コールマンツーバーナーを再考!キャンパーを魅了する6つのワケ

コールマンのツーバーナーでキャンプ料理

お気に入り追加

コールマンのツーバナーは、家のコンロと同等の火力を誇るアイテムです。代表的なガソリン式ツーバーナーの使い方を徹底解剖!ガスカートリッチ式のバーナーの火力より強力なホワイトガソリン式のコールマンのツーバーナーの魅力をたっぷりお魅せします!


アイキャッチ画像出典:コールマン

①実は使い方もメンテナンスも難しくないホワイトガソリンのツーバーナー

コールマンのツーバーナーで魚を焼く出典:コールマン

手軽なアウトドアを楽しむための定番となっているバーナーコンロ。火力が強く、経済性に優れた一生ものになる、ホワイトガソリン燃料式コールマンのツーバーナーの良さとメンテナンスのポイントをご紹介します。

②コールマンのツーバーナーが選ばれる6つの理由

1抜群の耐久性
鍋とフライパンがのったコールマンのツーバーナー
出典:楽天市場


メンテナンス次第では10年以上活躍するとも言われるコールマンのツーバーナー。中には丁寧にメンテナンスやパーツ交換をして、30年以上も使い続けているキャンパーもいるほどです。

自分で行う時間がない人はアウトドアショップやメーカーでメンテナンスのサポートを受けることもできるのも便利ですよ!

2デザイン性
コールマンのトレードマークカラーのグリーンに真っ赤なタンク。使い込んででいくうちに塗装がはがれてしまうのは避けて通れませんが、それが味が出てブリキのオモチャのような愛おしさすら感じそうです。あえてオークションで購入する人もいるそうです。



3使い勝手の良さ
燻製とパンを調理するコールマンのツーバーナー
出典:time waits for no one
実はあまりお手入れをせずに何年も使っているキャンパーも。使う頻度や使用時間によってはあまり手がかからないという優秀さ。


4火力の力強さ
火力の強いコールマンのツーバーナー

出典:頭文字(イニシャル)Y 2nd

家庭用コンロと火力は負けず劣らずで、家で作る料理はほとんどカバーできます。一般的な家庭用の3口コンロのひとつは最大約4000kcal/h程度。

このツーバーナーのメインバーナーで最大約3650kcal/h、もちろんとろ火の調節もできます。家庭の料理をそのまま作れるのは安心できますね。

5寒さに強い
コールマンツーバーナーの耐久性の高さ出典:Coleman

寒冷地でも安定した強力な火力が自慢なのがガソリン式のバーナーの特徴でもあります。年間を通してキャンプをする方には必須の道具と言えます。大活躍は間違いなしです!

6コンパクトに運べる
収納もできるコールマンのツーバーナー出典:Percussion cap
バーナーの中は空っぽなので、収納もバッチリです。付属のタンクはもちろんですが、純正のホワイトガソリン1L缶も入ります。キャンパーによっては着火剤、アルミホイルなども一緒に収納して持ち運び可能。使うものがまとめられるのはありがたいですね。

③413Hパワーハウスツーバーナーを使ってみよう

コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー
ITEM
コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー


1タンクに燃料を入れる
コールマンのツーバーナーのためのホワイトガソリン出典:Percussion cap
燃料を入れるには、ガソリンフィラーか、漏斗状のフューエルファネルを使います。ガソリンフィラーは先端を押さないと燃料が出ない安全設計です。
コールマン エコクリーン 1L
ITEM
コールマン エコクリーン 1L




2ポンピング
コールマンのツーバーナーのポンプノブ
出典:Percussion cap

燃料バルブを右に止まるまで回し、ポンプノブを左に2回転させて収納されているポンプノブを引き出します。この時、まっすぐ引き出すようにしましょう。

コールマンのツーバーナーのポンピング方法出典:Percussion cap
まっすぐ押し込み、引き出していきます。自転車の空気入れを使う要領です。これを100回~150回ほどくりかえします。少し大変ですが、もっとも大切な作業です。

3タンクセット
コールマンのツーバーナーのノズルとガソリンタンク
出典:Percussion cap
タンクの上についている長い管(ジェネレーター)を本体のメインバーナーの手前の穴に全部差し込み、タンククリップの穴を本体全部の穴に入れタンクのセット完了です。

4メインバーナーの点火
コールマンのツーバーナーの燃料バルブ出典:Percussion cap

サブバーナーの燃料バルブを右に止まるまで回し、点火レバー(3の画像の真鍮製の部分)を上にし、バルブを開き柄の長いライターで点火し燃料バルブで調整します。

ポンピングを行い、安定した青い火に変わったら、点火レバーを下げます。火力調整は燃料バルブで行います。サブバーナーはサブバーナーの燃料バルブを左に2回転以上回し、ライターで着火します。火力調節はサブ燃料バルブで行います。
5(消化)燃料バルブを右に止まるまで回します。
コールマンのツーバーナーで調理出典:さるももキャンプと日々の出来事

サブバーナーの燃料バルブを右に止まるまで回してサブバーナーは消火します。メインバーナーは燃料バルブを右に止まるまで回すとジェネレーター内部の燃料がなくなるまで3~5分かかるので、消えるまで待ちましょう。

④メンテナンス

【ジェネレーターの交換】
コールマンのツーバーナーのジェネレーター交換出典:あらフォーキャンパーが行く

ジェネレーターの先端のネジをしっかり締めすぎたなどが原因としてあげられます。先端のネジが変形してしまった場合はジェネレーターの交換が必要です。別売りのジェネレーター♯413Hを使って交換しましょう。

ジェネレーターをプライヤ(ペンチのような工具)で左に回して緩めて取り外します。ニードルも同様に外します。取り外した時と反対の順序で、新品のニードル・ジェネレーターを取り付けます。
コールマン ジェネレーター#413H
ITEM
コールマン ジェネレーター#413H




【ポンプのオイル差し】
コールマンのツーバーナーのポンプオイル差し出典:プーサンのキャンプ日記

ポンピングの際、乾燥して動かない時は油分が足りない証拠。ポンプキャップの「オイル」と表示されたところからリュブリカント(オイル)を2~3滴入れましょう。
コールマン リュブリカント
ITEM
コールマン リュブリカント


【バルブの交換】
コールマンのツーバーナーのバルブ
引用:Coleman
火が消えないといったトラブルには点火バルブの取り換えが必要です。413Hパワーハウスツーバーナー用バルブ一式を用意します。バルブシステムの頭の四角い部分をバイス等で固定、タンク本体を左に回して取り外します。緩めた回数を覚えておきましょう。取り付けの際には、その回数だけ締め付け本体にセット出来るように取り付け角度を調整してください。
コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー用バルブ一式
ITEM
コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー用バルブ一式

⑤メンテナンス次第で一生のキャンプの友

2つの鍋がのったコールマンのツーバーナー
出典:time waits for no one
メンテナンス次第で一生モノになるのは間違いなしの413hパワーハウスツーバーナー。キャンプにも防災グッズにも便利に役にたちますね。私たちに物を大事にする気持ちを育ててくれそうです。

コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー
ITEM
コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー


 

Brought Up Me Burner!
私たちも育てられてる

紹介されたアイテム

コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー

コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー

¥15,410 税込

コールマン エコクリーン 1L

コールマン エコクリーン 1L

¥1,188 税込

コールマン ジェネレーター#413H

コールマン ジェネレーター#413H

¥3,680 税込

コールマン リュブリカント

コールマン リュブリカント

¥709 税込

コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー用バルブ一式

コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー用バルブ一式

¥2,808 税込

コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー

コールマン 413Hパワーハウスツーバーナー

¥15,410 税込

編集部おすすめ記事


ゆも Written by ゆも シングルマザーライター。テントもかまどもスモーカーも一人で作ってしまうキャンプオタク。現在は「ちょーハッピーなキャンプ」を年2回開催。ブログ http://ameblo.jp/moniter-yumo/ 運営中。

2016年3月8日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP