知って得する!おしゃれキャンプ場14選!【関東近郊編】

おしゃれなキャンプ場でいつもと一味違うキャンプを楽しんでみては?知っているとキャンプ仲間に自慢できる、関東近郊のおしゃれキャンプ場をご紹介!みんなとおしゃれに着飾って、仲良くおしゃれキャンプ場に出動しましょう!


アイキャッチ画像出典:ライジング・フィールド軽井沢

おしゃれなアウトドアライフへ


おしゃれキャンプ場出典:ライジング・フィールド軽井沢
いつも同じ場所だとつまらないキャンプ場。かと言って他の場所を探すのも面倒で、行き慣れたキャンプ場に行きがちですが、今年はちょっと気分を変えて、おしゃれに過ごせるキャンプ場でアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょう。

コテージなどの設備もあり安心の、キャンプ初心者でも思い切り楽しめるおしゃれキャンプ場を集めてみました。

1. 豊洲THE THIRD PARK

おしゃれなキャンプ場風景
出典:豊洲THE THIRD PARK
本場アメリカンスタイルのプレミアムBAR-BE-CUEを手ぶらで楽しめることで有名な豊洲THE THIRD PARK。BBQはもちろん、キャンプも存分に楽しめます。ビンテージデザインのコンテナ建築や備品の一つ一ひとつにこだわったアメリカンディテールが、とにかくおしゃれ!

おしゃれキャンプ場の夜
出典:豊洲THE THIRD PARK
都心にも近いのでアクセスも抜群!スカイツリーや東京タワー、レインボーブリッジを見渡しながら、キャンプができるなんて最高ですよね。夜なら、こんな夜景を見ることもできるんです。非日常な時間を楽しんでみてください!


【豊洲THE THIRD PARK】
住所:東京都江東区豊洲6-1-23
電話番号:03-6204-2167
営業時間:8:00~20:00
豊洲THE THIRD PARKの詳細はこちら


2. 秋川渓谷リバーティオ


おしゃれキャンプ場は自然もいっぱい出典:秋川渓谷リバーパティオ

春は渓谷で鮎釣り、夏はきれいな川で川遊び、秋は紅葉を楽しみながら川沿いをウォーキング、冬は満点の星空のもとでキャンプを…、そんなシーズンに合わせた楽しみ方ができるキャンプ場です。
おしゃれな建物のキャンプ場
出典:秋川渓谷リバーパティオ

2015年4月にオープンしたばかりのコテージは白壁の木造欧風で、とってもおしゃれ!ウッド調のやすらぎのある空間で、のんびりとアウトドアを楽しめます。

【秋川渓谷リバーティオ】
住所:東京都あきる野市小和田464

電話:042-596-5101
営業時間:9:00~19:00
秋川渓谷リバーパティオの詳細はこちら

3. 一番星ヴィレッジ


おしゃれキャンプ場と言えば一番星ヴィレッジ出典:一番星ヴィレッジ
「太陽と星空のサーカス」が完全プロデュースした”星の集まる”オートキャンプ場。目の前に広がる広大な牧草地、一本道の脇に立つ林、星々が集まる夜空、周囲に広がる自然は圧巻です!
おしゃれキャンプ場でライトを照らす
出典:一番星ヴィレッジ
夏だけの期間限定のキャンプ場だから、イベントもぎゅっと詰まっていて大人も子どもも楽しめること間違いなし!心地良い風と緑豊かな森林に囲まれながら、素敵なひと夏を過ごしましょう!

【一番星ヴィレッジ】
住所:千葉県市原市葉木176-1
電話:080-3449-2759
一番星ヴィレッジの詳細はこちら


4. 北軽井沢スウィートグラス


おしゃれキャンプ場の代表スウィートグラス出典:北軽井沢スウィートグラス
浅間山望む3万坪の敷地に、森と小川と草原が広がるオートキャンプ場。北米インディアンの住居「ティビ」に泊まってスローライフを楽しんだり、森の小人になったようなツリーハウスに宿泊したりと他では味わえない体験をしてみましょう。

おしゃれキャンプ場は山も綺麗
出典:北軽井沢スウィートグラス
冬は澄んだ空気のなかで淡い青空に映える浅間山が望めます。朝起きたらこんな景色が見えるなんて爽快!自然に調和した「心地良い空間」を実感して。

【北軽井沢スウィートグラス】
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-4448
電話番号:0279-84-2512
営業時間:9:00~17:00
北軽井沢スウィートグラスの詳細はこちら

5.ライジング・フィールド軽井沢


ライジングフィールド軽井沢はおしゃれキャンプ場出典:ライジング・フィールド軽井沢
ベーシックなオートキャンプフィールドや、森のなかにテントを張れるフィールド、常設テントフィールドなど、キャンプ初心者からベテランまで楽しめる多様なキャンプフィールドが特徴的。自分のキャンプスタイルに合わせて楽しめるのが嬉しいですよね。
おしゃれで開放的なキャンプ場
出典:ライジング・フィールド軽井沢
ライジング・フィールド軽井沢オリジナルの常設テント「タタンカ」。「タタンカプレミアム」には、家具付きのテントもあるのでキャンプ初心者でも安心!フラッグなどを使った装飾で自分好みの空間をつくりあげ、普段のキャンプとは一味違うおしゃれキャンプを楽しむ人も多いようです。

【ライジング・フィールド軽井沢】
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉2129
電話番号:0267-41-6891
営業時間:9:00~17:00
ライジング・フィールド軽井沢の詳細はこちら




6. ワイルドフィールズおじか

おしゃれキャンプ場とかわいいテント
出典:WFIELDS

「人と自然のかかわり方」をテーマにしたキャンプ場。自然と一体化する感覚を味わえるテントサイトに加え、木のぬくもりを感じられる和風コテージや、フィンランド風コテージ、本格サウナ付きコテージなど、様々なタイプのコテージが用意されているのも魅力的!
おしゃれキャンプ場とかわいいコテージ
出典:WFIELDS

フィールズおじかの中央にある「のんびり公園」では、カヌーを体験することも可能。自然のなかで、のんびりと贅沢な時間を過ごしましょう。周辺の森には滝や牧場などがあり、トレッキングコースが設けられているので、散策してみるのもいいですね。

【ワイルドフィールズおじか】
住所:栃木県日光市横川502-1
電話番号:0288-79-0088
営業時間:10:00~15:00(4月中旬から11月下旬)
ワイルドフィールズおじかの詳細はこちら

7. 満願ビレッジオートキャンプ場

おしゃれオートキャンプ場
出典:満願ビレッジオートキャンプ場
気分はアメリカン!トレーラーハウスを使ったキャンプを楽しんでみるのはいかが?米国製トレーラーハウスと木製トレーラーハウスが用意されており、手軽にキャンプを楽しめます。トレーラーハウスに泊まるなんて、憧れますよね。
おしゃれキャンプ場のテントサイト
出典:満願ビレッジオートキャンプ場
もちろんテントサイトもあるので、テントやテーブルを持ち込んでキャンプすることもできます。高台に設置されたユニークなデッキはテラスとして使用でき、BBQを楽しむことも。全てのサイトにハンモックフックがついているのも嬉しい。

【満願ビレッジオートキャンプ場】
住所:埼玉県秩父群皆野町大字下日野沢3902-1
電話番号:0494-62-4726
営業時間:9:00~17:00
満願ビレッジオートキャンプ場の詳細はこちら

8. フォレストサンズ長瀞

長瀞のおしゃれキャンプ場
出典:フォレストサンズ長瀞
こちらもトラベルトレーラーでのキャンプが楽しめるオートキャンプ場。長瀞の豊かな自然に囲まれて、本格的なキャンプが楽しめます。テントサイトの目の前には、プライベートリバーが広がり、夏には水遊びを楽しむことも可能。


おしゃれキャンプ場はデコレーションがすごい
出典:フォレストサンズ長瀞
本場アメリカから輸入した大型トラベルトレーラーでは、アクティブにキャンプを満喫して。ルーフデッキが装備されているので雨の日でも大丈夫!ハロウィンやクリスマスなど、季節に合わせたワークショップも開催されているので家族で楽しめそうです。

【フォレストサンズ長瀞】

住所:埼玉県秩父郡長瀞町大字本野上363
電話番号:0494-26-6111
営業時間:9:00~17:00
フォレストサンズ長瀞の詳細はこちら

9. THE THIRD PARK KAWAGUCHI-LAKE

海外みたいなおしゃれキャンプ場
出典
THE THIRD PARK KAWAGUCHI-LAKE
豊洲にある「THE THIRD PARK」が2015年4月、河口湖にもオープン!都内では味わえない自然豊かな環境で、のんびりとした時間が過ごせます。各部屋にコンセプトが設けられた宿泊施設「BREEZEDOME」には、こだわりがいっぱいで気分に合わせて宿泊スペースを選ぶのも楽しそうです!
おしゃれキャンプ場のおしゃれなごはん
出典:THE THIRD PARK KAWAGUCHI-LAKE
お馴染みのアメリカンスタイルBBQはもちろん、地元食材を使ったレストラン「MEAT MAGIC」では石窯で焼く本格的な熟成肉コースが楽しめるのも「THE THIRD PARK KAWAGUCHI-LAKE」の魅力のひとつ。

【THE THIRD PARK KAWAGUCHI-LAKE】
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町小立5606
電話番号:0555-73-4116
営業時間:10:00~22:00
THE THIRD PARK KAWAGUCHI-LAKEの詳細はこちら

10. PICA山中湖ヴィレッジ

おしゃれキャンプ場はギアがおしゃれ
出典:
PICA山中湖ヴィレッジ
過ごし方のスタイルに合わせてつくられた、コテージ専門のキャンプ場。富士山の麓でのステイを楽しめるように、と2食付き、ベッドメイキング付きのオーベルジェコテージもあり。行き届いた配慮に、女性ユーザーも多いのだとか。
おしゃれキャンプ場は内装もおしゃれ
出典:PICA山中湖ヴィレッジ
プライベートドッグガーデンがついたドギーコテージや、ハンモックに揺られながら楽しむハンモックコテージ、手作りの囲炉裏や丸太チェアが楽しめるコテージなど、スタイルに合わせて選べるのが嬉しい!

【PICA山中湖ヴィレッジ】
住所:山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
電話番号:0555-30-4580
営業時間:9:00~17:00
PICA山中湖ヴィレッジの詳細はこちら


11. ヴィラ弓ヶ浜

まるでツリーハウスに泊まっているかのような感覚が味わえるコテージ&貸別荘。弓ヶ浜までは徒歩1分!「ちょっと海まで夕日を見に」「魚釣りに」「星空を見に」なんて、気軽に海に行けちゃうのが魅力です。
おしゃれキャンプ場に併設されているバー
出典:ヴィラ弓ヶ浜
弓ヶ浜を望める開放感満点のテラスも人気の秘訣。仲間とわいわいBBQを楽しみたいですね。お部屋の種類も様々で、カウンターバーあり畳があり、そして海が見えたりと、好きなタイプが選べます。

【ヴィラ弓ヶ浜】
住所:静岡県賀茂郡南伊豆町湊
電話番号:080-1584-1013
営業時間:10:00~15:00
ヴィラ弓ヶ浜の詳細はこちら

12. アクアヴィレッジ

海で遊べるおしゃれキャンプ場
出典:ヴィレッジインク
なんと1日1組のプライベートキャンプ場!西伊豆の海に位置し、目の前には様々な魚が泳ぐコバルトブルーの海が。船でしか近づけないため、周りに広がるのは大自然のみ。まるで無人島にいるかのような感覚が体験できるんです。
海がすぐそこにあるおしゃれキャンプ場
出典:ヴィレッジインク
炊事場やトイレ、お風呂が完備されているうえに、テントやグリルなどの貸し出しもあるので寝袋ひとつで身軽に行けちゃいます。完全プライベートな空間で、思い切り自然を楽しみ贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょう?

【アクアヴィレッジ】
住所:静岡県西伊豆田子
電話番号:0558-25-1060
アクアヴィレッジの詳細はこちら

13. 不動の滝自然広場オートキャンプ場

滝が近いおしゃれキャンプ場
出典:不動の滝自然広場オートキャンプ場
「庭から森へ」をテーマに、奥大井の豊かな自然を舞台として非日常な空間へと誘うオートキャンプ場。テントサイトは、フリーサイトになっているのでお気に入りのキャンプグッズを持ち込んで思い切りアウトドアライフを堪能してください!
おしゃれキャンプ場の夜ご飯
出典:不動の滝自然広場オートキャンプ場
通年オープンのキャンプ場なので夏はもちろん、冬キャンプもおすすめ。焚き火を囲みながらグリルを使っておいしい料理を堪能するのも良いですね。くれぐれも防寒対策は忘れずに!

【不動の滝自然広場オートキャンプ場】
住所:静岡県榛原郡川根本町下泉1122
電話番号:0547-56-1600
営業時間:9:00~18:00
不動の滝自然広場オートキャンプ場の詳細はこちら

14. 森のリゾート小梨

川や山がたくさんのおしゃれキャンプ場

出典:森のリゾート小梨
テントやケビンに泊まりながら、上高地の大自然を満喫できる施設。満天の星空を眺めたり、沢の音に耳をすませたり、澄み切った空気を感じたりと自然をめいっぱい感じられるんです。一歩外に出れば、どこまでも大自然がたまりません!
山に囲まれたおしゃれキャンプ場
出典:森のリゾート小梨
食料品が揃う売店や、食堂、大浴場といった施設に加え、テントやBBQ道具のレンタルなどもあるので、キャンプ初心者でも安心!手ぶらで行っても、身近に自然を感じられるキャンプができるのが嬉しいですよね。

【森のリゾート小梨】
住所:長野県松本市安曇上高地4468
電話番号:0263-95-2321
営業時間:6:00~19:00
森のリゾート小梨の詳細はこちら

さっそくキャンプへ出かけよう!

キャンプファイヤーができるおしゃれキャンプ場
出典
ヴィレッジインク
14箇所のキャンプ場を紹介してきましたが、いかがでしたか?どこのキャンプ場にもそれぞれにスタイルがあって、おしゃれなアウトドアライフを過ごせそうです。関東近郊のキャンプ場なら週末を使って行けちゃうので、この機会にいつもとは違うおしゃれキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

キャンプ場に行くまでに、地元の名産をチェック!大人気の関東周辺「道の駅5選」へ!


 

Enjoy Camp life!
自分のスタイルで楽しむキャンプ

関連する記事

おしゃれキャンプ場でおしゃれなタープを張る
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
ayumi

山も海も好きなライター。「キャンプに行きたい!」と思いつつ、なかなか行けてないかわりに最近は毎週末海へ。どっぷりサーフィンにハマリ中。一人でふらっと出かける旅とか、カメラも好き。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE