ロッジのスキレットやダッチが愛されるワケ!その理由と魅力とは

12392043_10153198009190496_2155402160780428508_n

お気に入り追加

ロッジのスキレットや ダッチオーブン特集!ロッジの製品が料理をさらにおいしくするワケやキャンプにおすすめの理由、お手入れ方法などを公開します。ロッジのスキレットやダッチオーブンの魅力を徹底紹介!


アイキャッチ画像出典 : Lodge Cast Iron

高機能だからおいしく作れる!ロッジの魅力を徹底紹介!

 

LODGE ロッジ
出典 : Amazon

おいしいキャンプ料理に欠かせないブランドのひとつが「LODGE(ロッジ)」。ダッチオーブンにスキレット、グリドルなど、愛用しているキャンパーも多いアイテムですよね。今回はそのロッジ製品の魅力に迫ってみましょう。やっぱり、愛されるにはワケがあるんですよ!

誕生は1896年!120年の歴史を持つキャストアイアンメーカー

ロッジ製品を作る様子
出典 : Lodge Cast Iron

ロッジは1896年にアメリカ・テネシー州サウスピッツバーグで誕生した調理器具メーカーです。キャストアイアン(鋳鉄)にこだわり、砂型に鋳鉄を流し込む昔ながらの製造方法で作られてきた製品は、親子4代に渡って受け継がれ、今ではアメリカNO.1のキャストアイアンメーカーとなっています。

ロッジで作るとなぜおいしい?3つの秘密

おいしい料理に仕上げてくれるのにはワケがある!?3つの秘密を紹介します!

①蓄熱性の高さが抜群!

ロッジのダッチオーブンで料理
出典 : Lodge Cast Iron

キャストアイアン(鋳鉄)にこだわりを持つロッジ。鋳鉄は蓄熱性が高いことが特徴ですが、ロッジの製品は高品質な鋳鉄、そして5mmという肉厚構造を採用することでさらに蓄熱性が高いものとなっています。

一度熱すれば高温状態を長く保ち、食材を入れても温度が下がりにくく、温度のムラが少ないのが特徴。食材にじっくり熱を伝えていきます。



②2つの圧力作用で食材のおいしさを引き出す!
焚き火台の上のロッジのダッチオーブン出典 : Chess-チェス

ロッジの製品は蓋も含めて鋳鉄でできているので、かなり重いのが特徴。けれどこの重い蓋をしっかりと閉じることで鍋の中に圧力がかかります。

さらに中の水蒸気が本体と蓋の隙間を埋める「ウォーターシール効果」が発揮されるので、機密性が高まります。この2つの圧力によって食材の旨みを閉じ込め、芯から柔らかく仕上げることができるのです。

③蓋にはさらにこんな秘密が!

ロッジの蓋
出典 : COOK & DINE

スキレットカバーやキッチンオーヴンの蓋の裏側には突起が付いています。この突起は中で発生した食材の旨みを含む水蒸気を溜め、食材に注いでくれる役割を果たしてくれます。調理中に出た煮汁を食材にかけ、旨みを戻す「ベイスティング」作業をこの蓋が行ってくれるので、ジューシーな仕上がりになるんです。

ロッジの蓋
出典 : COOK & DINE

一方、キャンプオーヴンの蓋裏は突起がなく、ちょっぴり凹んだ形状。フライパンのように使ったり、裏返さずにジンギスカン鍋、プルコギ鍋のように使うことができます。

シーズニング済みなので、すぐに使えるのがうれしい!

ロッジのスキレット
出典 : LODGE

通常、新品の鋳鉄製品を使い始める際は、サビ止め用のワックスを洗い流し、油に慣らす「シーズニング」という作業が必要。けれどロッジのダッチオーブンやスキレットをラインナップする「ロジック」シリーズは、工場ですでにシーズニング作業が行われているので温水&たわしなどで洗うだけでOK。すぐに使い始めることができます。

ただし使用後は従来どおりのシーズニング作業が必要です。お手入れに関しては後ほど紹介します!

キャンプでおすすめ!ロッジ2つのシリーズ製品!

さまざまな製品をラインナップしているロッジですが、その中でもとくにキャンプにおすすめしたい2製品に注目し、その魅力を紹介します!

焚き火でもガンガン使える!「キャンプオーヴン」

ロッジのダッチオーブン
出典 : éditeu

ダッチオーブン2タイプ、スキレット、グリドルなど、ロッジにはいくつかシリーズがありますが、キャンプで使用するなら「ロジック キャンプオーヴン」シリーズがおすすめです。キャンプ向きのおすすめポイントを紹介します!

●3本の脚

ロッジのダッチオーブンの底
出典 : COOK & DINE

積み重ねたロッジのダッチオーブン
出典 : COOK & DINE

「キャンプオーヴン」シリーズは、ほかの製品と違って3本の脚が付いています。これは焚き火や炭火など足場が悪いところでも安定して置けるようにするため。またダッチオーブンを重ねてタワー状にしたときも脚部分に炭が置けるので、同時に加熱することができるんです。

●蓋のフチ

ロッジのダッチオーブンの蓋
出典 : éditeu

蓋の外周には2cmほどの立ち上がりがあり、炭が置きやすいようになっています。上下から加熱できるのでオーブン料理も楽しめますよ!



●蓋はフライパンにも!

ロッジのダッチオーブンの蓋で料理
出典 : エイアンドエフ

前述しましたが、蓋でも調理できるのが便利。裏返しても、そのままでも使うことができるので、シーンに合わせて活躍してくれます。

ロッジ ロジック12インチキャンプオーブン 足つき
ITEM
ロッジ ロジック12インチキャンプオーブン 足つき

キャンプでも自宅でも!そのまま器としても使える「スキレット」

ロッジのミニスキレット
出典 : エイアンドエフ

スキレットとは鋳鉄製のフライパンのこと。「ロジック スキレットパン」シリーズはサイズや形状が多彩ですが、なかでもミニサイズのものが人気。

キャンプでも自宅でもフライパンのように使うことができ、さらに調理後はそのままテーブルに置いてもサマになる見栄え。サイドディッシュ用、一人ひとつのプレートなど、複数使いが人気です!また別売の「スキレットカバー」(蓋)を合わせて使えば、料理の幅がますます広がります!

●キャンプの朝食にもぴったり!

ロッジのスキレットで作った料理
出典 : COOK & DINE

ミニスキレットで調理した後は、そのままテーブルへ。一人ひとつの器として使うのもかわいい!

●大小使ってタパス料理!

ロッジのスキレット料理で作った料理
出典 :ABCクッキングスタジオ

こちらは大小2つのスキレットを使ったタパス。大きいスキレットでグリル、ミニスキレットはソース用として使用。こういう使い方ができるのもスキレットならでは。

●スタッキングできるので、持ち運びも楽々

重ねたロッジのスキレットと袋
出典 : COOK & DINE

ダッチオーブンと違って重ねて収納できるのがスキレットのいいところ。複数使いでもコンパクトにまとまるので持ち運びも楽ちんです。

●自宅のオーブンでも使える!

オーブンに入ったロッジのスキレット
出典 : エイアンドエフ

ミニサイズのスキレットなら、家庭のオーブンに入るサイズ。キャンプでも自宅でも使い勝手の良さはピカイチです!

ロッジ ロジック 6.5インチ
ITEM
ロッジ ロジック 6.5インチ



ただし、使用後のお手入れは必須です!

ロッジのスキレットの手入れ
出典 : KOZLIFE

魅力満載のロッジ製品ですが、唯一気になる点が”錆びやすい”ということ。このロッジの製品をはじめとした鋳鉄製品は、使用後にきちんとお手入れをしなければなりません。使用後は洗剤を使わずたわしとお湯で汚れを洗い流し、しっかり乾燥させてから食用油を塗って保管します。

手間といえば手間ですが、この手入れを繰り返すうちに「ブラックポット」という黒光りする鍋に成長します。この成長を感じるのも、鋳鉄製品ならではの楽しみですよ!

★手入れに関してはこちら→「ダッチオーブンは手入れが重要!基本の手入れとトラブル対処法

おいしいキャンプ料理を作ってくれる最良の相棒、それがロッジ!

ロッジのダッチオーブン

出典 : CRANKS OUTDOORS

長年の歴史に培われた高品質な物づくり……それがロッジの魅力です。焚き火や炭火でも使え、家庭でも大活躍してくれるロッジの鋳鉄製品は、持っていて損はない逸品。作る楽しみ、育てる楽しみをぜひロッジのアイテムで体験してみてください!

 

LODGE Is Delicious Camp Cuisine!
ロッジがキャンプ料理をおいしくする!

 

紹介されたアイテム

ロッジ ロジック12インチキャンプオーブン 足つき

ロッジ ロジック12インチキャンプオーブン 足つき

¥14,000 税込

ロッジ ロジック 6.5インチ

ロッジ ロジック 6.5インチ

¥1,843 税込

CAMP HACK編集部 Written by CAMP HACK編集部 CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

2016年3月1日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP