もっと手軽にバーベキュー!ガス式バーベキューコンロまとめ!

IMG_0089 (1)

お気に入り追加

ガス式バーベキューコンロまとめ!時間のかかる炭火おこしや後片付けが簡単なガス式バーベキューコンロは初心者におすすめ!ガスと炭火バーベキューの違い、おすすめ製品、+αでバーベキューができるアイテムを紹介します!

アイキャッチ画像出典 : アウトドアと燻製と…あと、お酒も少々。

ガスと炭火のバーベキュー、どんな違いがある?

ガス式バーベキューコンロ
出典 : コールマン

炭火のバーベキューで手間なのは、炭の火おこしと後片付け。これを格段に楽にしてくれるのがガスを使ったバーベキューコンロです。炭火のバーベキューコンロとはどんな違いがあるのでしょう。下記に両者の違いを挙げてみました。

<ガスタイプ>

ガス式バーベキューコンロを温める
出典 : Amazon

○火おこしに時間がかからない。ガス缶をセットし点火スイッチを押すだけでOK
○火加減の調整が簡単
○炭の処理がないので、バーベキュー後の片付けが楽
×遠赤外線効果が弱く、炭火の方が食材がおいしく焼ける
×バーベキューの雰囲気が薄れる

<炭火タイプ>

ガス式バーベキューコンロに炭を入れる
出典 : コールマン

○遠赤外線効果で食材がおいしく焼きあがる
○バーベキューやった感が高い
×慣れていないと炭の火おこしに時間がかかる
×バーベキュー後の炭の処理がやや面倒

まとめると、手軽にバーベキューを行いたいならガス、バーベキューの雰囲気を堪能し、食材をおいしく焼き上げたいなら炭火、になります。

ガス式バーベキューコンロのポイントは、とにかく手軽なところ。バーベキュー初心者の場合は炭に着火するのに時間がかかるので、ガスで手早く手軽にというのも選択肢の一つですよ。


キャンプでお役立ちのガス式バーベキューコンロ!

キャンプにも持っていけるポータブルタイプのガス式バーベキューコンロを紹介します!

イワタニ グリルステーション

イワタニ カセットガス バーベキュー グリルステーション
イワタニ カセットガス バーベキュー グリルステーション

¥ 64,800

大きめサイズの本格派ガスバーベキューコンロ。ホーロー製のグリルプレートのほか、鉄板焼きに対応するマルチパン、ゴトクプレートも付属しています。燃料は手に入りやすいイワタニのカセットガスを使用。2口コンロタイプで1口の発熱量は2500kcal。使用時サイズは102.9×52.8×高さ121.3cm、重量約21kg。



コールマン ロードトリップグリル LXE-JⅡ

コールマン ロードトリップグリル LXE-J II
コールマン ロードトリップグリル LXE-J II

¥ 41,040

アウトドアガスを使用するコールマンの本格派ガスコンロ。蓋に温度計が付属しているので温度管理が簡単。スモーク料理の温度調整にも役に立ちます。またゴトクや鉄板はオプションですが、追加すれば多彩なアウトドア料理が楽しめます。2口コンロ採用で発熱量は1口約2500kcal/h。使用時サイズは約118×46×高さ112.5cm、重量は約18kg。



★こちらもCHECK!→「コールマンのロードトリップグリルまとめ!即BBQ&多彩な調理



コールマン ロードトリップグリルエクスカーション

コールマン コンロ ロードトリップグリル エクスカーション
コールマン コンロ ロードトリップグリル エクスカーション

¥ 32,900

2016年3月以降に発売予定のコールマン新製品。従来のロードトリップグリルより価格を抑えたエントリーモデル。2口コンロタイプで発熱量は約2500kcal/h(1口)。使用時サイズは約99×56×高さ122cm、重量約16.5kg。





キャプテンスタッグ 炉端焼卓上カセットコンロ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 炉端焼卓上カセットコンロ M-6303
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 炉端焼卓上カセットコンロ M-6303

¥ 4,636

こちらの卓上タイプのガスコンロはバーベキューのほか付属の焼き鳥スタンドで串焼きにも対応。安全装置付きでアウトドアでも室内でも使用できるのがポイントです。発熱量は2000kcal/h。使用時サイズは約39.1×22.7×高さ13.6cm、重量は約2.4kg。



イワタニ 炉ばた大将 炙家W

イワタニ 炉ばた大将 炙家 W
イワタニ 炉ばた大将 炙家 W

¥ 4,680

安全装置付きで屋外・室内使用がOKな卓上コンロ。ガス缶のセットはイワタニ独自のマグネット方式で着脱がスムーズ。またカセットボンベ内のガスの気化を促進する「ヒートパネル」を搭載しているので、強火力を持続します。発熱量は2000kcal/h。使用時サイズは40.9×21.4×高さ13.1cm、重量約2.4kg。




番外編!? じつはこのガスコンロ&バーナーでもバーベキューが楽しめる!

ガス式バーベキューコンロではありませんが、+αのアイテムでカセットコンロやシングルバーナーがバーベキューコンロに大変身!?おすすめのアイテムを紹介します!

イワタニ カセットフー マーベラス+網焼プレート

イワタニ カセットフー マーベラス
イワタニ カセットフー マーベラス

¥ 9,300

おしゃれなカセットコンロでおなじみ、イワタニ「カセットフー マーベラス」でもバーベキューが楽しめます!マーベラスにはほかにも焼肉プレートや鋳鉄製の焼肉グリル、鉄板焼き用プレートをラインアップしています。



イワタニ カセットフー アクセサリーシリーズ 網焼きプレート
イワタニ カセットフー アクセサリーシリーズ 網焼きプレート

¥ 2,034

オプションパーツ「網焼プレート」です。



SOTO レギュレーターストーブ+溶岩石プレート

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

¥ 5,121

ソトの人気アイテムレギュレーターストーブです。





ソト レギュレーターストーブ専用溶岩石プレート
ソト レギュレーターストーブ専用溶岩石プレート

¥ 3,980

レギュレーターストーブに遮熱板と溶岩石プレートを載せるだけで、手軽に溶岩石バーベキューが楽しめるアイテム。溶岩石は余分な油を吸収しつつ、遠赤外線効果で食材をふっくらジューシーに焼き上げてくれます。1~2人用サイズですが、ゆっくりバーベキューを楽しみたい方におすすめ。



ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D+ファイアグリル用鉄板

ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D
ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D

¥ 10,800

テーブルトップバーナー US-Dは分離型シングルバーナーなので、鉄板を置いての使用もOK。焚き火台、ファイアグリルの鉄板を使えば、鉄板焼きバーベキューが楽しめます!



ユニフレーム ファイアグリルフッ素プレート 683132
ユニフレーム ファイアグリルフッ素プレート 683132

¥ 4,500

ユニフレームのファイアグリルにこのプレートをのせれば、いつでももバーベキューができてしまうんです!




ガス式バーベキューコンロは初心者におすすめ!

ガス式バーベキューコンロ肉を焼く
出典 : イワタニ

面倒な炭の火おこし不要、後片付けも楽ちんなガス式バーベキューコンロは手軽に使えるアイテム。初心者はもちろん、手軽にバーベキューを楽しみたい人におすすめですよ!

 

Easily Barbecue With Gas Type!
ガス式コンロで手軽にバーベキューを!

紹介されたアイテム

イワタニ カセットガス バーベキュー グリルステーション

イワタニ カセットガス バーベキュー グリルステーション

¥64,800 税込

コールマン ロードトリップグリル LXE-J II

コールマン ロードトリップグリル LXE-J II

¥41,040 税込

コールマン コンロ ロードトリップグリル エクスカーション

コールマン コンロ ロードトリップグリル エクスカーション

¥32,900 税込

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 炉端焼卓上カセットコンロ M-6303

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 炉端焼卓上カセットコンロ M-6303

¥4,636 税込

イワタニ 炉ばた大将 炙家 W

イワタニ 炉ばた大将 炙家 W

¥4,680 税込

イワタニ カセットフー マーベラス

イワタニ カセットフー マーベラス

¥9,300 税込

イワタニ カセットフー アクセサリーシリーズ 網焼きプレート

イワタニ カセットフー アクセサリーシリーズ 網焼きプレート

¥2,034 税込

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

¥5,121 税込

ソト レギュレーターストーブ専用溶岩石プレート

ソト レギュレーターストーブ専用溶岩石プレート

¥3,980 税込

ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D

ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D

¥10,800 税込

ユニフレーム ファイアグリルフッ素プレート 683132

ユニフレーム ファイアグリルフッ素プレート 683132

¥4,500 税込

紹介された関連記事

CAMP HACK編集部 Written by CAMP HACK編集部 CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

2016年1月25日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP