アウトドア界大注目!?『八ヶ岳のタイニーハウス(=小さな家)』

11

雑誌「HUNT」とのコラボレーション企画第4回。今回は、八ヶ岳にひっそりと佇むタイニーハウス(=小さな家)にお邪魔し、住人のランドスケープデザイナー中谷耿一郎さんにその暮らしぶりをインタビューしてきた記事をお届けします。

キャンプ好きが高じて”ミニマム”な田舎暮らしを始めた、というお話

camphack_crowd4
自然の中で四季を感じまったりしたい、これを求めてキャンプに出かける方も多いのではないでしょうか。

近年では家と同じ生活環境を自然の中で体験するスタイルも見られますが、本来のキャンプスタイルは、”ミニマムな中で非日常を感じる”ことを醍醐味としていました。

これを現代において日常に落とし込んだのが、今回登場するランドスケープデザイナー中谷耿一郎さん。八ヶ岳での暮らしぶりをお聞きしました。

小さな家が与えてくれた、心地よい暮らし

001
御年69歳のランドスケープデザイナー中谷耿一郎さんが、八ヶ岳に週末を過ごす為の家を建てたのはちょうど40歳の時。八ヶ岳の森に囲まれた土地を知人に紹介され、そのロケーションに一目惚れしたのが事の始まりだった。それまでキャンプを楽しむことが多かった中谷さんは、それより少し快適であれば良いと、100坪の土地に風呂も何にもない10坪の小屋を建てた。

09 「人間が気持ちいなって思う景色は薄い落葉樹の林と、草原だと思うんです」枝葉を潜り抜けた日光が庭に差し込む。写真は中谷さんが春に撮影したもの

「建築家の吉村順三先生も3間角の居間は居心地が良いと言われたそうだし、ワンルーム住宅の先駆けとも言える、縄文時代の住居もそれくらいのものが多いようですが、寝室としてのロフトをともなった3間×3・5間のワンルームの家は快適そのものでした」

この記事に関するキーワード

CAMP HACK編集部 Written by CAMP HACK編集部
CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

2015年12月6日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP