薪ストーブとキャンプへ!防寒・調理もできる秋冬キャンプ必需品

薪ストーブのあるキャンプは、寒さ知らずで快適!薪ストーブは防寒効果抜群で調理もできる秋冬キャンプの必需品です。おすすめ薪ストーブを一挙公開!薪ストーブのよい点、気になる点の紹介もある薪ストーブ総力特集です。


アイキャッチ画像出典 : Ozpig Japan

これからの季節、薪ストーブがキャンプで活躍!

薪ストーブでお湯を沸かし温まる子供
出典 : Amazon

これからの肌寒い季節、フィールドで凍えないためにはアウトドアで使える暖房ギアが必要です。なかでも「薪ストーブ」はダントツに温かいのでおすすめ!

薪ストーブと一言で言っても室内向けとアウトドア向けのものがあります。室内向けのものは重厚なつくりで暖炉みたいな雰囲気のもの。アウトドア用は持ち運びしやすいよう分割したパーツで構成されていて、割とコンパクトに収納できるものとなっています。

暖も取れて、調理もできる!


薪ストーブで調理出典 : Ozpig Japan

薪ストーブは体をポカポカと温めてくれるだけでなく、調理にも適しているんです!メーカーによって違いはありますが、天板に鍋やフライパンなどを載せて煮込みや炒め物などができ、また天板部の蓋が取り外せるもの(組蓋式)は直火料理にも対応しています。また本体内でオーブン料理を楽しめるものもありますよ!

薪ストーブで気をつけたいこと

暖も取れ、調理もできる薪ストーブは寒い季節のキャンプで大活躍してくれますが、いくつか気をつけたいことがあります。

収納サイズはそこそこ大きい

薪ストーブの収納バッグ
出典 : ホンマ製作所

分解してコンパクトに収納できると言っても、ほかのキャンプ道具と比べるとそこそこ大きいサイズ感。ブランドによってはかなりの重さのものがあります。選ぶときは車載にどのくらいの余裕があるかも考慮した方がいいと思います。



薪について

薪ストーブに必要な薪
出典 : EARTH&FOREST

薪ストーブなのでもちろん燃料は薪。必要な量は火力にもよるので一概には言えませんが、焚き火台よりも燃焼はゆっくり。ただ2時間で1束消費したという話もあり、寒い季節ほど多めに用意するのがおすすめです。またコンパクトなサイズのものは市販の薪だと大きすぎて入らず、現地で薪割りなどの作業が必要になります。

テント内での使用について


出典 : Anevay
薪ストーブを燃やす

多くの薪ストーブメーカーもテントブランドも、テント内での薪ストーブ使用は推奨していません。ただ中には薪ストーブの煙突を出せる換気機能があるものも。すべては自己責任となるのでご注意ください。

それでは、キャンプにおすすめの薪ストーブをご紹介!寒い季節のキャンプに役立つ、コンパクト収納で持ち運びしやすい薪ストーブを厳選しました。

キャンパルジャパン ちびストーブⅡ


キャンパルジャパンの薪ストーブ出典 : キャンパルジャパン


出典 : 
薪ストーブのセットキャンパルジャパン

組み立てサイズもコンパクトで、キャンパーに人気のちびストーブ。煙突や脚などの付属パーツはすべて本体の中に収納OK。天板で調理することができ、中籠に炭を入れて使うこともできます。

<スペック>
組立サイズ:幅28×奥行40×高さ150cm
収納サイズ:幅38×奥行47×高さ33cm
重量:約5.2kg
付属品:煙突(3パーツ)、曲がり長、笠、中籠、火バサミ、収納ケース
価格:3万2400 円(税込)

tent-Mark DESIGNS iron-stove 改


出典 : WILD-1
tent-Mark DESIGNS iron-stove 改薪ストーブのアイロンストーブ収納時

出典 : WILD-1

ブラックに耐熱塗装された鉄製の重厚なフォルムと揺れる炎を眺められるガラス窓で雰囲気は抜群。オーブン料理にも対応しています。煙突以外はアタッシュケース状に本体に収納できます。煙突は別売。

<スペック>
組立サイズ:幅55×奥行き34×高さ46cm
収納サイズ:75×37×14cm
重量:約21kg
価格:5万1223円(税込)


オージーピッグ ベーシックキット

ITEM
オージーピッグ ベーシックキット
オーストラリア製のコロンとした形がかわいい薪ストーブ。3mm厚の圧縮鉄で成型され頑丈なのも特徴です。ローストマシーンや炎拡散器、ツールラックなどオプションパーツが豊富なのもうれしい!

<スペック>
組立サイズ:幅40×奥行40×高さ134cm
収納サイズ:幅30×奥行40×高さ35cm
重量:約20kg
付属品:換気用扉付き薪ストーブ本体、脚、つなぎ式煙突5本、火の粉防止網蓋(煙突用)、鉄板2枚、内部火格子、リフター、簡易キャリーバッグ
頑丈でデザインもよく、使わないときでもしまわないでインテリアにしています。
長く使えそうですね! 薪は小さめでないといけませんがとても気に入ってます 出典:楽天



薪ストーブのオージーピッグのセット内容出典 : Ozpig Japan


 

新保製作所 角型3面窓付薪ストーブ”FIRE SIDE”キャンプセット

薪ストーブのキャンプセットで火をおこす
出典 : 新保製作所


出典 : 
薪ストーブのキャンプセットの全体像新保製作所

本体の3面にガラス窓が付き、どこからでも揺れる炎を眺められ癒し効果大!ストーブ本体と煙突のセットですぐにキャンプで使えます。ストーブの形状はホーローブラック(写真)、ステンレス製、T型と3タイプから選べます。

<スペック>
組立サイズ:幅40.5×奥行68×H38.5(放熱フィンあり)
重量:約12.5kg
価格:2万78003万500円(税込)

キャプテンスタッグ KAMADO(かまど)煙突ストーブ

ITEM
キャプテンスタッグ かまど 煙突ストーブ 焚火台
薪ストーブ、焚き火台、バーベキューグリルなど多目的に使用OK。ロストルを2段階調節でき、上部にセットすれば炭を置け、バーベキュー網も付属。3サイズの組蓋で直火鍋料理にも対応しています。

<スペック>
組立サイズ:幅45×奥行55×高さ950cm
重量:約6.3kg
付属品:本体、ツバ、扉、脚部、バーベキュー網、目皿、ハンドル、組蓋、煙突
秋の終わりのキャンプに使いました。寒い夜も暖かったです。
料理も出来るし、大きさも手ごろな大きさだと思います。 出典:amazon


 


薪ストーブの煙突ストーブ出典 : キャプテンスタッグ

アネヴェイ フロンティアストーブ


薪ストーブのフロンティアストーブを開いた写真出典 : Amazon


出典 : 
薪ストーブのフロンティアストーブ収納時Amazon

イギリス生まれで本体重量約10.5kgと軽め。脚は折り畳式、煙突は本体に収納でき持ち運びにも便利です。天板が広く、鍋を2つ置くこともできるので調理にも最適です。

<スペック>
組立サイズ:幅55×奥行83.5(脚含む)×高さ241cm(煙突含む)
収納サイズ:幅25×奥行45×高さ19.2cm
重量:約20kg
付属品:換気用扉付き薪ストーブ本体、脚、つなぎ式煙突5本、火の粉防止網蓋(煙突用)、鉄板2枚、内部火格子、リフター、簡易キャリーバッグ
価格:4万4000円(Amazon)


ホンマ製作所 クッキングストーブ

ITEM
ホンマ製作所 クッキングストーブ
ちょっとめずらしいミリタリーグリーンカラーの薪ストーブです。クッキングストーブというだけあり、天板の組蓋はなんと5サイズ!購入しやすい価格も魅力的です。

<スペック>
組立サイズ:φ35x高さ45cm
重量:約7kg
付属品:エビ曲1個、半直筒1本、T笠1個、目皿1個
スノーキャンプ用に購入しました。
友人から勧められて決めました!コンパクトなので車での持ち運びもスムーズです! 出典:楽天

ホンマ製作所 ステンレス 時計1型薪ストーブセット

ITEM
ホンマ製作所 ステンレス 時計1型薪ストーブセット
煙突を含め必要なものがすべてセットになっています。本体はステンレスを採用しており、サビにくいのも特徴。3サイズの羽釜(炊飯鍋)をセットすることも可能です。

<スペック>
組立サイズ:幅40×奥行60×高さ34.5(煙突含130)cm
収納サイズ:75×37×14cm
重量:約6.6kg
付属品:エビ曲90°1個、半直筒2本、トップ1個、二つ割1個

薪ストーブで心も体も温かいキャンプを!

薪ストーブがあれば、寒い季節のキャンプでも快適に過ごせそうですよね!いやむしろ、冬キャンプに挑戦したくなっちゃいます。

体の芯から温まって、料理も作れて便利なほか、揺れる炎を見ていると心が癒されます。そしてなによりもキャンプサイトの雰囲気もアップ!薪ストーブを手に入れて、心も体も温かいキャンプにぜひ挑戦を!

 

Winter Buddy, Wood Stove!

冬キャンプの相棒は薪ストーブで決まり!

紹介されたアイテム

オージーピッグ ベーシックキット

オージーピッグ ベーシックキット

¥52,704 税込

キャプテンスタッグ かまど 煙突ストーブ 焚火台

キャプテンスタッグ かまど 煙突ストーブ 焚火台

¥13,200 税込

ホンマ製作所 クッキングストーブ

ホンマ製作所 クッキングストーブ

¥9,980 税込

ホンマ製作所 ステンレス 時計1型薪ストーブセット

ホンマ製作所 ステンレス 時計1型薪ストーブセット

¥11,800 税込

関連する記事

薪ストーブを使う家族
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE