テント泊初心者必見!テントで快適に眠るために覚えておきたい基本テク

お気に入り追加

テント泊初心者におすすめの、キャンプで快適に眠るための基本テクニックを紹介します!キャンプサイトの選び方、寝室を快適にする重ね敷きテクニック、シュラフの選び方、快眠グッズなど、CAMP HACKがキャンプの眠りをサポートします!


テントで快適に眠るためには…

tumblr_nk7keg10411u8j7z4o1_1280 出典:コールマン
テント泊こそキャンプの醍醐味!といっても過言ではありません。テント生地1、2枚を隔て、自然の息吹を感じながら眠りにつくのは日常生活ではなかなかできない体験です。けれど「眠れなかった…」という声もしばしば聞くほど「テント泊はハードルが高い」と感じている人が多いのも事実。

では、どうしたらテントで快眠できるのでしょうか?こちらではテント泊で快眠するための基本テクニックを紹介します!

まずはテント設営前にサイトをチェック!

Bunroy-Park-Campsite-003 出典 :  Bunroy Park
キャンプ場にチェックインしたら、最初にテントを設営するサイトをチェックすることが重要です。もし自分でサイトを選べるのであれば、なるべく土や草地の平らなサイトを選びましょう。人の話し声などが気になる人は、人の出入りが激しい炊事棟やトイレなどの近くは避けるのが吉です。

テント設営前に、石や枝などデコボコの元になりそうなものは極力取り除いておくのが基本です。


“重ね敷き”で快適なベッドルームを作ろう!

img-index-1 出典 : コールマン
地面のデコボコ、ゴツゴツを感じずに快眠するには、マット類を重ねていく“重ね敷き”が重要です。基本はテントの下にはグラウンドシート、その上にテント、インナーテントの床面にテントシートを敷きます。その上に何をセッティングするかで寝心地が変わってきますよ!快眠できる基本テクを紹介します!

1.ベーシックなベッドルーム(少人数向け)

img-index-3 出典 : コールマン
グラウンドシート+テントシートの上にそれぞれ「パーソナルマット」を敷き、シュラフで眠るのがベーシックなベッドルーム。空気を入れるインフレータブルタイプやパッドタイプのものなどがリリースされています。

2.ベーシックなベッドルーム(家族向け)

img-index-1出典 : コールマン
グラウンドシート+テントシートの上にスポンジ入りの「テントマット」を敷くのがファミリーキャンプのベッドルームにおすすめ。フロア全面に敷き詰めるので、シュラフで寝返りを打っても大丈夫。各ブランドからもテントのフロアサイズに合わせたテントマットがリリースされています。


3.エアーベッドでふかふかなベッドルーム

img-index-2出典 : コールマン
さらに快適な寝心地を実現してくれるのが「エアーベッド」の導入。寝心地に好みがあると思いますが、かなりふわふわな感触です。かなり厚みのある家庭のベッドマットレスのような製品もあり、地面のゴツゴツ感は一切気にすることなく快眠できます。

4.どんな地面でも安心なコットを使ったベッドルーム

img-index-4 出典 : コールマン
「コット」をベッド代わりにして寝る方法は、地面の状態がどんな場合でも快適に眠ることができます。夏はコットと床面の間に空気が通るので、通常のマットやベッドよりも涼しさを確保できますよ。ただしコットは場所を取るので、テント内のスペースをよく確認してから導入しましょう。




テント内の温度調整も快眠のカギ!

夏も冬もテント内の温度をどう調整するかが快眠のカギとなってきます。テントにはベンチレーション機能(空気を循環させる窓)が備わっているものがほとんど。開放しておくことでテント内の熱気を逃がしたり、結露防止の効果があります。またこのベンチレーションをしっかりと機能させるためにも、張り綱はしっかり張っておきましょう。

シュラフの選び方もポイントです!

11110450_655455574589645_2307770590164219398_n 出典 : NANGA
テント泊ではシュラフを使用して眠りますが、このシュラフ選びも快眠できるかどうかに大きく関わってきます。形状や温度表示をチェックして、快眠を手に入れましょう!

シュラフの形状

シュラフの形状は大きく分けて、四角い「封筒型」、足先が細く頭まですっぽり覆う「マミー型」の2つに分類されます。

シュラフで寝ることに慣れていない場合、圧迫感が少なめでシュラフ内で手足を動かしやすく、家庭の布団と同じような感覚で眠れる「封筒型」がおすすめです。ただし収納は少し大きめです。

マミー型は密着感があるので、寒い時期のキャンプにおすすめ。コンパクトに収納できることもポイントです。



封筒型
コールマン コージースリーピングバッグ/C15
ITEM
コールマン コージースリーピングバッグ/C15
中は広くゆったり眠れる封筒型。洗濯機で丸洗いできるウォッシャブル仕様。肌触りと速乾性に優れたコットン&ポリエステル。裏地を表に出すことにより、襟元を優しくサポート。同モデルの同サイズなら連結可能。小さな子供と一緒に寝るときも快適。ジッパーを全開にしてブランケットやマットとしても使用できる。ストッパーにより収納時のズレを防止。ロールアップが簡単にできる。ジッパーはかみこみ防止機能付。あると便利な収納ポケット付。

マミー型
コールマン コルネットストレッチ/L-10
ITEM
コールマン コルネットストレッチ/L-10
手足が出せて着たまま動けるから車中泊やインドアでも便利なスリーピングバッグ。
簡単にコンパクト収納できるコンプレッションベルト・コンプレッションケース。
洗濯機で丸洗いOK。

シュラフの温度表

シュラフにはそれぞれ快適に眠ることのできる温度や、使用可能な温度の表示が記載されています。購入時にはこれをチェックすることも重要。例えば、真夏のキャンプで冬の寒い時期に最適なシュラフを使用すると暑過ぎて眠ることができませんし、その逆もまた然り。季節に合ったシュラフを選びましょう。


快眠を助けてくれるキャンプ小物

快適にテント内で眠るためのキャンプギアを紹介!いつものキャンプ道具にプラスして、快眠を手に入れましょう!

扇風機
ロゴス 2電源・どこでも扇風機
ITEM
ロゴス 2電源・どこでも扇風機
電池式で場所を選ばない「どこでも扇風機」が、家庭用コンセントでも使えるようになりました。
送風用、換気用に使えます。
風量2段階調節可能。


コールマン コンパクトインフレーターピロー2
ITEM
コールマン コンパクトインフレーターピロー2
中央部のくぼみで安定感があり、肌触りよく滑りにくい加工を施したコンパクトピロー。
中のスポンジはカットした切れ端を使用。
頭の座りが良く、首も疲れません。
バルブを開けて自然に入る空気の量が、私の好みにちょうど良く、空気を吹き込む手間もいりません。 出典:amazon


ブランケット、シーツ類
コクーン トラベルシーツ
ITEM
コクーン トラベルシーツ
Cocoonはヨーロッパ、アメリカを始め、世界中でアウトドア用寝具ブランドとして人気を得ています。 旅の中での快眠を第一に考えるその製品は、慣れない土地での、寝袋生活にも ラグジュアリーな快適さをもたらし、創業1989年以来、多くの旅人に親しまれてきました。


湯たんぽ
ロゴス どこでもソフト湯たんぽ
ITEM
ロゴス どこでもソフト湯たんぽ
やさしい暖かさ やわらか湯たんぽ。ウェットスーツの生地を使用 やわらかくて暖かい専用寝袋
別売
にセットできる特別な湯たんぽです。

キャンプ成功のカギは「快眠」が握っています!

いかに快適に眠れるかがキャンプ成功のカギ。ちなみに夏キャンプで暑くて眠れないときは、スクリーンタープ内で眠るのもおすすめです。今回紹介した基本の快眠テクニックで工夫して、快適なテント泊を楽しんでくださいね!

 

The best sleep in the camp!
キャンプで快眠しよう!

紹介されたアイテム

コールマン コージースリーピングバッグ/C15

コールマン コージースリーピングバッグ/C15

¥3,888 税込

コールマン コルネットストレッチ/L-10

コールマン コルネットストレッチ/L-10

¥12,938 税込

ロゴス 2電源・どこでも扇風機

ロゴス 2電源・どこでも扇風機

¥5,832 税込

コールマン コンパクトインフレーターピロー2

コールマン コンパクトインフレーターピロー2

¥2,138 税込

コクーン トラベルシーツ

コクーン トラベルシーツ

¥4,104 税込

ロゴス どこでもソフト湯たんぽ

ロゴス どこでもソフト湯たんぽ

¥5,292 税込

CAMP HACK編集部 Written by CAMP HACK編集部 CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

2015年8月17日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP