若洲公園キャンプ場で都会キャンプ!安・近・手軽が魅力です!

若洲公園キャンプ場を紹介!東京・江東区立若洲公園キャンプ場は利用料金が安く、アクセス良好な都会のキャンプ場。基本情報や魅力、手ぶらバーベキュー&キャンプ情報、アクティビティー情報、気になる点など若洲公園キャンプ場を事細かに解説します!


アイキャッチ画像出典 :海上公園ガイド

東京23区内、江東区立の人気キャンプ場!

都内でキャンプをしたい、でもなかなかいいキャンプ場が見つからない!そんな方には東京都江東区にある若洲公園がおすすめ。このキャンプ場は、23区内ということもありアクセスもよく、都内人気キャンプ場の1つとなっています。この若洲公園キャンプ場にはどんな魅力があるのか、そして気になる点を紹介!

まずは若洲公園キャンプ場の基本情報をご紹介!

若洲公園キャンプ場!
出典 : バーベキュー・ジャパン

若洲公園キャンプ場マップ
出典 : 海上公園ガイド

東京湾のそばに位置し、敷地面積5万5000平方メートル。デイキャンプ(バーベキュー)、テント泊ができ、隣接するアクティビティー施設や広場で1日中楽しめます。

若洲公園キャンプ場基本情報
住所:東京都江東区若洲三丁目2番1号
電話:03-5569-6701
定休日:火曜、年末年始
施設:テントサイト117区画、野外炉33ヵ所、炊事棟5ヵ所、キャンプファイアーができるファイアーサークル5ヵ所、休憩舎(東屋)1ヵ所、トイレ棟4ヵ所
レンタル:あり※要予約
食材の販売:あり※要予約
売店・自販機:あり(酒、飲料水など)
近隣の買出し施設:コンビニまで車で5分(徒歩20分)、スーパーマルエツまで車で15分
※ペットの入場不可、直火禁止
★HP → http://www.tptc.co.jp/park/03_09/camp


魅力① とにかく安い!さすが区営キャンプ場!

若洲公園キャンプ場は安い!
出典 : バーベキュー・ジャパン

それでは若洲公園キャンプ場の魅力を存分に紹介したいと思います!

まず最大の魅力は、利用料金がとにかく安いということ!利用料金は1泊2日(11時~2日目10時まで)で大人1名600円、子ども1名(小・中学生)300円!例えば家族4人(大人2人、子ども2人)で1泊利用しても1800円+駐車料金500円(普通車1回)=2300円!この安さは驚きです!

さらに1泊2日の夜21時までの利用なら、大人1名900円、子ども1名450円。ちなみに2泊3日の朝10時まででも同料金で利用できます。このコスパのよさは最高!

魅力② 湾岸線・新木場ランプから約8分!近いから気軽に出かけられる!

若洲公園キャンプ場 場所
出典 : 海上公園ガイド

江東区の東京湾に面した場所に位置する若洲公園キャンプ場は、交通アクセスも快適。首都高速湾岸線新木場ランプから約8分で到着します。東京駅からだと車で約30分ほどの好立地。

JR京葉線・メトロ有楽町線・臨海副都心線の新木場駅からバスで行くこともでき、都バス「木11系統若洲キャンプ場行き」で終点まで約15分ほど揺られれば到着します!

魅力③ サイクリングや釣りなどのアクティビティーも楽しめます!

キャンプ場がある若洲公園内には海釣り施設も併設されています。人工磯、防波堤を利用した釣り施設で利用料金はどちらも無料。マハゼやセイゴ、メバル、フッコ(スズキの若魚)、アイナメ、カサゴなどの魚釣りが楽しめますよ!園内の若洲アウトドアセンターで釣具のレンタルも行っています。

若洲公園キャンプ場は便利
出典 : ゴードン

また若洲公園の外周にはサイクリングロードが設置されていて、海はもちろん、ディズニーリゾートや葛西臨海公園などを眺めながらサイクリングが楽しめます。園内のサイクルセンターで普通自転車や2人乗り自転車の有料レンタルを行っていますよ!

子ども向けにはサイクル広場で楽しめる“おもしろ自転車”のレンタルや、多目的広場のアスレチックがおすすめ!

魅力④ 手ぶらでバーベキュー・キャンプもできる!

若洲公園キャンプ場で手ぶらバーベキュー
出典 : 若洲アウトドアセンター

キャンプ場には「若洲アウトドアセンター」が併設されており、ここではBBQの食材セット販売やキャンプ道具のレンタル、アウトドア教室などを開催しています。

手ぶらでキャンプやバーベキューができるさまざまなプランがあり、とくにおすすめなのがバーベキュー食材プランに1人800円追加でスタッフがセッティング&片付けをしてくれるプラン。初心者&楽ちんバーベキューをしたい人はいかがですか?

ほかにもキャンプファイアーセットや餅つきセット、釣具のレンタルもこちらで行っています。


若洲公園キャンプ場、ここがちょっと気になります!?

若洲公園キャンプ場のさまざまな魅力を紹介してきましたが、こちらではちょっと気になる点を紹介します。

自然度は低め&車両や飛行機の往来

若洲公園キャンプ場 気になる点
出典 : 若洲アウトドアセンター

キャンプ場内は芝サイトで木々も植えられていますが、周囲の建造物が見えるため自然たっぷりというわけではありません。

また羽田空港に近いことと東京ゲートブリッジに続く道路が走っているため、飛行機や車両の走行音が気になる人も多いようです。

ただ、東京ゲートブリッジを眺めながらの一味違った都会派キャンプが楽しめますし、航空機ファンにはたまらない景色も眺められるので、そのあたりは好みでしょうか。

シャワー設備がありません


出典 : 
若洲公園キャンプ場 シャワーはないバーベキュー・ジャパン

場内にはシャワー施設や入浴設備は用意されていません。なので連泊するのはちょっと厳しい……?気にならない方はぜひ連泊を!トイレ棟には洗面所が装備されています。

サイトサイズが小さめ

サイトはすべて区画されており、サイトサイズは6×8mと5×6mの2タイプとちょっぴり小さめ。大きいテント・タープは張り方を工夫する必要があります。またサイト間に植栽などの区切りがあるわけではないので、とくに混雑時などは密集してしまいます。

道具は駐車場からリヤカーで運ぶ

若洲公園キャンプ場 リヤカーを使う
出典 : バーベキュー・ジャパン

若洲公園キャンプ場はオートサイトではないので、サイトに車を乗り入れることはできません。駐車場に車を停めたら、キャンプ・バーベキュー道具は無料で貸し出ししてくれるリヤカーで場内に運びます。

といっても駐車場からサイトまでそんなに距離はなく、リヤカーも大型なのでそんなに苦ではありませんよ!またサイト内のあちこちを車が移動することがないので、小さな子どもがいる場合は安心感もあります。


気軽に行ける都会のキャンプ場です!

若洲公園キャンプ場は気軽に行ける
出典 : 若洲アウトドアセンター

利用料金が安く、好アクセスの若洲公園キャンプ場は手軽にアウトドアを楽しむことができる施設。自然度は低めですが、逆に都会のキャンプを楽しめるのが魅力です。

通年営業しているので、雪が積もらない限りは冬キャンプを気軽に楽しめるのもうれしいポイント。冬キャンプデビューにいかがですか?

 

Urban Camping In Wakasu!
若洲で都会派キャンプ!

関連する記事

camp01
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE