テントのクリーニングってどうなの?プロの手でピカピカに!?

テントクリーニングは、テントを「汚れ落とし」「撥水加工」「UV加工」「乾燥」の工程で行ってくれるサービスです。今回は、このサービスについてご紹介します。汚れたテントをプロのクリーニングサービスに出してピカピカにしちゃいましょう!


アイキャッチ画像出典 : テントクリーニング.com

プロにお任せして、ピカピカのテントを取り戻そう!


テントクリーニング出典 : テントクリーニング.com

暖かくなるまでキャンプはお休み、というキャンパーのみなさん。オフシーズン中に汚れたテントのメンテナンスをしっかりやっておきたいですよね。でも自分でやるのはちょっと……という方は、思い切ってプロのクリーニングに頼んでみてはいかがでしょう?

もちろんお金はかかりますが、プロの手による仕上がりに満足しているキャンパーも多いようですよ!

<テントクリーニングを利用した人の口コミ①>

まず、開けてみて驚いたのが!!!リビングシェルから穂のかに いい香りがするーーーー!!いい香り、ってのも大げさかもしれませんが、あのテント独特のテント臭が感じない!なんかコレ洗った~って感じがすごくする^^♪ これはポイント高いかも!!

気のせいかな?^^; 生地にも輝きが!!  いや最初から光っていたような……でも、なんか嬉しい!!泥も綺麗に落ちて、シーム関係の剥がれなども無い^^!

リビングシェル クリーニング5000円+撥水加工2500円=7500円 送料 1500円 トータル9000円でした♪(出典 : ゆかいな田舎の小家族



<テントクリーニングを利用した人の口コミ②>

かなり使い込んでいるので汚れています。色移り、べたつきもありました。クリーニング前に「先程、クリーニング前のテストをさせて頂きましたが、赤い部分が色落ち致します。気をつけてクリーニング致しますが、今以上に色移りする可能性がございます。申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。」とメールを頂きました。古いテントなのでお任せです。
新品同様はとても無理な話ですが綺麗になって帰ってきました。フライシートのMOSSロゴは少し薄くなりましたが、べた付き、臭いはかなり改善されました。

今回の金額は12960円、長年使い続けてはじめてのクリーニングです。(出典 : ソロキャンプがしたくなったので

プロのテントクリーニングってどんな作業をするの?

店舗によって違いはありますが、大まかに「汚れ落とし」「撥水加工」「UV加工」「乾燥」の工程です。例えば「テントクリーニング.com」の場合は下記のような工程でクリーニングを行っています。

①ホームページで会員登録&注文。撥水加工、UV加工はオプションで選べます。

テントクリーニング.com手順
出典 : ヨンマルサン
②テントを店舗に発送。汚れたまま、濡れたまま送ってもOK。ポールなどの付属品は外して発送します。

テントクリーニング.com手順②
出典 : テントクリーニング.com
③店舗にてクリーニング作業。汚れを落とし、希望の場合は撥水、UV加工も。

テントクリーニング作業
出典 : テントクリーニング.com
④自然乾燥。2日間かけて自然乾燥を行っています。

テントクリーニング乾燥
出典 : テントクリーニング.com
⑤職人の手によるアイロン掛け。製品によってはアイロン掛けでベタつくものもあるので、見極めながら作業。


テントクリーニングアイロン出典 : テントクリーニング.com
⑥自宅へ発送。店舗に到着してから最短で5日、目安は1週間ほどで自宅にキレイになったテントが戻ってきます。


撥水力って復活するの?


撥水力とは出典 : そらのした

テントクリーニングで気になるのが「撥水加工」。テントは使用していくうちに撥水力が落ちていきますが、テントクリーニングで撥水加工を行うことでかなり復活できるようです。

上の写真は「そらのした」のデラックスコースによる撥水比較。写真右のように水が染み込んでしまうようなテントでも、撥水加工を行うことで写真左まで撥水力が復活!これは助かりますね!

キャンプ用テントのクリーニングを行っている店舗

テントクリーニング店舗
出典 : テントクリーニング.com

「キャンプテント クリーニング」でインターネット検索してみると、専門の業者を見つけることができます。こちらではテントクリーニングサービスをピックアップして紹介します。

テントクリーニング.com

テントクリーニング.com
出典 : テントクリーニング.com

山梨県富士河口湖町にある会社。撥水加工とUV加工はオプションで選べます。テントのほかタープ、グラウンドシート、インナーマット、寝袋、アウトドアウエアなどのクリーニングサービスも行っています。

料金目安はテント4000円~、撥水加工・UV加工は各クリーニング代の50%。コットン素材のものは1.5倍の価格設定です。仕上げは工場着から5日~1週間が目安。
詳細はこちら

そらのした
そらのした出典 : そらのした

アウトドアギアのレンタルショップで富士山周辺に9店舗構えており、テントクリーニングは発送のほか店舗持込もOK。2つのコースがあり、エコノミーコースは除菌・抗菌・UVカット・撥水・消臭。

デラックスコースは撥水が耐久撥水になり仕上げ工程も加わります。料金目安は4人用テントでエコノミーが7500円、デラックスが1万2000円。仕上げ目安は入金確認後1~2週間。最長1年間の一時預かりサービスも。
詳細はこちら


洗匠屋

洗匠屋
出典 : 洗匠屋

島根県にある洗匠屋はテント、フライシート、ウイング・ヘキサタープ、アウトドアウエア、寝袋などアウトドア専門の宅配クリーニング。料金目安はテント4320~7560円(洗浄、撥水、帯電防止、抗菌加工)、フライシートは2160~3240円(洗浄、撥水、帯電防止、抗菌加工)。納期目安は3~6週間になります。
詳細はこちら



キレイなテントで次のシーズンを迎えましょう!

テントメンテナンス
出典 : Eureka!

シーズン中、フィールドでがんばってくれたテント。オフシーズンのうちにプロにクリーニングを頼んでおけば、次のシーズンはでピカピカなテントで気持ちよくキャンプができます。テントメンテナンスの選択肢の一つとしていかがですか?

 

Shiny Tent cleaning!
テントクリーニングでピカピカテントに!

 

関連する記事

1975043_816352398437293_7640944571475224696_n
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE