりやリゾットを作っておくのもいいアイデア。調理系は凝るほどに後片付けの手間もかかるので、後片付けをスムーズにする簡単ごはんがおすすめです。

★こちらもCHECK!→「ホットサンドレシピ20選!【お手軽編・上級編・デザート編】



④食器類は家で洗うという選択肢も

77898397-625x300
出典 : 花王マイカジ

日曜の朝は、みんなが同じタイミングで撤収作業を始めるので炊事場も混み合います。そんな時は汚れた食器類をキャンプ場で洗わずに、自宅に持ち帰るのも一案。使用後はキッチンペーパーなどで汚れをざっと拭き取るだけにして持ち帰り、自宅でキレイに洗いましょう。食器洗浄機があれば一気に洗えるので、こちらの方がラクという人もいます。

後片付けをラクにして、キャンプ疲れを軽減!

スムーズな後片付けがができればチェックアウトまでのドタバタが解消され、キャンプ疲れも軽減できます。空いた時間で場内の散策ができたり、早めにキャンプ場を後にして温泉に立ち寄れるなど、プラスαの楽しみも。

またきちんと後片付けを行えば、次のキャンプに荷物をそのまま持ち込めます。どれもちょっとしたコツなので、ぜひ実践してスムーズなキャンプを楽しんでみてください!

 

Ease The Cleanup Of The Camp!
キャンプの後片付けを簡単にするコツ!

 

紹介されたアイテム

ロゴス BBQお掃除楽ちんシート(極厚)

ロゴス BBQお掃除楽ちんシート(極厚)

¥640 税込

CAMP HACK編集部 Written by CAMP HACK編集部 CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

2016年4月7日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP