春よ来い!初心者におすすめしたい2つのキャンプフェス徹底レポート!

キャンプフェスのシーズン到来間近!”どのフェスから参加していいのかわからない”、そんな初心者の方におすすめしたい春先の2つのフェスの魅力を、筆者の実体験からご紹介します。まずはここから参加して、キャンプフェスの魅力を体感してみてください!


おすすめフェス1:GO OUT JAMBOREEE

GO OUT JAMBOREEE
出典:GO OUT JAMBOREEE 2015

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日程:2016年4月15日(金)〜17日(日)
場所:ふもとっぱら
詳細はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず最初におすすめしたいのが、「GO OUT JAMBOREE」。雑誌「GO OUT」が年に数回開催するキャンプフェスで、初心者の方に一番おすすめのキャンプフェスです。

■ポイント① 全国のオシャレキャンパーが勢揃い!

マグカップ

さすが雑誌社主催のフェスだけあって、オシャレキャンパーが他のキャンプフェスと比べても圧倒的に多いです。キャンプサイトはもちろんのこと、ファッションも見習いたい人ばかり!

私もテントを建て終わったら、まずは会場全体を歩き回って先輩キャンパーのテクニックを見ることにしています。大体みなさんから話しかけてくれるので、その場でアドバイスも貰えますよ!

写真のマグカップを吊るすテクニックは、現地で友達になった方から教えてもらいました。可愛くて気に入っています。

■ポイント② キャンプ友達を増やすアクティビティがたくさん!

キャンプアクティビティ

キャンプ合コン、持ち寄りBBQ、カラオケ大会…”何の事?”と思うかもしれませんが、これらは全てGO OUTで実施されるアクティビティなのです!普段の生活の中で、こんなに出会いのチャンスが溢れている場はありません。

かくいう私も写真の通り、昨年のカラオケ大会に出場して尾崎豊を熱唱したのですが、歌い終わると色んな人が話しかけてくれて、なんと友達ができました!また、キャンプ合コンで出会った二人が結婚したというステキな出来事もあるそう。

いつもはシャイなあなたも勇気を出して、アクティビティに参加してみましょう!


■ポイント③ 富士山に近すぎる最高のロケーション!

富士山スポット

会場となる「ふもとっぱら」の最大の魅力は、常に富士山が間近に見える位置にあるということ。朝には澄んだ空気の中、雄大な富士山を背に、気球に乗ることもできます。

おすすめしたいのは、フォトスポットでの記念写真。フレームの中に綺麗に富士山が収まるので、一生の思い出に残ること間違い無し!SNSに投稿するとばっちり「いいね!」も稼げますよ。

おすすめフェス2: TAICOCLUB


TAICOCLUB出典:TAICO CLUB’14

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日程:2016年6月4日(土)〜5日(日)
場所:こだまの森キャンプ場
詳細はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いては、「TAICOCLUB」。意外と知られていませんが、なんと映画「モテキ」のフェスシーンの舞台となった場所です。ライブを主体として幅広い音楽ジャンルが楽しめ、音楽好きにはたまりません!

■ポイント①オールナイトで音楽に埋もれる!

オールナイトで音楽

このフェスの特徴はなんといってもオールナイトで音楽が流れていること。ステージでは一晩中、ライブやDJプレイが行われています。

特に音楽好きの方におすすめしたいのが、ステージの近くにテントを構えること。常に音楽が聞こえるので、料理の準備もハイテンションで楽しめますし、すぐにステージの前に行って楽しむことも!

ただ、一晩中楽しむためにも、睡眠は大事!私は現地に着いたら、まず寝ることにしています。オールナイトのフェスは、夜に向けて体調を整えておくことも大事ですね。

■ポイント② 一度は観ておくべきステージ「野外音楽堂」!

野外音楽堂

今まで色んなキャンプフェスに参加してきましたが、ここの「野外音楽堂」がどこよりも一番おすすめのステージです!

昼間は豊かな木々と緩やかな音楽に包まれる癒し空間ですが、夜は一転、怪しげなライトに照らされ、ダンスミュージックが流れるクラブ空間に変化します。キャンプに来たはずなのにクラブの雰囲気も体感できる、こんな贅沢なフェスは他にはありません!

私は、音楽にはあまり明るくないのですが、”曲を知らなくても何だか楽しい!”朝から晩までそんな気持ちにさせてくれる不思議な魅力が、ここにはあります。


■ポイント③大自然に囲まれて日常からのチルアウト!

こだまの森キャンプ場

会場のある「こだまの森キャンプ場」は長野県の山奥にあり、自然に囲まれた最高のチルアウト空間です。

朝早く会場に着いた瞬間に鳥のさえずりお出迎え、昼間は木陰で昼寝、夜はまるで深い森林の中を探検している気分に。一日を通して都会の喧噪から離れた、優しい時間を楽しめます。日常から解放されて思わず、「TAICO」の人文字を作ったりも!

ただ、日常から解放されすぎたハッピーすぎる人を見るのも、このフェスが一番多い気がします(笑)

いよいよキャンプフェスシーズン突入間近!

キャンプフェス

以上、おすすめフェスをポイントを絞ってご紹介しました。少しでも興味が湧けばどちらのフェスもチケット発売中ですので、ぜひ参加してみて現地で私と乾杯しましょう!

その他のフェスも、開催日が決まり次第、順々にご紹介します。

 

関連する記事

12583883_1042091785848762_513630528_n
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
上山 健太

休日になると本領を発揮する、広告系サラリーマン。主に取材系の記事を書いています。フェスやキャンプ場に潜入して、キャンパーの皆さんと会話するのが大好き。若い人たちでキャンプを盛り上げていきたいです!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE