【カーカムス】手触り抜群のテント!カーカムスの魅力まとめ

カーカムスは、アメリカ発のテントに代表されるアウトドアブランドです。コットン素材ながら耐水性にも定評のあるカーカムスのテントは魅力的!さらに、トラディショナルなデザインはキャンプサイトに華をもたらしてくれることでしょう。


アイキャッチ画像出典:A&F


カーカムスとは?

エイアンドエフ オンラインストア【公式通販サイト】 Kirkham s カーカムス ファミリーキャンパー7 スプリングバー テント
出典:A&F

カーカムスは、1960年初頭からアメリカのソルトレイク発のアウトドアブランド。ダックキャンパスコットン製のスプリングバーテントフレームを発売するや、世界中にその名が知られるようになりました。

カーカムスといえば、「コットッンダックキャンパス」。シリコントリートメントが施された、特別なファブリック仕上げにより、高い耐久性と通気性を実現。また、織り密度の高いコットンキャンバスは、結露を最小限に抑えてくれます。


キャンプサイトに華をもたらすカーカムス

海外独特のデザインやコットン素材は、キャンプサイトをおしゃれな雰囲気をもたらしてくれます。他のキャンパーさんの事例をいくつかあげていきます!

どのサイトもベーシックなドームテントなどと比べ、独特な少し落ち着いた雰囲気を醸し出してくれていますね!

それでは、気になるテントの詳細を確認してみましょう!


カーカムスのテント3つをご紹介!

それではお待ちかね、カーカムステントのご紹介です!

バガボンド スプリングバーテント4

 

05
出典:A&F

手頃な価格でSpringbarテントの品質を兼ね備えています。機能はテクニカルなテントに劣るものの、家族や大きなパーティーにちょうど良い、人気のモデルです。

【サイズ】最小部分の高さ(内側)193cm、最高部分高さ(外側)198cm
【テントバックサイズ】38cm×68.5cm
【グランドシートサイズ】244cm×305cm
【対応人数】大人4人
【素材】ダックキャンパスコットン、床素材/ポリエステル、フレーム素材/アルミ/スチール

Kirkham’s カーカムスアウトフィッター スプリングバーテント3

19860004_common出典:A&F

馬のパッカーと川ガイドによって普及したテントです。コンパクトなパッケージにも関わらず、高さのある室内なので、窮屈さがありません。また、高さがあると、動きやすく便利ですよね。

【サイズ】最小部分の高さ(内側)170cm、最高部分高さ(外側)173cm
【テントバックサイズ】30cm×74cm
【グランドシートサイズ】213cm×244cm
【対応人数】大人2人、又は大人1人と必要なアウトドアギア置き場

ファミリーキャンパー7 スプリングバー テント

19860010_common
出典:A&F

カーカムスのラインナップは小ぶりなテントが多いなか、このスプリングバーテントは大人数対応の7人用!ファミリーキャンプなら、中に荷物を入れてもゆったりできるので快適なキャンプを過ごせそうですね。

【サイズ】D3m×W4.26m×H2m

テントと一緒に買いたい付属品のご紹介!

Kirkham’s カーカムス キャノピーキット

19860007_19860007000002__0出典:A&F

Kirkham’s カーカムス キャノピーキットは、ジッパーで入口の上部に簡単に取り付け、アルミポールで支えるキャノピーです。ちょこっと設営するだけで、雨除けや強い日差し除けに非常に重宝します。*対応モデル:コンパクト2、アウトフィッター3、バガボンド4

コットンダッフルバッグ

19860001_19860001000002__0出典:A&F

Kirkham’s カーカムス コットンダブルバッグはSpringbarテントに使用される生地を採用したダッフルバッグです。シリコンコーティングが施された素材なので、耐水性があり多少の雨には負けません。

サイズ:XS、S、M、XL


Kirkham’s (カーカムス)で快適な居住空間を

エイアンドエフ オンラインストア【公式通販サイト】 Kirkham s カーカムス アウトフィッター スプリングバー テント3
出典:A&F

 カーカムスのスプリングバーテントは、化繊のテントと比べると100%ダックキャンパスコットンの手触りの良さはかなり魅力的。テントに快適さを求めるなら、『 カーカムス』がおすすめです!



 

関連する記事

カーカムス01
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
iwasa fumika

旅と写真とキャンプと山が好きな、一児の母ライター。 子どもがまだ幼い為、現在は旅もキャンプも山もお休み中だが、妄想キャンプに妄想旅行計画をしてはニヤつく日々を送る。今年こそは、妄想から実現へ!と、これまた妄想中。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE