キャンパルジャパンのテントに焚き火台も登場!2016キャンプ新製品速報

2016キャンプ新製品の展示会

お気に入り追加

2016年のキャンプ&アウトドア用品・新製品速報!2015年秋の展示会で見つけた気になる新製品を一挙公開!キャンパルジャパン、ロゴス、SOTO、ナルゲン、ナンガ、オピネルなどの2016新製品をチェック!


※記事で紹介しているアウトドア・キャンプ用品はすべて2016年春以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください

2016年アウトドアギア新製品をCAMP HACKがチェック!

キャンプ新製品情報秋は来季アウトドアギア新製品発表の季節!業者向けの展示受注会が続々と行われています。CAMP HACK編集部も新たなギアをチェックするべく展示会に潜入!9月に行われた「アウトドア合同展示受注会」と「ロゴス2016新製品展示会」で見つけた注目ギアを紹介します!

<TOPICS1>キャンパルジャパン、ロゴス、人気2ブランドに新展開!

【キャンパルジャパン】“軽量”に特化した新モデルが登場! キャンパルジャパンのキャンプ新製品情報歴代最軽量のテント「ピコラ」が登場!

高機能で安心感はあるけれど、収納が“大きくて重い”という印象もあるキャンパルジャパン(オガワキャンパル)。そのイメージを払拭するのが2人用テント「Piccola(ピコラ)」。重量は約1.5kgと歴代最軽量!ハーフフライ採用、サイドとインナートップがメッシュでベンチレーション機能も装備。 2016キャンプ新製品のテントステイシーは約30%の軽量化、コンパクト化を敢行!

また「ステイシー」からはライトウェイトモデル「ステイシー ネスト」が登場!約30%の軽量化を図り、使いやすさや設営サイズはそのままに収納のコンパクト化を実現! 【ロゴス】独身グループをターゲットにした新ライン「ROSY」シリーズ! ロゴスの新製品情報設営・撤収が簡単で価格もお手頃なので、初めてアウトドアを楽しむのに最適! 2016キャンプ新製品のロゴスのグリル火床にアルミニウム箔の「お掃除楽ちんカバー」を使用することを前提で設計された「楽ちんグリル」。この発想は斬新!

2016年春からは“次世代のファミリー層”となる独身グループ向けの「ROSY(ロジー)」シリーズが始まります!設営・撤収が簡単にできるシンプルな構造と購入しやすい価格帯のテント、タープ、シュラフ、チェアなどを新たにラインナップ!

<TOPICS2>寝るだけじゃない!多様化シュラフがスタンダード!?

2016キャンプ新製品の丸まって着られるシュラフロゴスの「チェッカー丸洗いくるマールシュラフ」(右)、「ROSY 丸洗いくるマールシュラフ」(左)。収納はクッション型 2016キャンプ新製品のシュラフナンガの新シュラフは顔出し穴を装備することで封筒型のデメリット“肩の寒さ”を解消!

画像提供 : ナンガ



2016キャンプ新製品のクッション通常の収納袋のほか、クッション型の収納袋が付属!

画像提供 : ナンガ

シュラフがどんどん多様化しているのも注目のトピック。ロゴスの「くるマールシュラフ」は、着物のように羽織ることができ、防寒ポンチョにも。収納はクッション型になるのでリビングや車内でも使えます。

ナンガからは新シリーズ「IBUKI(イブキ)」が登場!顔出し穴が装備された封筒型ダウンシュラフで、2枚連結OK、掛布部と敷布部の分割OKなどさまざまなアイデアが搭載されています。

まだまだあります!ブランド別2016春新製品!

続々と待機中の2016春の新製品。CAMP HACK編集部が気になったギアをブランド別に紹介します!

【SOTO ソト】ガスもガソリンも簡単に使えるシングルバーナー!

2016キャンプ新製品のSOTO商品ガソリン、ガスの両方を使用できる「マルチMUKA」(右)。ガス、ガソリンの燃料切り替えはホースを差し替えて、空気調整レバーを回すだけと簡単。また、すり鉢状のバーナーヘッドは多数の炎口が設けられ、小粒で芯の強い炎が出るようになっています。

ファンの要望に応え、ついにシステムクッカーが! 2016キャンプ新製品のSOTOシステムクッカー軽量なアルミニウムに70ミクロンという厚いアルマイト加工をすることで硬度を高め、丈夫で変形しにくい加工に。大小クッカーと湯切口の付いたフタ、保温カバー、ハンドルなどがセットになっています。ちなみにハンドルはトングとしても使用OK!

えっ!?驚き価格のアミカス スターターキット 2016キャンプ新製品のSOTOのスターターキットシングルバーナーのエントリーモデル「アミカス」にクッカー2つ、ガス缶、収納袋をセットした販売数量限定モデル。セット価格は5537円予定(税別)。アミカスの単体価格は5030円(税別)ってことを考えるとお得すぎ! 参考出品の焚き火台が注目の的! 2016キャンプ新製品のSOTOの焚火台2016キャンプ新製品のSOTO焚火台こんな風に折り畳んで収納可能です

注目されていたのがこの焚き火台。中心が筒状になっていて、ここに小枝などを入れて焚き付けると煙突効果で高い燃焼効率を発揮するので、着火時のスターターとして機能します。4面の羽部分は取り外しでき「羽を大、中、小の3サイズで作り、焚き火台の大きさが変更できる展開も検討しています」とSOTO担当者。

【キャンパルジャパン】 中間サイズが登場!ボトム下部に立ち上がりも! 2016キャンプ新製品のピルツボトム下部に幅45cmの立ち上がりが設けられました!
画像提供 : キャンパルジャパン

ピルツ15と23の中間サイズ「ピルツ19」が登場!フロア直径約500cm、高さ330cmで10人用。ボトム下部に幅45cm、ベンチレーターを装備した立ち上がりが付き、居住空間と通気性がアップ!

ロッジシェルターが10年ぶりにモデルチェンジ! 2016キャンプ新製品のロッジシェルターロッジシェルターが10年ぶりにリニューアル!変更点は出入り口上部にひさしが付き、サイド壁面を2分割して半分だけの張り出しや巻上げにも対応。



使い勝手が広がる!ツインピルツの大きめサイズ 2016キャンプ新製品のツインピルツ大きめサイズ現在リリースされている「ツインピルツ7+」よりも大きいサイズが登場。フロア全長630cm、奥行355cm、高さ210cmで、使い勝手の幅が広がりそうです。

【LOGOS ロゴス】
ワンルームの設営のしやすさ、ツールームの居住空間を確保! 2016キャンプ新製品のロゴスのリビングプラス2016年イチオシ製品が「neos リビングプラス・PLR XL」。前室出入り口部分を斜めの形状にすることで、ワンルームテントのように少ないパーツで設営をしやすいツールームとしてのリビングの広さを確保しています。

ロゴス史上、最上級の寝心地! 2016キャンプ新製品のロゴスのシュラフプレミアムシリーズ初の最上級のシュラフ「プレミアム ダウンコンフォート 3セパレーター・-2」(左)が追加!敷部は弾力性のある特殊な綿、掛布部はダウン、そして柔らかくて肌触りがよく温かいフランネル製ブランケットがセット。

ゆらゆら揺らめく炎を眺められる癒しアイテム
2016キャンプ新製品のテーブル暖炉
画像提供:ロゴス

発火しにくい安全性の高い特殊燃料を使用した「テーブル暖炉」。

人気のアウトドアキャリーにミニサイズ! 2016キャンプ新製品のキャリーアウトドアキャリーにコンパクトサイズがラインナップ。写真右の「ストライプ ミディキャリー」は耐荷重は約60kg、中央の「ストライプ スマートキャリーwithBOX」は耐荷重約70kgです。   【nalgene ナルゲン】 コーヒー党は必見!かわいい収納ポーチ

2016キャンプ新製品のナルゲン収納ポーチナルゲンのコーヒービーンズキャニスター、ミル、カップなどのコーヒーアイテム一式が収納できる「キャンパスコンテナポーチ」。調味料入れにもいいですね。

コーヒービーンズキャニスターにちょうどいいサイズ!
2016キャンプ新製品のコーヒービーンズキャニスター現在リリースされている「コーヒービーンズキャニスター」330g、150gの中間サイズ「200g」用が登場。このちょうどいいサイズ、待っていた人も多いはず!

【TRUNK’IN トランキン】 ウルトラライトテーブルにミニサイズが登場! 2016キャンプ新製品のミニテーブル軽量で持ち運び便利、組み立ても簡単なウルトラライトテーブルにミニサイズがラインナップ。天板面約43×35cmでサイドテーブルにもよさそう。


【OPINEL オピネル】ワイン好きは必携!オープナー付きナイフ

2016キャンプ新製品のオープナー付きナイフワイン好きに朗報!ワインオープナーがオピネルのナイフに装備された「ステンレス #10 コークスクリューナイフ」がデビュー!これ、かなり便利だと思います!

 

【SLUMBERJACK スランバージャック】

2016キャンプ新製品のスランバージャックかなり異彩を放っていたコーナーがこちら。アメリカのハンティング用品ブランド「スランバージャック」の取り扱いを、ケルティなどを扱うアリガインターナショナルで開始予定。独特の迷彩柄がプリントされたザック、タープなど本格的なラインナップです。

2016年も気になるアウトドアギアが目白押し!

2016キャンプ新製品の展示2016年も新製品が続々で、アウトドアシーンから目が離せません!来期春夏シーズンに心躍らせながら、秋冬キャンプもワクワク楽しんじゃいましょう!

<製品取り扱いリスト>
オピネル
キャンパルジャパン
スランバージャック
SOTO
トランキン
ナルゲン
ナンガ
ロゴス

※記事で紹介しているアウトドア・キャンプ用品はすべて2016年春以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください

CAMP HACK 編集部 Written by CAMP HACK 編集部 CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

2015年9月9日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP