数時間で完売!不動の滝キャンプ場”オリジナルデザインボトル”その使用感は?

不動の滝キャンプ場のオリジナルデザインボトルを地面に置く

お気に入り追加

静岡県の不動の滝キャンプ場からHALF TRACK PRODUCTSとのオリジナルボトルが発売。このボトルは、発売から数時間で即完した人気ボトル!これを手に入れたことを気に、もうひとつの人気ボトル”ナルゲン”とともに使用感をお伝えします!


人気キャンプ場とガレージブランドのコラボボトルが手に入ったので、レビューします。

不動の滝キャンプ場のオリジナルデザインボトル今さらリユースボトルなんて……まぁそう言わずに聞いて下さいな。TODAY’S SPECIALのMY BOTTLEが人気になって以来、リユースボトルに選択肢が増えました。人気アウトドアブランドやショップがオリジナルデザインのプリントを施したリユースボトルを販売し、人気のあるものは瞬く間に売り切れてしまいます。

今回、即完した不動の滝キャンプ場✕HALF TRACK PRODUCTSのオリジナルデザインボトルが手に入ったので、二大ブランドのリユースボトルの魅力と使用シーンを紹介しましょう。

二大ボトルブランドの素材と注意事項を知っておこう!

不動の滝キャンプ場のオリジナルデザインボトル2つ左が人気ブランドHALF TRACK PRODUCTSの協力のもと静岡県の不動の滝キャンプ場がリリースしたボトルで、リバーズ社(日本)のウォールマグ リユースボトル S500PRを使用しています。1月8日から売り出されたのですが数時間で完売(再販は2016年1月時点で未定)の人気ぶり。

右がこちらもカリスマ的な人気を誇る東京・下北沢のBOZEMANと東京・三鷹のHiker’s Deoptによるダブルネームのボトルで、ナルゲン社(米国)の広口 1.0LTRITANを使用しています。こちらも完売していますが、BOZEMANオリジナルのボトルは現在も販売されています。

現状、この二つが二大ボトルと言っていいと思いますが、スペックを比較してみましょう。このページの写真には写っていませんが(後で使用例写真で出てきます)、ナルゲンの500mlも比較してみてください。

※なお、いずれもシングルウォールボトルなので、保温・保冷能力はありません。



不動の滝キャンプ場のオリジナルデザインボトルアップ不動の滝キャンプ場のオリジナルデザインボトル性能比較
 

本体素材は、同じイーストマンケミカル社のTRITANという飽和ポリエステル樹脂を使っているようなので耐熱や耐冷の性能は同じですね。お店で販売されているナルゲンボトルには「bpa free」というステッカーが貼ってありますが、bpaとはビスフェノールAという環境ホルモン物質です。飽和ポリエステル樹脂には含まれませんが、2008年ごろまでボトル素材の主流だったポリカーボネートはくり返し使っていると、微量ながらビスフェノースAが溶け出すという問題がありました。

成人であれば身体に影響はありませんが、乳幼児や妊婦さんには有害性が疑われたために、ボトルの素材が切り替えられてきたようです。ただ、この樹脂素材、ポリカーボネート樹脂(耐冷-130℃〜耐熱130℃)に比べて、耐熱・耐冷温度ともに劣ります。ですので、極地での極寒キャンプで使用したり、沸騰したての熱湯を入れると壊れたりする危険がありますので、注意してくださいね。

…とまぁ堅苦しい知識と注意事項はこれぐらいにして、気になる利用シーンを見ていきましょうか。

スリムで魅力的なデザインのリバーズ ウォールマグ リユースボトル S500PR

cublogramさん(@cublogram)が投稿した写真


冷たいモヒートを入れて。ラッコの辺りまで飲むと…

Yuu Okadaさん(@yupa395)が投稿した写真

昼はお茶、夜はウイスキーの川に静かに漕ぎ出そう

レモン水はじめました(^ ^) 目標5kg減! #レモン水 #レモンウォーター #ダイエット #ハーフトラックス #halftrackproducts #ROOP

@teruteru451が投稿した写真 –

レモンを浮かべたデトックスウォーターで乾きを癒す

woncloさん(@wonclo)が投稿した写真

蛇口をひねって「過ぎたことは水に流そう」ってネ

MY BOTTOLEはインスタグラマーの間でも人気ですが、キャンパーさんにとって人気なのは、なんといってもHALF TRACK PRODUCTSのボトルたちでしょう。

ジェリー鵜飼さん、越井隆さんといった、アウトドアアパレルや雑誌などで知られるクリエイターによるイラストやデザインがプリントされています。 中にはボトルに飲料が入っているとイラストがユーモラスに見える図柄もあったりで、本当に魅力的です。メッセージも「5分休憩しよう!」「深い川は静かに流れる」「ノドが乾いて死にそう」「過ぎたことは水に流そう」などなど、ニヤリとする楽しさ。

用途はいろいろですね。水やお茶・スポーツ飲料・デトックスウォーターを入れている方、ウィスキーの水割りやモヒートなどお酒を入れている方、皆さんいろいろ楽しんでいますね。


蓄光、不透明、細口などバリエーション豊かなナルゲン TRITAN

 

 

おかもとさん(@orange_juno)が投稿した写真

グローボトルはテント内で使えるLEDランタンに変身

にゅーいぶしぎん/Takashi Aikawaさん(@new_ibusigin)が投稿した写真

クリアボトルだと、より明るい印象のランタンにも

fummy*sさん(@fummys_n)が投稿した写真

保存容器としてコーヒー豆や柿ピーも風味を保ちます

ナルゲンはバリエーションが豊かなのが特徴です。大きく透明・不透明とあり、不透明の中に蓄光素材でできているタイプがあります。これが優れもので、ライトキャップ300などの発光ユニットを内蔵したキャップに付け替えることで、ボトルがLEDランタンに変身します。電源をオフにしてもボンヤリ光るので、就寝時の常夜灯にいいですよ。

そして、洗いやすい広口、スプラッシュガードなしでも飲みやすい細口というバリエーションもあります。アクセサリーも豊富ですね。この辺りは、ナルゲンに軍配があがると思います。中に入れるものはS500PRと同じですが、コーヒー豆やナッツなどの行動食、スナック菓子を入れるキャニスター(保存容器)として使っている人も多いですね。

どうでしょう、リユースボトルの魅力を改めて感じてもらえたでしょうか。リユースは環境保護にもつながるので、ぜひ普段の生活にも取り入れてみましょう。愛着の湧くオリジナルデザインのものはすぐに売り切れてしますので、がんばってチェックしてみてください。

 

■関連リンク
HALF TRACK PRODUCTS HPはこちら
不動の滝キャンプ場〈FFNPCS〉HPはこちら
BOZEMAN HPはこちら

 

Array

おかもと Written by おかもと ファミキャン→ソロキャン(?)の岐路にあるサラリーマン編集者。海外や国内インデペンデントの珍しいモノをブログなどで紹介中。友人2人とThe CAMP TRIBESというデザイン遊びも。 http://note.orange-lab.com | http://camptribes.com

2016年1月19日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP