モンベルのシュラフでスウィートな寝心地を!おすすめ10選

IMG_2189

モンベルのシュラフは、ユーザーに心地よい眠りを提供しています。そんなモンベルシュラフのおすすめ10選を紹介!独自のデザインシステムにより驚くほどの伸縮性を手に入れたモンベルのシュラフ。その解説を交えながら人気の秘密に迫りました!

モンベルシュラフとは

モンベルシュラフがたくさん並んでいる
出典:WILD-1

モンベルのシュラフの使用シーンは多岐に渡りオートキャンプから本格的な登山まで多岐にわたり、ユーザーも初心者から上級者までと幅広い人気があるのが特徴。その秘密は、登山家でもあるモンベル創業者の辰野氏の、安全性が高く、機能美を備え、本当に自分達が欲しい物を作りたいとの理念の基に、自社での企画デザインによるもの。

それでは、モンベルのこだわり抜いた機能美と、おすすめシュラフを見てみましょう!

用途別に選んでモンベルのおすすめポイント

ポイント①冬キャンプに最適”伸びる”スーパースパイラルストレッチシステム

スーパースパイラルストレッチシステムは、生地の繊維を斜めに配置、さらに糸ゴムを使用することで今までにない伸縮性が可能に!シュラフの中で脚を曲げたり寝返りも難なくできますよ!4シーズン対応可能なアッパーモデルに多く採用されています。

ポイント②登山家向け”伸びと軽量性”スパイラルストレッチシステム

スーパースパイラルストレッチシステムとこのスパイラルストレッチシステムの違いは、軽量化を求めるため特別な伸縮素材を使用していないこと。その分伸縮率が若干下がりますが、充分な寝心地を与えてくれます。

ポイント③繊維にもこだわってます!

第3の特徴として、モンベル自慢の高品質ダウンを使用したモデルと、お手入れの容易なエクセロフトという化学繊維を使用したモデルの中綿素材を選べるというところです。モンベルのダウンはFP値が650から900まであり、数字が大きい程保温性に優れ、より軽量化も増します。

豊富なラインナップから厳選したモンベルシュラフについて検証していきましょう!


おすすめシュラフ6選[羽毛編]

1.ダウンハガー900

モンベル ダウンハガー900 #1
モンベル ダウンハガー900 #1

¥ 74,520



快適性と軽量性をあわせ持つフラッグシップモデル。最高品質900FP。スーパースパイラルストレッチシステム搭載。国内2000m級のほとんどの冬山で幅広く使用できるモデルです。

[生地:撥水加工 ポルカレックス 表地:8デニール]

#1 総重量 875g・収納サイズ Φ16×32cm リミット温度−13度・コンフォート温度−6度
他2・3・5とラインナップあり。


アウトドア界のユニクロ的存在であるモンベルだから、900フィルパワーの超高品質ダウンが、この程度のプライスで済んだという話もあります。重量だって、たったの540g。

出典:KUMAYAMA.com

2.ダウンハガー800


夏は涼しく冬はめちゃくちゃ暖かいです。こんなに軽くてコンパクトなのに凄いです!出典:楽天市場

3.アルパイン ダウンハガー800


国内の3,000m級の冬山で使用きる保温性の高いモデルです。スパイラルストレッチシステム。

[生地:撥水加工 ポルカテックス 表地10デニール 帯電防止]

#0 総重量 1185g・収納サイズ Φ19×38m・リミット温度−18度・コンフォート温度−10度
他1・2・3・5・7とラインナップあり。

袋から開けた時は大丈夫かな?と心配しましたが、評判通りふわふわとしていて安心感がありました。商品の特徴であるスパイラルの効果は、他の寝袋よりもあるのかな?という感じでした。出典:楽天市場

4.ダウンハガー650


#2 総重量 1070g・収納サイズ Φ18×36cm・リミット温度−3度・コンフォート温度2度
他0・1・3・5とラインナップあり。

‘ price=’24300′ link_a=’http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-mont-bell-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%AC%E3%83%BC650-%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%88%E6%B8%A9%E5%BA%A6-3%E5%BA%A6-1121266/dp/B00KAZSTL2%3FSubscriptionId%3DAKIAJ5J74L77ATVX52HQ%26tag%3Dspacekey_st-22%26linkCode%3Dsp1%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00KAZSTL2′ link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00qel05.q4nnp456.g00qel05.q4nnqb77/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Ffukuspo%2F1121266%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Ffukuspo%2Fi%2F10128711%2F’ link_l=” link_c=”]

 

寝袋の狭苦しいのはダメなので、こちらにしました。お店で試させて頂きましたが本当に伸びが違います!出典:ずんどこどっこいしょ

5.アルパイン ダウンハガー650


#1 総重量 1216g ・収納サイズ Φ19×38cm・リミット温度−10度 ・コンフォート温度−4度

他0・2・3・5・7とラインナップあり。

‘ price=’28620′ link_a=’http://www.amazon.co.jp/mont-bell-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%AC%E3%83%BC650-%E3%80%90%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E6%B8%A9%E5%BA%A6%EF%BC%9A-4%E2%84%83%E3%80%91-%EF%BC%9A1121265/dp/B01EPWM00G%3FSubscriptionId%3DAKIAJ5J74L77ATVX52HQ%26tag%3Dspacekey_st-22%26linkCode%3Dsp1%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB01EPWM00G’ link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00q55f5.q4nnp641.g00q55f5.q4nnqb91/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkitanoya-sp%2F1121265%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fkitanoya-sp%2Fi%2F10003744%2F’ link_l=” link_c=”]

ハイエンドモデルに比べると、少々重量ありますが、非常にコストパフォーマンスに優れています。
また、モンベルの寝袋には横の伸縮率が135%のスーパースパイラルストレッチシステム と 120%のスパイラルストレッチシステムがありますが、シュラフカバーかけると120%も伸びきれませんので、シュラフカバー使う方はスパイラルストレッチシステムで十分でしょう。出典:登山・クライミング用装備・持ち物・服装の個人的考察


おすすめシュラフ2選【化学繊維編】

1.バロウバッグ



#2 総重量 1554g・収納サイズ Φ20.5×41cm・リミット温度−4度・コンフォート温度2度
他0・1・3・5とラインナップあり。

‘ price=’18900′ link_a=’http://www.amazon.co.jp/mont-bell-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-%E3%83%90%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-2-1121272/dp/B00IP2FOT2%3FSubscriptionId%3DAKIAJ5J74L77ATVX52HQ%26tag%3Dspacekey_st-22%26linkCode%3Dsp1%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00IP2FOT2′ link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00pji75.q4nnpf11.g00pji75.q4nnq195/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2F10050677%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2Fi%2F10050677%2F’ link_l=” link_c=”]

 

 先日、雪山で使いました。約‐10度で上下ヒートテックインナー的なインナーとフリースパンツとセーターで暖かく爆睡できました!出典:Amazon

2.アルパイン バロウバッグ



#0 総重量 2102g ・収納サイズ Φ22.8×45cm・リミット温度−13度 ・コフォート温度−6度
他1・2・3・5・7とラインナップあり。’ price=’21060′ link_a=’http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-mont-bell-%E6%9C%80%E4%BD%8E%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%B8%A9%E5%BA%A6-13%E5%BA%A6-1121280-SURD/dp/B00J2NJYNU%3FSubscriptionId%3DAKIAJ5J74L77ATVX52HQ%26tag%3Dspacekey_st-22%26linkCode%3Dsp1%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00J2NJYNU’ link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00qxom5.q4nnp034.g00qxom5.q4nnq077/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fueki-s%2F2015mo105%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fueki-s%2Fi%2F10015262%2F’ link_l=” link_c=”]

 

おすすめシュラフ2選【オールシーズン用】

1.ホローバッグ


#3 総重量1480g・収納サイズ 42×24×24cm・快適睡眠温度域7度~・使用可能限界温度2度
他7もラインナップあり。

‘ price=’5724′ link_a=’http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-mont-bell-%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%9C%80%E4%BD%8E%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%B8%A9%E5%BA%A62%E5%BA%A6-1121191-GN/dp/B00U7V4HXS%3FSubscriptionId%3DAKIAJ5J74L77ATVX52HQ%26tag%3Dspacekey_st-22%26linkCode%3Dsp1%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00U7V4HXS’ link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00q1a05.q4nnp8fa.g00q1a05.q4nnq393/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmurauchi-dvd%2F4548801235215%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fmurauchi-dvd%2Fi%2F56038080%2F’ link_l=” link_c=”]

 

2.ファミリーバッグ



#3 総重量 1450g・収納サイズ 42×24×24cm・快適睡眠度帯7度~
他1・7とラインナップあり。

‘ price=’5724′ link_a=’http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-mont-bell-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%9C%80%E4%BD%8E%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%B8%A9%E5%BA%A67%E5%BA%A6-1121189-FOST/dp/B00U7V4K6W%3FSubscriptionId%3DAKIAJ5J74L77ATVX52HQ%26tag%3Dspacekey_st-22%26linkCode%3Dsp1%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00U7V4K6W’ link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00re3i5.q4nnp05c.g00re3i5.q4nnq32b/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fm-outdoor%2F1121189%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fm-outdoor%2Fi%2F10017538%2F’ link_l=” link_c=”]

秋の山間部テント泊で使用しましたが、快適でした。
マットを敷いて使いましたが、朝までしっかり眠ることができました。出典:Amazon


まとめ

IMG_2189
ダウンと化学繊維の選び方の一つとして、登山や電車移動でとにかく保温性と軽量性を求める場合はダウン。車移動で水に濡れる恐れのある場合は化学繊維のように使い分けるのも賢いですね!使用目的に応じて、コンフォート温度を基準に選んでおけば快眠できそうです。

 

Sweet Dreams!

モンベルと心地よい眠りを!

yumi Written by yumi
茶道家兼パティシエ兼二児プラス一匹のママライター。やりたい事いっぱい、アウトドアはもちろん常に本気!キャンプに目覚めてからは、キャンプギア収集&地産地消のアウトドア料理をこよなく愛するキャンパーでもある。

2016年1月24日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP