WILD-1大調査!アウトドアショップに収まらない魅力とは?

WILD-1は、キャンプ道具を購入するだけでなく、使い方を学び、楽しめる懐の深いアウトドアショップです。オリジナルブランド「テンマクデザイン」、キャンプ場「ワイルドフィールズおじか」など、WILD-1の魅力を紹介します!


アイキャッチ画像出典 : WILD-1

ただのアウトドアショップじゃない!WILD-1の魅力を徹底解剖!

wild-1店内
出典 : WILD-1

アウトドアに出かけたいけど何を持っていけばいいの?そんな悩みを解決してくれるのが「WILD1」というアウトドアショップです。「人間と自然」をテーマに、豊かなアウトドアライフを提案する専門店として、全国に17店舗を構えています。

WILD-1は一言でくくれば「アウトドアショップ」ですが、それ以上の楽しさを提供してくれるスペース。そんなWILD-1の持つ魅力を紹介します!

①品揃えも知識も豊富な全国17店舗のショップ!

WILD-1印西BIGHOP店
出典 : WILD-1印西BIGHOP店

宮城県や福島県、北関東、西は京都に全部で17店舗を展開。キャンプ、トレッキング、フィッシングを中心にウェアやアクティビティー、トラベルグッズなど厳選されたアイテムを扱っています。大型の店舗が多く、テントなどを設営した状態で見ることができるのも魅力。

またショップ店員さんはアウトドアの知識と経験が豊富。スタッフ自らがアウトドアを楽しみ、体感した情報をお客さんに伝えることがストアコンセプトのひとつになっています。
WILD-1店舗案内



②「テンマクデザイン」などのオリジナルブランドを展開!

3つのオリジナルブランドを展開しているのもWILD-1の特徴。早速各ブランドの詳細を見ていきましょう!

<1>tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン

tent-Mark DESIGNS
出典 : WILD-1

「野営こそアウトドアの神髄」をコンセプトに、日本の気候やスタイルを考慮したこだわりのギアをリリース。オリジナルギアのほか、アウトドア界の著名人とコラボしたギアも多数あり人気を集めています。

tent-Mark DESIGNSのキッチンテーブル
アウトドアコーディネーター・小雀陣二さんのアイデアを元に誕生したワークテーブル。奥行きがある広いステンレス天板で使いやすさ抜群
出典 : WILD-1

テンマクデザイン ワークテーブル・LOW
ITEM
テンマクデザイン ワークテーブル・LOW
■使用時サイズ:54×42×37高cm
■収納サイズ:54×42×7.5高cm
組み立ても簡単ですし、薄くて非常にコンパクトになります。 出典:amazon
テンマクデザイン ワークテーブル・MID
ITEM
テンマクデザイン ワークテーブル・MID
■使用時サイズ:85×54×69高cm
■収納サイズ:85×54×8高cm
テンマクデザイン ワークテーブル・HI
ITEM
テンマクデザイン ワークテーブル・HI
■使用時サイズ:85×54×85高cm
■収納サイズ:85×54×9高cm

NATURE WORKS×tent-Mark DESIGNS WORKERS OKAMOCHI
クラフト作家・長野修平さん自作&愛用のおかもち型調味料ボックスを商品化。調味料などこまごましたものをすっきりと収納できます
出典 : WILD-1

NATURE WORKS×tent-Mark DESIGNS WORKERS OKAMOCHI ハーフ
ITEM
NATURE WORKS×tent-Mark DESIGNS WORKERS OKAMOCHI ハーフ
■総重量:約5.9㎏
■サイズ・ハンドル無:W42.5㎝×D27.5㎝×H35cm・ハンドル有:W45㎝×D27.5㎝×H47cm

★こちらもチェック!【テンマクデザイン】ニッポンのこだわりコラボギア10選

<2>CALL OF THE WILD コール・オブ・ザ・ワイルド

wild-1の服を着た笑顔の親子
出典 : WILD-1

「野生を開放せよ」がブランドコンセプト。ウェアを中心に展開しています。

CALL OF THE WILD
冬に着たいリバーシブルのフリース。表はモコモコ素材で、裏はボーダー柄。気分に合わせて柄を選びたいですね!
出典 : WILD-1


<3>WILD-1オリジナル


wild-1のロゴ出典 : BE-PAL

ストア名を冠したこのブランドは、テントやタープ、寝袋、ファニチャー類などキャンプ用品を中心に展開しています。質のよさはもちろんのこと、価格がリーズナブルなのがうれしい!

アルミGIベッド
しっかりとした作りで快適な寝心地の「アルミGIベッド」。 5940円(税込)というお手ごろ価格!
出典 : WILD-1


③キャンプ場「ワイルドフィールズおじか」を運営

ワイルドフィールズおじか
出典 : ワイルドフィールズおじか

ワイルドフィールズおじか内のコテージ
出典 : ワイルドフィールズおじか

なんとキャンプ場も運営しているんですよ!栃木県日光市の男鹿高原、緑に囲まれた自然豊かなロケーションに位置し、「人と自然のかかわり方」をテーマにしています。

車の乗り入れ禁止で静かに安心して過ごせるテントサイトや、フィンランドコテージ、囲炉裏付きの和風コテージなど個性豊かな施設が揃っています。

住所:栃木県日光市横川502-1
電話:0288-79-0088
http://www.wf-ojika.jp/

④展示会や講習会、体験会などのイベントも充実!


wild-1で行われている講習会出典 : WILD-1印西BIGHOP店

WILD-1各店舗では頻繁にイベントを開催!キャンプ道具の使い方講習会や新作ギアの展示会、店舗出発のアウトドアツアーなど、キャンプ好きは気になるものばかり!

製品を購入するだけでなく、こういった楽しみやフォローがあるのはうれしいですね。ホームページに情報がアップされているのでチェックしてみましょう!
WILD-1 イベント情報案内

⑤WILD-1会員になるとお得な特典がいっぱい!

WILD-1は会員制度が設けられています。メンバーになると買い物ごとにポイントがたまるほか、キャンプ場や宿泊施設、アウトドアガイドなどと提携した「フレンドリーショップ」の利用特典、会員のみの優待セールやイベント招待など、さまざまな特典が受けられますよ!入会金は500円です。

⑥アウトドアに役立つ情報を発信!

ツーバーナーに関する情報
出典 : WILD-1

ホームページには「アウトドアアカデミー」と題し、アウトドアライフに役立つ情報を発信しています。キャンプの基礎知識やQ&A、道具のハウツー講座など初心者にもわかりやすく解説しているので、キャンプのことで悩んだらのぞいてみてはいかがでしょうか。
アウトドアアカデミー



買って、学んで、楽しめるアウトドアショップ!

厳選されたギア、知識の豊富な店員さん、そして多彩なイベントなど、WILD-1はさまざまな角度からアウトドアを楽しめるショップです。製品を実際に見て触れて、相談しながら選べるというのはいいですよね。今度の週末、WILD-1に出かけてみてはいかがでしょうか?

 

WILD-1ホームページ

 

Let’s Go To WILD-1!

WILD-1へ行こう!

紹介されたアイテム

テンマクデザイン ワークテーブル・LOW

テンマクデザイン ワークテーブル・LOW

¥8,618 税込

テンマクデザイン ワークテーブル・MID

テンマクデザイン ワークテーブル・MID

¥17,064 税込

テンマクデザイン ワークテーブル・HI

テンマクデザイン ワークテーブル・HI

¥19,224 税込

NATURE WORKS×tent-Mark DESIGNS WORKERS OKAMOCHI ハーフ

NATURE WORKS×tent-Mark DESIGNS WORKERS OKAMOCHI ハーフ

¥15,984 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

wild-1の店舗外装
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE