男を上げる!ファミキャンで作るべき簡単キャンプデザート7選

キャンプで試したい デザート特集!普段は料理をママに任せっきりのパパも簡単に出来るキャンプデザートを7つ紹介します。キャンプ料理をがんばって家族を見返す大チャンス!お子さんのサプライズにも打ってつけです!


意外とハードルが低い!?キャンプデザート

IMGP6283デザートというと、材料を測って混ぜてオーブンで手間ひまかけて焼き上げるとても大変なイメージ。
今回は、料理に苦手意識を持っているパパにこそ試していただきたいキャンプデザートの簡単レシピを7つご紹介します。

1.チョコレートパフェ

IMGP0235<材料>4~6名分
バニラアイス・・・1個
コーンフレーク・・・適量
チョコレートシロップ・・・適量
ホイップクリーム・・・適量
※スジャータのスプレーホイップ缶が日持ちして使い勝手が良いのでオススメです☆
バナナ・・・1本
飾り付けのお菓子類・・・お好み

IMGP0321売店の品揃えを事前に確認して、バニラアイスはキャンプ場で調達するのがBESTですね。ここまで揃えれば、ほぼ完成したも同然!

器にホイップ→コーンフレーク→ホイップの順に乗せ、バニラアイスを好きな分だけスプーンですくい、乗せます。



IMGP0322さらにスライスしたバナナ、砕いたオレオ、チョコレートシロップ、お菓子を添えてすき間を埋めるようにホイップで仕上げれば、あっという間に完成!

IMGP0324アレンジは自由自在。お子さんと一緒に楽しんでもよし!内緒で作ってサプライズもよし!

2.フルーツポンチ

IMG_1617<材料>
・好きなフルーツ(キウイフルーツ・りんご・いちご・スイカ・パイナップル)・・・適量
・ナタデココ・・・1袋
・こんにゃくゼリー・・・適量
・三ツ矢サイダー・・・適量

DSCN0645材料を一口大にカットして混ぜるだけの究極の時短デザート!食感のアクセントにナタデココやカットしたこんにゃくゼリーを入れてアレンジも。

器にサイダーをひたひたに注げば、清涼感たっぷりのデザートの出来上がり!さらに見た目をよくするなら、スイカやパイナップルを器代わりにするのもオススメです!

3.ジェラート

IMGP7235 <材料>コーン12個分
・冷凍したカットバナナ・・・1房
・冷凍ブルーベリー・・・150g
・冷凍ストロベリー・・・150g
・日世のコーンカップorシュガーコーン・・・12個分
気温が低い冬にこそ試していただきたい意外性抜群のキャンプデザートはこちら!

材料はなんと凍らせたフルーツのみ!必ず用意してもらたいのが、細かくスライスした冷凍バナナ。その粘度がつなぎの役割を果たしてくれます。ジップロックに入れ自宅の冷凍庫で凍らせ、他の冷凍フルーツと一緒に保冷を万全にして現地に持ち込みます。
夕食がひと段落したら準備開始!
ボールやお鍋に材料を入れて木ベラ等を使って、ひたすらザクザク!混ぜてください。

DSC04151食感や彩りを残すなら冷凍フルーツを少し残しておくのもオススメです。あとは、コーンカップに入れれば子供も大人も感激のジェラートの出来あがり!

IMGP5935応用編!冷凍バナナと冷凍マンゴー(缶詰から出して冷凍)と苺ジャムでトロピカルジェラート!

IMGP2940小ぶりのマシュマロを混ぜてアレンジジェラート!

材料は自然素材のみ!お腹いっぱいでも喜ばれる別腹キャンプデザートの真骨頂です。


4.リッツでデザート

DSC04667 <材料>
・リッツ・・・1箱
・生クリーム・・・適量
・オレオ・・・適量
・(雪印)マスカルポーネチーズ・・・1コ
気張らず気軽に一品用意するならリッツの使い勝手が◎!生クリームと砕いたオレオをのせるだけで1品。

雪印のマスカルポーネチーズは付属のエスプレッソソースを混ぜるだけでほろ苦&甘いソースに早変わり。トッピングで彩りを添えて。

IMGP3659残ったリッツは、チョコレートシロップを用意して、焚き火で焼きマシュマロを楽しんだ時のスモア作りに有効活用できますね。

5.おしるこ

IMGP2527<材料>(3~4名分)
・茹であずき(缶詰orパウチ)・・・約400g
・水・・・150cc
・塩・・・ひとつまみ
・お餅・・・お好み

お正月に余ってしまったお餅はキャンプ場に持参しておしるこにしましょう。お餅以外の具をお鍋に入れて、<材料>の量を目安に自分好みの濃さに調整してください。

IMG_3505あとは、一口大の焼き餅を投入して適度に煮れば完成!

6.桃のタルトタタン

かずさ21 <材料>
・ホットケーキミックス・・・150g
・牛乳・・・50cc
・黄桃の缶詰・・・1缶
・缶詰のシロップ・・・100cc
・卵・・・2個
・砂糖・・・大さじ2
・サラダ油(またはバター)・・・大さじ2(30g)
・バター・・・適量 ※炊飯器の釜に塗る用

こちらは番外編…
冬キャンプでは電源サイトを使われる方も多いですよね。そんな時は思い切って炊飯器を持参しましょう!ご飯を炊いて保温できるだけでなく、デザート作りにもいい仕事をしてくれます。

タルトタタンはリンゴを使ったフランス菓子ですが、缶詰の黄桃と炊飯器を使ってどなたでも簡単なアレンジデザートが出来上がります。まず炊飯器の底部分にバターを塗り、黄桃をまんべんなく敷き詰めます。別のボールか鍋にその他の材料を全部入れて混ぜたら、炊飯器に流し込んで…炊飯スイッチオン!

炊き上がったら、箸で刺して固まり具合を確かめて、緩いようならもう一度炊飯して様子をみてください。黄桃以外は基本の材料ですので、アレンジも簡単です。

IMGP2299こちらはブルーベリーとグラノーラのケーキ

禁じ手の炊飯器持参で時短料理が実現!一気に家族団欒の時間が増えますよ!


7.チョコレートフォンデュ

IMGP0088<材料>(4~5名分)
・板チョコ・・・200g
・牛乳・・・適量
・フルーツ(いちご、バナナ、キウイ、ドライマンゴー)・・・お好み
・一口大のお菓子(マシュマロ、カステラ、シュークリーム)・・・お好み
・堅焼きor厚切りのポテトチップス・・・お好み

子供たちの遊び心をかき立てるデザートなら断然チョコレートフォンデュ!目分量でできちゃう簡単デザートです。
IMGP0060まずは板チョコをナイフで溶けやすく削ぎ切りしておきます。
IMGP0064それから全ての材料を一口大にカットして華やかに盛りつけたら準備完了!チョコフォンデュの容器は小さな鍋でも結構ですが、今回はグラタン用の深めの耐熱容器を使いました。
火にかけ、牛乳を大さじ1杯程度ずつ少しずつ流し入れ、ゴムスパチュラ等を使って焦げないように、「かた過ぎず、ゆる過ぎず」仕上げます。

キャンプ料理はパパの腕の見せどころ!

image3

普段の料理はママ任せというパパ、キャンプ料理にマンネリを感じているパパにはうってつけです!

いずれも時間のかからない簡単デザートばかり。

色どり豊かなデザートをおもてなしして、ママやお子さんと一緒に笑顔あふれるキャンプにしてみませんか?

編集部おすすめ記事


関連する記事

IMGP5935
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
かつを

小2の頑固娘に振り回されながら父娘キャンプを楽しむキャンプ歴6年のパパ。キッチン回りのギアにこだわりを持ち、キャンプ場でスイーツ作りに励む。 Blog「朝日出ズル処、花咲キ誇ル...」Instagram「katsuwo1005」更新中

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE