北海道で大人の集い!氷点下で楽しむ大人の焚き火キャンプ!

DSC00233

キャンプ好きの方なら、必ず一度は訪れておきたいアウトドア天国北海道!寒さが厳しい北海道の中でも通好みの大人キャンパーが訪れる秘境、道北美深町で行われている本格焚き火イベント「終り火」を通して北海道にしかないキャンプの魅力をご紹介します!

夏の冒険家たちのシーズンラストキャンプ「終り火」

DSC00226
焚き火は大人のキャンプの必須条件


誰もが知る、アウトドア天国の北海道!でもその中で、実はあまり知られていない通好みのフィールドが日本最北の道北地域。

一年のうち5カ月近くが雪に覆われ、夏の最高気温と冬の最低気温の差が60℃以上もあるという過酷な自然環境の中、雪のないアウトドアシーズン最後の日として、地元キャンプガイドが特別なゲストのみを招いて集まる焚き火イベントが「終り火」です!

まずは地元の木材でクラフト!

DSC00184
地元産の木材を贅沢に使ったクラフト体験


まだまだ日が高い正午過ぎ、まず最初の楽しみは、地元産の7種の木材を使ったカッティングボードづくり。

今回は、スペシャルな一日にふさわしくネイチャークラフト作家の長野修平さんの指導のもと、用意された板から自由に素材を選び、ジグソーで好きな形を切り出していきます。



終り火⑥
その後は焚き火を囲んで地元で採れた白樺樹液で淹れたコーヒーを飲みながら、紙ヤスリやナイフを使ってゆっくり時間をかけてボードを滑らかにし、最後に蜜蝋ワックスを全体に塗り込んで仕上げます。

いよいよメインタイム!!氷点下10℃の世界で嗜むお酒&料理!

DSC00215
夕暮れ時、ランタンに火が灯りはじめるとメインタイムがスタートする


クラフト体験が終わりあたりを見渡すとすでに日が暮れはじめ、中心にある焚き火が大きな炎を上げ始めると「終り火」キャンプはいよいよメインタイムに。

DSC00193
焚き火のために大量に準備された薪は、着火しやすい広葉樹と火持ちのよい針葉樹を用途によって使い分けます

この日の予報では今夜は氷点下10℃まで気温がさがるとのこと。人々が焚き火の暖を求めて徐々にサークルに集まりだします。

CAMPHAC用写真肉
東洋肉店の店主を務める東澤壮晃氏は、オーストラリアのMLA豪州食肉家畜生産者事業団のラムバサダー(オージー・ラムのアンバサダー)にも認定されています

地元道北にある「東洋肉店」の店主、東澤壮晃氏がこの日のために特別に厳選し、調理した羊肉やジビエを使った料理などが一品ずつ、先ほど作ったカッティングボードの上に盛り付けられてゲストのもとに次々と運ばれていきます。

今回のメニューは、羊の心臓、舌、肝臓のスモークや蝦夷鹿の生ハムの前菜からはじまり、羊のサルシッチャ、仔羊ヒレ、背肉、腰肉の低温調理ロースト、最後に地元産カボチャを使ったシチューなど、どれも北海道以外ではなかなか味わえない地元の逸品ばかり。

DSC00222
焚き火を囲んで飲むスコッチウイスキーはスモーキーな香りのものが特にオススメ

いつの間にか氷点下10℃BARと名付けられたBARカウンターも登場し、そこには料理に合わせたこだわりのスコッチウイスキーやワイン、地元限定ビールなどがズラリと並びます。

DSC00232 氷点下の世界では、いつも以上に焚き火の暖がありがたい

DSC00238
澄みきった寒空に映し出される満天の星空


気温はすでに氷点下6℃を下回っています。焚き火の周りに並べられた白樺の丸太イスから夜空を見上げると、まるで寒さに耐えたゲストへのご褒美のような満天の星空が。


そして迎えた朝

DSC00246
朝の気温は予想どおり氷点下10℃を下回り、草木にも霜が降りたった


翌朝、午前6時にテントの中で目が覚めると、外では薪が火にくべられ、すでにガイドスタッフが朝食の用意に取り掛かっていました。

DSC00250
まずはキーンと冷えた空気の中で、湯気の立った白樺樹液のコーヒーを一口すする。まさに至福の瞬間です。ポツリポツリと一人ずつ焚き火の周りにまた人が集まり出し、各々が昨晩の出来事の話しなどをしている間に素早く朝食の準備が整います。

DSC00245
お酒を飲んだ朝の身体には嬉しい、手羽ダシの効いた煎り玄米のお粥と、惣菜の朝食

ゆっくりと時間をかけて楽しんだ朝食が終わると、決められた時間も解散の合図もないままに一人、また一人と笑顔でその場を立ち去り、お昼頃にゲストが一人もいなくなると、ひっそりと「終り火」も終りを迎えます。

今季への感謝と来季へ向けた誓いの集い、それが「終り火」

終り火の終り

非日常的なアウトドア料理や手軽に作れるクラフトの体験。それぞれが今季の冒険話を肴に満天の星空の下、お酒を片手に静かに囲む焚き火。すべての冒険家たちがシーズン最後の記憶を心温かく残せるようにと開かれた、北海道の道北地域でのキャンプ。このイベントの本当の目的は、ゲストたちが来季もまた、新たな冒険話を持ってこの地に集まるための誓いの場を提供することなのかもしれません。

焚き火をするには、焚き火台が必要!あなたに合った焚き火台を探してみては?

 

フィールド提供:「ファームイントント」北海道中川郡美深町 → HP

キャンプコーディネート:「river trip CAMEL(リバートリップ キャメル)」北海道中川郡美深町 → HP

料理コーディネート:「東洋肉店」北海道名寄市 → HP

クラフト指導:ネイチャークラフト作家&アウトドア料理人「長野修平」さん → HP

記事内にでてきたその他の情報:MLA豪州食肉家畜生産者事業団認定ラムバサダー(オージー・ラムのアンバサダー) → HP

 

oguri suguru Written by oguri suguru
北海道美深町在住で、地元観光協会の職員として奮闘中。アウトドアで飲むお酒が大好きで、現在は焚き火に合うスコッチウイスキーを勉強している。「遊び道具は自分で作る」がモットーで、自宅ガレージにクラフト工房を作るのが夢。

2016年1月12日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP