ダッチオーブンの比較まとめ!失敗しない選び方や調理法も解説

ダッチオーブンは、煮る・焼く・蒸すなどなんでもできる万能鍋です。ダッチオーブンのおすすめだけに絞って特徴比較や調理法を徹底解説!これ1つあるだけでアウトドア料理がぐっと本格的になりますよ。数あるダッチオーブン、何を購入したらいいかわからない方必見です!


アイキャッチ画像:snow peak

ダッチオーブンってどんな鍋?

ダッチオーブン
フタ付で炭火を上にものせる事ができるので、上下の加熱で中までじっくり、旨味を逃さず仕上がります。またその調理法は焼く・炒める・煮る・蒸す・揚げるなど、あらゆる料理に対応できる、いわば万能鍋!この魔法の鍋が一つあるだけで、キャンプ料理のバリエーションがうんと広がりますよ。

そんなダッチオーブン、色々なメーカーから多くの商品が販売されています。それぞれ特徴がありますので、見ていきましょう。

おすすめダッチオーブンの特徴の違い

おすすめダッチオーブンの比較図
注1:洗う時には、フタを分解(ネジを外す)して、カーボンと鋳鉄に分けて洗う必要があります。

1.素材選び

鋳鉄製:もっともお手頃な価格帯。はじめのうちは錆びやすいなど手入れは多少大変ですが、手をかけて使い込むうちにダッチオーブンの内側は油でコーティングされ、テフロン加工のような焦げにくい状態になります。深く黒光りする”ブラックポット”はキャンパーの憧れ!

ステンレス製:ダッチオーブンの新素材!ステンレス製はシーズニング不要・水洗いもOKで、家庭の鍋と同じ感覚で使えます。耐久性もあり、お手入れがとても楽なので初心者でも扱いやすいはず。値段はもっとも高価。

黒皮鉄板製:製造過程で鉄の表面に皮膜をつけ、さびにくくしたもの。黒皮はコーティングとは違うので簡単にはがれず、そのため洗剤や金タワシで洗っても大丈夫です。メンテナンスは楽になりますが、その分お値段は多少アップします。

カーボン製:カーボンが発する遠赤外線効果により、熱の広がりにムラがなく食材の旨味を最大限に引き出してくれます。

ダクタイル鋳鉄製:ダクタイルとは、「強靭な」という意味。その名前どおり従来の鋳鉄よりもヒートショックや衝撃への強度が向上しながらも極薄かつ軽量化に成功した素材。燕三条にしかできないモノづくりと言えるでしょう。



2.購入時の注意

IH対応のダッチオーブン

出典:LOGOS
ダッチオーブンはタイプによって、アウトドアのみで使用できるもの、家庭のコンロやIHでも使用可能なものがあります。

家庭のキッチンでの使用

IHで使うなら、なべ底に脚がないフラットなタイプを選びましょう。またダッチオーブンは重量がありますので、私用するサイズにも考慮が必要。お目当てのダッチオーブンが家庭のキッチンでの使用に対応しているかは、要チェックです。

アウトドアでの使用
アウトドアで使用する時には、基本炭火ですよね。炭火で鍋の上下から加熱できることがダッチオーブン最大のメリットとなりますので、鍋の上に炭をのせやすいようにフタに枠が着いているタイプだと使いやすいですよ。

使用したいシーンやお手入れによって、自分にぴったり合うダッチオーブンを選びたいですね。では実際にブランドから発売されているダッチオーブンの中でも特に人気がある商品をご紹介していきます!

おすすめダッチオーブン5選

アウトドアで使うスタンダートなサイズ(3~4人向け)12インチのおすすめダッチオーブンをご紹介します。

ロッジ ロジック キャンプオーヴン 12インチ Deep
LODGE(ロッジ) ロジック12インチディープ深型キャンプダッチオーブン 足つき L12DCO3

価格:¥40,772

アイコン

●内径:30cm
●深さ:12.5cm
●重量:8.72kg
●材質:鋳鉄

脚付きのダッチオーヴン。フタに炭を乗せられるようにふちが付いていてローストビーフなどの上火調整も可能。
12インチモデルより少し深くなっているので、鶏の丸焼きなども十分できるサイズ。シーズニング済み。

SOTO(新富士バーナー) ステンレスダッチオーブン12インチ
ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン(12インチ) ST-912

価格:¥25,270

アイコン

●本体サイズ:幅41.5×奥行32.6×高さ16.5cm
●内側サイズ:内径30.6×深さ13cm
●重量:7.0kg
●材質:ステンレス

ダッチオーブンの常識を変えたステンレス製。シーズニングや使用後のお手入れ不要で洗剤洗いも可能。割れないので取扱いがラク!お値段は少し高めです。

ユニフレーム ダッチオーブンスーパーディープ 12インチ
ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブンスーパーディープ 12インチ 660966

価格:¥16,900

アイコン

●サイズ:(内寸)鍋径30.5cm×深さ13cm
●重量:約8.8kg
●材質:黒皮鉄板

ユニフレームのダッチオーブンは黒皮鉄板製。洗剤・金たわしで洗え、錆びにくいのが特徴です。最初に使う時はシーズニングをし、普段は洗剤で洗って乾かした後、油を塗って完了です。



ロゴス プレミアム カーボンダッチオーブン
ロゴス(LOGOS) プレミアム カーボンダッチオーブン 81062200

価格:¥25,812

アイコン

●サイズ:幅27×奥行25.5×高さ19.5cm
●内寸:直径23.5(21.3)×深さ11.5cm
●重量:5.2kg
●材質:[鍋・蓋天板]カーボン
[蓋枠]鋳鉄

素材は、遠赤外線放射量が最大といわれるカーボン素材を採用しています。そのカーボンで食材を包んで調理すれば、ご飯が美味しく炊けるほか、お肉や料理も美味しく仕上がります。カーボンだから実現できる高い遠赤外線効果が、食材の美味しさを引き出します。

スノーピーク 和鉄ダッチオーブン26
スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン26 CS-520

価格:¥21,384

アイコン

●サイズ:リッド:W316×D268×H56mm、スキレット:W316×D268×H58mm、ポット:φ268×H120mm(ツル含まず)
●重量:7.6kg
●材質:ダクタイル鋳鉄

スノーピークの地元燕三条地区の鋳物成型技術を採用した薄くて丈夫な鋳鉄のダッチオーブン。軽いので取扱いもラク。足無しタイプでIHでの利用も可能です。スキレット(フライパンのようなもの)付なので組合せ次第で料理の幅もぐんと広がります。

調理法別レシピ8選

焼く・ロースト・煮る・炊く・燻す・炒める・揚げる・蒸すとほぼすべての料理に対応できる万能鍋、ダッチオーブン。それぞれの用法のおすすめレシピを紹介します。

1.焼く 「焼きリンゴ」

おすすめダッチオーブンで作った焼きりんご
出典:RSK

<材料>
りんご、レーズン、バター、グラニュー糖、ラム酒、シナモン

<作り方>
りんごの芯をくりぬいて、レーズンを詰めてバターでフタをし、グラニュー糖、ラム酒、シナモンをふりかけます。ダッチオーブンで40分ほどじっくり上下から火を通せば完成です。

2.ロースト 「ローストチキン」

おすすめダッチオーブンで作ったローストチキン
出典:KIRIN

<材料>
骨付き鶏もも肉3本.にんにく3片.玉ねぎ(小)3個.にんじん(大)1本.
じゃがいも(中)3個.ローズマリー適量.塩・黒こしょう

<作り方>
鶏もも肉にフォークなどで両面に細かく穴をあけ塩こしょうをよくすり込んだ後、にんにく、ローズマリー、オリーブオイルとともにビニール袋などに入れて味をしみ込ませます。その後ダッチオーブンに野菜を敷きつめ、にんにく、ローズマリーとともに鶏肉をのせ、約20分ほどでできあがりです。

3.煮る 「豚肉のコーラ煮」

おすすめダッチオーブンで作ったコーラ煮
出典:WILD-1

<材料>
コーラ 400ml,しょうゆ 大5,みりん大2,
豚バラ肉(ブロック) 800g,長ネギ 2本,しょうが ひとかけ,にんにく 2~3片,たかのつめ 適量

<作り方>
ダッチオーブンにスライスした長ネギ・しょうが・にんにくの半量と豚肉を入れ、ひたひたの水で30分にて油抜きをします。
その後煮汁は捨て、残りの長ネギ、しょうが、にんにく、たかのつめを入れ、コーラ、しょうゆ、みりんを加え弱火で1時間ほど煮たらできあがり。一緒に煮卵を作っても美味しいですよ!



4.炊く 「鶏肉とキノコの炊き込みごはん」

おすすめダッチオーブンで作った鶏肉とキノコの炊き込みごはん
出典:coleman

<材料>
しいたけ 4枚,しめじ1パック,  まいたけ2株, 油揚げ1枚 ,鶏もも肉1枚 , 米3カップ
(A)だし汁 3カップ,砂糖 大1と1/2,しょうゆ 大2, 酒 大1,塩 小1/2

<作り方>
米はといでザルに上げ水気をきっておきます。次に鍋にAを煮立てて、切った具材(きのこ類、鶏もも、油揚げ)を煮込み、米と具・煮汁と水をあわせて3カップ分にして鍋に入れ、中火にかけます。沸騰してきたら弱火にして10~11分加熱した後、火を止めて5~10分蒸らせばできあがり。

5.燻す 「おつまみスモーク」

おすすめダッチオーブンで作ったおつまみスモーク
出典:coleman

<材料>
ボイルホタテ、ボイルたこ足、卵、チーズ、ちくわなど適量、ウッドチップ

<作り方>
ダッチオーブンにアルミホイルを敷きウッドチップを入れて強火にかけ、煙が出てきたら網の上に食材を並べます。蓋と本体の間に割り箸などをはさんで蓋をし、弱火にして色加減を見ながら5~10分加熱するだけで、美味しいスモークのできあがり。

6.炒める 「ベイクドポテトのベーコン炒め」

おすすめダッチオーブンで作ったベイクドポテト
出典:coleman

<材料>
じゃがいも 4個,ベーコン 60g,バター 大1,にんにくのみじん切り ひとかけ分,
砂糖 小2,塩・粗挽きこしょう 少々,醤油 小2

<作り方>
予熱したダッチオーブンに洗ったじゃがいもを水気をつけたまま入れて蓋をし、弱火で10分加熱し取り出してくし型に切ります。
次にバターとにんにくを入れて弱火で加熱し、香りが出てきたら中火にしてじゃがいもとベーコンを入れて炒め、砂糖、塩、こしょう、醤油の順で加え、表面に照りが出るように炒め合わせたら完成です。

7.揚げる 「パリパリ唐揚げ」

おすすめダッチオーブンで作ったパリパリ唐揚げ
出典:日本ガス

<材料>
鶏もも肉2枚
(下味)薄口醤油…大1,酒…大1,塩…小1/2, 鶏がらスープの素…小1, 生姜すりおろし…小1,にんにくすりおろし…小1.ブラックペッパー…小1/2
(衣)小麦粉…1/3カップ,片栗粉…2/3カップ,揚げ油…適宜

<作り方>
鶏もも肉を食べやすい大きさに切り、下味用の調味料をもみ込んで1時間程漬けておきます。ダッチオーブンには2㎝ほどの油を入れ、180度に温め、肉に衣をつけて蓋をし5分加熱後、ひっくり返しカラッと揚がったら完成です。少量の油でも外はカリッと、中はふんわりできあがりますよ。

8.蒸す 「野菜のダッチオーブン蒸し」

おすすめダッチオーブンで作った野菜蒸し
出典:coleman

<材料>
キャベツ ,ズッキーニ, マッシュルーム,プチトマトなど適量、塩 小1/2,クミンシード 小1,バター 大1

<作り方>
ダッチオーブンに野菜を並べて塩とクミンシードをふり、水大さじ2を入れて蓋をします。中火にかけ、シューッと音がしてきたら弱火にして5~7分加熱し、火を消してバターを入れ全体を混ぜ合わせてできあがり!クミンシードをガーリックやローズマリーに変えてもおいしいです!

まとめ

ダッチオーブン1つあれば、焼く・煮る・炊く・燻す・炒める・揚げる・蒸すと、ほんとに色々な調理ができてしまうんですね!ダッチオーブンをお持ちではない方は、まずは自分が使いやすいお気に入りダッチを見つけてみましょう。既にお持ちの方は、これを機に今までまだトライしてなかった調理法にもぜひ挑戦を!
魔法のお鍋ダッチオーブンで、キャンプの食事がよりワイルドで楽しくなること間違いナシです!

 

In Dutch Oven, A Good Cuisine!

得意料理は、ダッチオーブンで!


関連する記事

おすすめダッチオーブン
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
sasada namiko

アウトドア好きの整理収納アドバイザー兼ライター。増えるアウトドアグッズを素敵に収めるため、日々収納を改善中。現在はファミキャン中心だが、夢はテント泊縦走。 個人ブログ『居心地のいい部屋 -cozyroom-』⇒http://cozyroom1.blog.fc2.com/

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE