今年こそ冬キャンプ!という人へのおすすめ暖房器具5選

冬キャンプは防寒対策が肝!どんなに対策をしてもし尽くせないほどです。そんな冬キャンプに必須の暖房器具をご紹介します!これで究極かつ贅沢なキャンプの世界に思う存分浸れることでしょう!


新事実!キャンプは夏よりも冬が最適

8ab4bba1-31bc-4492-a118-6196e1f8d788夏は虫や蚊に悩まされ嫌な思いをされた方も多いと思いますが、虫が居ない冬にこそキャンプ本来の楽しみ方が出来るのです。冬なんてキャンプするもんじゃないよね!と、言ってる皆さん!そんなことありません・・きれいな星空、静かに流れる時間、自然の音、焚き火の音、どれを取っても周りに邪魔されないプライベートキャンプが実現できます。これから皆さんの冬キャンプデビューに向けて、楽しめる快適グッズ8点をご紹介したいと思います。

ギアは沢山いらない?!必要最低限で揃えよう!

①焚き火台

ユニフレーム ファイアグリル
ITEM
ユニフレーム ファイアグリル


最近は直火で焚き火をすることを禁止のキャンプ場がほとんどです。芝やサイトの環境保全の観点からぜひ焚き火台を使用しましょう・・各社からリリースされていますが、値段も使用感もマチマチです。

持ち運びが楽な焚き火台をチョイスするのが良いと思います。ダッジオーブンやBBQも出きるかどうかをチェックすることも重要です。

準備が整ったら空を見上げましょう!冬は星空がとても綺麗です。

IMG_7305 (1)
マシュマロを焼いたりホットワインやバーボンを片手にボーッと星空を見上げるのも良いかもしれませんね!

②灯油ストーブ

トヨトミ 石油ストーブ
ITEM
トヨトミ 石油ストーブ


コンパクトで持ち運びしやすく、対流型の灯油ストーブに比べ遠赤外線効果でサイト内を充分温めてくれます。

対流型は全体を温めるのでテントの真ん中に置かないと燃えてしまう危険がありますが、このタイプであれば後ろは熱くならないので、テントの端に置くことも可能です。また何より上にやかんや、鍋などを置いて調理することもできるので一石二鳥です!

IMG_0370
テント内の端に置くことが出来るので、空間を有効に使用することができます!またサイト内は乾燥するのでやかんを乗せておくことで適度な湿度を保つことができます。

③カセットガスヒーター

カセットガスストーブ
ITEM
カセットガスストーブ


 

足元やちょっと暖が欲しいときに役立つ市販のカセットボンベが使えるのが嬉しいアイテム。

値段も3.000円~からとお得です。難点は燃焼時間が三時間程しかないのでカセットボンベを数本用意しておくと安心です。ストーブと併用して足元暖房として使用するのがオススメ!

IMG_7307
こんな感じで、テント内が温まるまでなど、サブ的に使用します。

④対流型ストーブ

トヨトミ 対流型石油ストーブ
ITEM
トヨトミ 対流型石油ストーブ


 

ランタン調の対流式ストーブ。コンパクトですが、タンクの容量も4.9リットルと長時間対応になっており、40ワット程の明かりの効果もある優れもの。

ただ、先程も伝えたように360度温まるのでテントの真ん中に置くことを余儀なくされるので、2ルームテントにおすすめです!形が可愛いいことからキャンパー達に人気がある一品。

3b8216c9-33dd-4dcd-9a58-3a0fa792f848使用例です。小型ゆえ温まり方は弱いので電源サイトなどでホットカーペットなどを併用したほうが良いでしょう。

天板に網を置きお餅などを焼くのもオツなものですね!

⑤薪ストーブ

kyanpu11bb-mado-set出典 新保製作所

究極のスタイル「薪ストーブ」雰囲気、暖かさともに目立つこと請け合いです!ただ、テントサイト内に引き込む際には煙突の抜け道を木枠などで作成し火事にならないようにする事が大切です。

madotuki-t6出典 新保製作所

天板の上で煮炊きもできるので、寒い冬お湯を沸かしたりシチューなどの調理にも使用できます。灯油を使って暖を取るのか・・それとも薪を使って手間だけど味わいのある暖を取るのかは、みなさんのセンス次第!

⑥ガソリン携行缶

メルテック  ガソリン携行缶G 20L
ITEM
メルテック  ガソリン携行缶G 20L


 

灯油ストーブを使用するなら絶対に揃えたいアイテム。灯油ポリタンクでキャンプ場に運ぶのは安全上絶対に行っては行けません!

最近では、携行缶も色々デザインも豊富になってきました・・ステンレスタイプの物、グリーンのアーミータイプの物までそろっています!

容量も、600ccから20リットル入るものまであります。持っていくストーブのタンク容量や燃焼時間を考慮して選ぶといいでしょう。例えば灯油タンクが別のタイプであれば、容量は(メーカーによって異なります)小型であれば3.6リットルから4.0リットル程度なのであらかじめストーブ内蔵タンクに満タンにしておくと10リットルでも2.5回くらい補給できますので、2泊3日なら十分と言えます。

ただしあらかじめストーブにセットしての運搬は灯油が漏れて車内が大変なことになるのでご注意を!

d19f2f07-f55a-411d-9c5a-b98a75c93aaa

最近では、ガソリンスタンドなどでこのタンクを持っていると断られたりしますので付属のシールの「灯油」を貼り付けておくことをお勧めします。これで大手を振って給油ができますね!

⑦一酸化炭素警報器

一酸化炭素警報機
ITEM
一酸化炭素警報機


テント内であった方が良い警報器。2ルームなどのテントなどについているルーフベンチレーターなどは開けておくのは勿論のことですが、一酸化炭素は無色無臭なので、万が一の時の事故を防ぎます。1.000円~程なので是非揃えておくと安心です。

E4B880E985B8E58C96E782ADE7B4A0E8ADA6E5A0B1E6A99F

こんな感じに吊るせばOKです!

⑧サーキュレーター

コールマン ライト CPX6テントファンLEDライト付
ITEM
コールマン ライト CPX6テントファンLEDライト付


 

無くても良いですが、あると便利なサーキュレーター。サイト内の熱を循環させてくれ、少ない熱量で温めてくれます。充電でも電池でも使用可能ですが、充電池の場合稼働時間が3~4時間ほどが限界でアルカリ乾電池だと30時間ほど持つすぐれものです。

4102fba603

上に上がる暖かさを下に送りましょう!南国のレストランの天井に付いているイメージです。

スタイルは自由!焦らず何もしないスタイルが最高!

IMG_0388

年越しキャンプにおせちなんて持って行き、ストーブでお餅を焼いたりするのもお勧めですね。テレビの代わりに大自然のパノラマも素敵ですよ!

静かな環境で冬キャンプを楽しもう!

ad4c0f32-77dd-499e-abe8-d0a6527d6537

いかがでしたか?夏の汗をかくキャンプもまた良いでしょうが、ご紹介したアイテムだけで20度から25度の快適空間が生まれます・・締め切ってしまえばTシャツ1枚の世界に!

夏と違い冬こそ密接に楽しめる冬キャンプ・・ローコーストで、暖か空間が実現するやり方で、家族や仲間たちと、この冬キャンプ場に出かけてみてはいかがでしょうか?くれぐれもベンチレーターで換気だけはしっかり取り、冬キャンプを楽しんでください。

 

紹介されたアイテム

ユニフレーム ファイアグリル

ユニフレーム ファイアグリル

¥6,248 税込

トヨトミ 石油ストーブ

トヨトミ 石油ストーブ

¥13,200 税込

カセットガスストーブ

カセットガスストーブ

¥2,861 税込

トヨトミ 対流型石油ストーブ

トヨトミ 対流型石油ストーブ

¥43,800 税込

メルテック  ガソリン携行缶G 20L

メルテック  ガソリン携行缶G 20L

¥2,808 税込

一酸化炭素警報機

一酸化炭素警報機

¥80 税込

コールマン ライト CPX6テントファンLEDライト付

コールマン ライト CPX6テントファンLEDライト付

¥3,680 税込

関連する記事

a874ce89-4f11-492b-9301-c7275178a55a
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
yoshihisa ueki

普段はスーツとネクタイに身を包み、暇さえあれば愛犬レオ隊長と野宿する オールシーズンの自然をこよなく愛し楽しむ・・・足りない不便さを求め、日常の炊飯も飯盒で炊き、マンションのベランダでは燻製を製作するほど根っからのアウトドアバカ。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE