レンタルギアでキャンプ!見えてきたおすすめポイントと注意点まとめ

レンタルギアって本当に使えるの?の声に答えるため、CAMP HACK編集部がアウトドアレンタル会社「そらのした」さんよりレンタルをして、実際にキャンプ行ってきました!場所は、南房総にある白浜フラワーパークさん!海が近くて気持ちのいいキャンプ場です。


レンタルキャンプに行ってきました!

白浜フラワーパークのティピーテント猛暑日がなくなる9月からがもっともキャンプに適した時期ではないのか?ということで、久々の出動です!そして、今回の試みは、なっぷと提携させてもらっている登山・キャンプ道具のレンタル会社「そらのした」さん協力の下、「キャンプ道具のレンタルって使い勝手いいのか?」というお題目で、都内に住む独身男衆でキャンプに!

今回は、CAMP HACKの姉妹サイトなっぷでもお世話になっている千葉県の『白浜フラワーパーク』にお邪魔してきました!

白浜フラワーパーク今回のレンタルの経緯は、都内に住む独身メンバーのため、みな小型テントしか持っておらず4人用以上のテントをだれも持っていなかったということです。

そしてレンタルしたのは、「秋キャンプセット」と「タープ」の2つ。内容は、コールマンの「4人用ドームテント」・「LEDランタン」・「マット」・モンベルの「シュラフ」3つにコールマンの「スクリーンタープ」という内容でした。


設営しよう!

レンタル道具は、申し込み時にお願いすればキャンプ場まで運んでくれます!ということは、小型の車でキャンプができるということですね!これはかなり高ポイント!

レンタルキャンプ用品の梱包された様子まずは受け取りから

梱包の中身きちんと段ボールに収められている入っているものをチェック!

レンタルのコールマンスクリーンタープ設営完了!

設営時間は、男性2人で40分ほど。スクリーンタープは初めて設営しましたが、説明書も同封されており初めてでもなんなく設営可能。男性4名でもラクラク過ごせる快適空間ができました!

それではお楽しみ、ディナータイムへ

今回は、個人で所有しているキッチンテーブル、ローテーブル、チェア、焚き火台、グリルネット、コッヘル・スキレットなど調理食器類、バーナーを持参。

アボカドと海老、ズッキーニのマリネアボカドと海老、ズッキーニのマリネ

豚バラのグリル、マジックソルトがけ豚バラのグリル、マジックソルトがけ

料理が得意なメンバーにすべてを任せて、写真をパシャリ。このほかにもさばをグリルしたものをほぐしてパスタと和えたものも準備。

トータル調理時間は約30分!ダッチオーブンでじっくり調理するのもいいですが、手軽でおいしい料理も魅力的です!

焚き火を囲んで談笑食事を終えたらキャンプの醍醐味、焚き火を囲んでまったりタイム。くだらない話に花を咲かせ、楽しい時間を過ごしました。


レンタルを考えているキャンプ初心者への注意点

レンタルなので、借りたものは返す!荷物を受け取った際に集荷の手配をしてしまいましょう!

また、今回レンタルした「秋キャンプセット」と「タープ」だけでは料理はできませんし、人によってはライトの数も足りないでしょう。そのためには、グリルやクーラーボックスがついた「バーベキューセット」がおすすめ。どのギアなら事前に準備できるかをまとめて、うまくレンタル道具を使ってみてはいかがでしょうか?

こんな方にレンタルはおすすめ!

・年に1・2度キャンプに行く方
・家に大きな荷物を置くスペースがない方
・細かいスペックやブランドにこだわりがなく、キャンプの雰囲気が好きだという方

手ぶらで行きたい方は、このプランで完璧!!

秋キャンプセット
秋キャンプセット
出典:そらのした


トンネルコネクトスクリーンタープ

トンネルコネクトスクリーンタープ
出典:そらのした


みんなでバーベキューセット

みんなでバーベキューセット

出典:そらのした

ファミリーリビングセット

ファミリーリビングセット
出典:そらのした


 

今回宿泊したキャンプ場:白浜フラワーパークのHPはこちら → http://bit.ly/1JBUgnc

関連する記事

白浜フラワーパーク
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE