こんなイベント見たことない!キャンパーたちの垣根を越える「チーキャンプ」とは?

10月17日(土)と18日(日)の2日間で開催されたキャンプイベント「チーキャンプ」。北軽井沢にあるキャンプ場「outside BASE」で行われた大人と子どもが一緒に遊んで笑ったイベントレポート、ここにスタート!


みんなひとつになれるキャンプイベント、それが「チーキャンプ」

チーキャンプに行こう!各個人で楽しむことが多いキャンプ。だけど初めて会ったキャンパーどうしが自然と言葉を交わす、そんな不思議な力が働くキャンプのカタチがありました。エスニック雑貨の”チャイハネ”と快適生活研究家田中ケン氏が運営するキャンプ場”outside BASE”がコラボしたイベントレポートを公開!

まずは、気になるテントサイトをご紹介

チーキャンプに行こう!キャンプ場は、高い杉の木のすき間にテントを張るフリーサイト型式です。絶妙なバランスで生い茂る木々は枝打ちがきちんとされていて、間から差し込む光は神秘的。時間の経過とともに自然が少しずつ変化するその景色は、キャンパーを非日常の空間に誘ってくれるかのようです。

チーキャンプに行こう!ひと際目立っていたテントサイト。ピルツ15-Ⅱのトップ部分から垂らしたデコレーションのフラッグが冴えています。タープを張らず、開放的な雰囲気を最大限に楽しんでいるのが印象的でした。



チーキャンプに行こう!最も多かったのは、やはりコールマン。ウインズライトティピー/325の鮮やかなブルーとアウトドアワゴンの渋めのレッドがマッチしてシンプルながらバランスのいいサイト空間になっています。(製品提供:コールマンジャパン)

チーキャンプに行こう!ジャケットとフリースを一体にする「Zip In!(ジップイン)システム」で防寒対策はカンペキ!(製品提供:ショッフェル)

一体感を生んだアクティビティ

チーキャンプに行こう!民族太鼓を一生懸命叩く子供と、その音色に合わせて大人がアボリジニの金管楽器であるディジュリドゥを奏でる姿は、即席の音楽隊のよう

チーキャンプに行こう!大人も楽しんだ輪投げ

ついさっきまで知らない者どうしだったにもかかわらず、今は一緒に笑っている。そんな光景を作ったのは、2日間を通して行われたアクティビティのおかげでしょうか。子どもと大人が混じって楽器を演奏したり、大人が子どもよりも輪投げを楽しむ姿があったり。

チーキャンプに行こう!子どもたちの何倍も本気になっていたお母さんチーム

チーキャンプに行こう!みんな朝早起きして行った朝ヨガ。昨日とは打って変わってみなさん真剣な表情です


夜もキャンプファイヤーを囲んで盛り上がれ!

チーキャンプに行こう!それまでキャンプ場を照らしてくれていた陽光が沈みかかり、高く積まれた薪にようやく火が!待ちに待ったキャンプファイヤーのスタート!途中でベリーダンスが始まりそのままキャンパー全員で踊ったのは、まさにイベントの雰囲気が醸し出す一体感の表れです。

チーキャンプに行こう!みなさん日中に仲良くなったキャンパーどうしでにぎやかに夕食の列に並んでいました

チーキャンプに行こう!火を囲みながら食べるカレーは格別!エスニックなスパイスが利いたグリルチキンは、ウマイの一言

チーキャンプに行こう!個人でセイロ蒸しをしていた方に許可を得てパシャリ。この後いただいたおこわは絶品!ご馳走様でした

大人と子どもが一緒に遊ぶ異空間、それが「チーキャンプ」

チーキャンプに行こう!多くのファミリーが子どもを優先させて遊ばせそれを見守る親御さんたち……というのが通常のキャンプイベントの風景。しかし、この「チーキャンプ」では年齢なんて関係ない、遊びたい気持ちに素直になって大人と子どもが一緒に遊ぶ姿がありました。

こんなステキな風景が広がるのは、無邪気に子どもたちと触れ合うチャイハネのスタッフと自然が織りなす神秘的で開放的な景色のおかげなのかもしれません。

 

キャンプ場「outside BASE」情報:http://bit.ly/1hWxOe1
エスニック ファッション・アジアン 雑貨「チャイハネ」:http://bit.ly/1xdTmnF


 

記事内で出てきたショッフェル製品に関する詳細:http://bit.ly/1XlTwbu

 

記事内で出てきたコールマン製品に関するお問い合わせ先
コールマン ジャパン株式会社 カスタマーサービス
フリーコール:0120-111-957
受付時間:月曜日~金曜日(土・日・祝日をのぞく)10:00~17:30
コールマン ジャパン公式ホームページ:www.coleman.co.jp

関連する記事

DSC_0102
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE