Take!チェアの魅力&ラインナップまとめ!

Take!チェアは、デザインで人気のスノーピークのチェア。おすすめポイントとラインナップを紹介!ゆったりと包み込まれるような座り心地はお墨付きながら、INでもOUTでも使えるというその柔軟性をチェック!


ファ増すことなくアイキャッチ画像出典:sixmoment

スノーピーク発・注目の「Take!チェアとは」?

gaiyou-tujyou出典:GLITTER

Take!チェアとは、スタイリッシュなフォルムと極上の座り心地が一体化した優秀かつ人気チェア。美しいルックスで見た目も秀逸、絶妙なカーブの座面は身体を包み込み独特の安心感を与えてくれます。キャンプなどアウトドアはもちろん家のベランダや庭でくつろぐチェアとしても最適です。

ロングバージョンもラインナップ!

longA出典:snowpeak

よりゆったりとくつろぎたい人や身体が大きめの人にぴったりなのが、Take!チェアをベースにしたロングバージョン。深く座ってのんびりしているうちに、ついうたた寝してしまいそうなほどのリラックス感です。

コンパクトに収納できて持ち運びもしやすい!

syuunou出典:snowpeak

中央収束のTake!チェアは前後の脚を開くだけでセットすることができる細い収納スタイルなのでどこへでも持ち運べて便利。フレームを豆型にしたことで、収納時のかさばりを解消し強度アップも実現!

Take!チェア…その特徴に注目

特徴1:こだわりの材質により実現した高機能チェア

tokutyou出典:snowpeak

スノーピークこだわりの素材といえば竹。Take!チェアの脚部分にも、強度と衝撃の吸収性に優れた竹が使用されています。座布の生地は丈夫な厚手6号帆布を採用。汚れたら洗える手入れのしやすさも素晴らしい!

カスタマーレビューをチェック!

スノピらしくモノの作りは確か。赤、黄ともイメージ通り色味もよい。キャンプにも持っていきましたが、普段は家使いで横にローテーブルを置き、お酒を飲みながら映画鑑賞する時などに使っています。(出典:Amazon

 

特徴2:OUTでもINでも使える優秀ギア!

tokutyou2

出典:snowpeak

ルックス・質ともに良いチェアは総じて値が張るもの。しかし、アウトドアでも家でも使えるものであれば、意外と高くつかないのでは!? そう考えてゲットしてしまうのも手です。Take!チェアなら3.0kgとキャンプにも持ち運びやすく、かつスタイリッシュなデザインは自宅のリビングチェアとしても違和感ゼロ。こだわりのカラーリングもスノーピークならではのセンスが光ります!

カスタマーレビューをチェック!

のんびりとソロキャンプを妄想してオーダーしました。しっかりとした作りで満足感の高い商品だと思います。一枚の帆布で背中とお尻を包み込むように座れて快適。竹集成材とアルミの組み合わせは美しさを感じます。室内で使っても違和感ないですね。(出典:Amazon

のぞいてみよう!Take!チェアの活用シーン

すでにTake!チェアユーザーとなった人々は一体どのようにチェアを活用しているのでしょうか?やはり、キャンプだけでなく自宅で使用しているという人も多く見られましたよ。一部をご紹介!

【キャンプ編】

このラグジュアリー感!キャンプサイトにモデルルームが出現したかのようです。

はるさん(@halnohidamari)が投稿した写真


おしゃれキャンパーの極み、白モノギア!この洗練されたセッティングにもTake!チェアが一役買ってます。 【日常生活編】

 

Koichi Hiranoさん(@koichi18)が投稿した写真

  部屋に置いてもこの通り、室内チェアとしても充分なデザイン性です。

Ⓜ︎さん(@tkbm27)が投稿した写真


なんと藍染でオリジナルカラーのTake!チェアに仕立て上げたという人も!リビングのアクセントになりそうです。

スペック詳細とカラーバリエーションをチェック!

Take!チェア、気になってきましたか?では、スペックを詳しく見ていきましょう。

Take!チェア
ITEM
スノーピーク TaKe!チェア 生成
●サイズ:W550×D630×H750mm
●収納時サイズ:W100×D150×H980mm
●重量:3.0kg

最高にリラックスできる、すっぽりと包み込まれるような座り心地。座布の生地は丈夫な厚手6号帆布を採用。座ったときに背中に違和感を与えないように、縫製の場所が下方の位置にくるようデザインも工夫されています。
リビングで使用しています。掃除の時にさっと畳め、汚れたら座面を外して洗えるので便利です。 出典:amazon

こんなカラーも!
Take!チェア ディープレッド
ITEM
スノーピーク TAKE!チェアカラーズ ディープレッド
●サイズ:W550×D630×H750mm
●収納時サイズ:W100×D150×H980mm
●重量:3.0kg

こっくりとした深紫が秋冬キャンプにもなじみます。
デザインの良さに惹かれディープレッドを購入しました。
普通に部屋でも使う事ができるぐらいデザイン&質感は気に入っています。 出典:amazon

Take!チェア イエロー
ITEM
スノーピーク TAKE!チェアカラーズ イエロー
●サイズ:W550×D630×H750mm
●収納時サイズ:W100×D150×H980mm
●重量:3.0kg

パキッとしたビタミンカラーのイエロー。キャンプサイトでもかなり目立ちます!
のんびりとソロキャンプを妄想してオーダーしました。しっかりとした作りで満足感の高い商品だと思います。 出典:amazon


よりゆったり感を求めるならロングタイプがおすすめ
Take!チェア ロング
ITEM
スノーピーク Take!チェアロング
●サイズ:W595×D800×H950mm
●収納時サイズ:W100×D150×H1,280mm
●重量:3.5kg

ノーマルタイプに比べ背面が長く、もたれかかるとハンモックに横たわっているようなリラックス感が得られます。
パッケージには「汚れたらどんどん洗ってください」というような記載があり、アウトドアにも気兼ねなく持っていけそうだな、と想像が膨らんでいます。室内・屋外で大活躍してくれる予感です。 出典:amazon

Take!チェアと合わせて使いたいテーブルも要チェック

Take!チェアとセッティングしてよりおしゃれにくつろぐなら、このテーブルもゲットしたいところ!

ワンアクションテーブル竹
ITEM
スノーピーク OneActionLowTable竹
●サイズ:W720×D910×H660mm
●収納時サイズ:370×910×93mm
●重量:10kg

Take!チェアと同じく竹×アルミの組み合わせで、一緒にセッティングすれば間違いない統一感。ハズレなし。
予てからキャンプへ一緒に行く友人が使っており、便利そうでしたので購入に至りました。
今まではアルミ製の組立型のテーブルを使用していましたが、設営は遥かに楽になりました。 出典:amazon

Myテーブル竹
ITEM
スノーピーク Myテーブル竹
●サイズ:W450×D335×H385mm
●収納時サイズ:430×335×72mm
●重量:1.8kg

よりコンパクトな竹テーブルがお好みなら、持ち運びもセッティングも手間要らずのコチラが◎。
庭先でチェアに腰かけてちょっと飲み物を置くのにちょうど良いサイズです。
軽くて、しっかりして、いてしかもワンタッチで全くストレスナシです。 出典:amazon

Take!チェアの魅力…目で身体で余すことなく体感しよう!

「イスは座るだけもの」という考えは非常にもったいなく、機能や見た目を追及するとキャンプの楽しみはまた広がるもの。お気に入りやこだわりのアイテムを導入することで自分のキャンプスタイルに自信が生まれる…それはキャンパーだからこそ味わえる心地よい充足感!スノーピークのTake!チェアなら、そんな新しいキャンプの楽しみを与えてくれるだけでなく、日常生活も心豊かに彩ってくれるはずです。

 

Let’s Take A Take!chair

Take!チェアを持って行こう

 

紹介されたアイテム

スノーピーク TaKe!チェア 生成

スノーピーク TaKe!チェア 生成

¥12,744 税込

スノーピーク TAKE!チェアカラーズ ディープレッド

スノーピーク TAKE!チェアカラーズ ディープレッド

¥12,744 税込

スノーピーク TAKE!チェアカラーズ イエロー

スノーピーク TAKE!チェアカラーズ イエロー

¥12,744 税込

スノーピーク Take!チェアロング

スノーピーク Take!チェアロング

¥14,904 税込

スノーピーク OneActionLowTable竹

スノーピーク OneActionLowTable竹

¥23,220 税込

スノーピーク Myテーブル竹

スノーピーク Myテーブル竹

¥10,584 税込

関連する記事

d390d604f0f74467ba76ffaad8ffd842
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。7歳と5歳の珍獣系の息子たちに振り回されつつ、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う日々。新しいテントを、絶賛物色中。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE