毎日使いたい!無駄のないデザインが美しいバックパック新登場【アウトドア通信.038】

耐久性、機能性にこだわったアイテムを生み出すフェールラーベンから、飽きのこないシンプルなデザインがかっこいい「Kiruna Backpack」が新発売。見えないところに機能性がぎっしり詰まったバッグパックをチェックしよう!


スタイリッシュな「Kiruna Backpack」が新発売!

aa
ホッキョクギツネのマークが目印のフェールラーベンから「Kiruna Backpack」が新発売。

今回発売となった「Kiruna Backpack」は無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインで、いつもより大人な印象のバックパックです。フェールラーベンの持ち味である機能性と耐久性も抜群なのでチェックしよう!

ここがポイント!「Kiruna Backpack」の3つの魅力

①あなたはどれを選ぶ?6つのカラーから選べる楽しさ

aaa
「Kiruna Backpack」は、これからの秋冬にぴったりの落ち着いた印象の6つのカラー(Redwood/ Black/ Navy/ Alpine Purple/ Green/ Dark Olive)で展開。

男女問わず使える色合いで、コーディネイトに馴染みながらも、その洗練されたデザインがワンポイントとして存在感のあるアイテムとなっています。

②タフすぎる!素材は「G-1000 Heavy Duty Eco」を使用

aoo
機能性と耐久性に重きを置いているフェールラーベン。そんな永く愛用できる製品として今回使用した素材は「G-1000 Heavy Duty Eco」。聞き馴染みのない方もいるかもしれませんが、この素材とても丈夫なんです!

グリーンランドを1000キロ走破した探検隊からヒントを得て、フェールラーベンが独自開発した「G-1000」。ポリエステル65%と高品質コットン35%を高密度に織り上げ作られた素材は、アウトドアの生地素材の中で世界最高クラスと言われるほどです。

生地が強靭な耐久性を誇っているので、バッグのような使用頻度が高く摩擦が発生するようなアイテムにはぴったりの素材になっています。

③ストレスフリーなバッグの設計!

ai
シンプルなデザインからは想像が出来ないほど、使いやすい機能が満載! 最大15インチのPCを入れることができるラップトップスリーブが付属、安心して持ち運べるようにバッグの全面には衝撃吸収パッドが搭載されています。

ビジネスシーンにもぴったりの機能ですね。バッグの中で散らかりがちな小物もスマートに収納できるポケットもついているが嬉しいポイント!

ao
もちろん背負っている際にも快適なポイントが! ショルダーストラップとバッグパネルにはパッド付きのメッシュ素材を使用されています。

ライトレジャーなどのアクティブなシーンでも背中とバッグパックの間に空気の層ができるので蒸れにくく、クッション性もあるので体への負担も軽減してくれます。ちょっとした旅行にも気軽に背負っていきたいバッグパックです。

この秋は「Kiruna Backpack」で決まり!

aaaa
スウェーデン王室御用達ブランドとしても信頼を得ているフェールラーベンらしい機能性の充実ぶり。シンプルなデザインが使用シーンを選ばない落ち着いた雰囲気を感じさせてくれるアイテムです。あなたもこの秋は「Kiruna Backpack」を背負って行楽を楽しんでみては?

「Kiruna Backpack」
●サイズ:高さ:45cm x 幅:32cm x 奥行き:25cm
●容量:22L
●重量:750g
●材質:G-1000 HeavyDuty Eco: 65% Cotton 35% Polyester
●価格:15,000円(税抜)

製品についての詳細はこちら

「FJALLRAVEN by 3NITY」がオープン!

aa
さらに10月12日より、フェールラーベンのオフィシャルオンラインストアがオープンしました。20,000円(税込)以上製品を購入した方には、フェールラーベン ”オリジナル傘(非売品)”がプレゼントされるオープンニングキャンペーンも! 数量限定のレアアイテムなので、気になる方はお早めに!

オフィシャルオンラインストアはこちら

【問い合わせ先】
ワイエスインターナショナル
TEL:03-6418-9339

フェールラーベン ジャパンInstagramアカウントはこちら
フェールラーベン ジャパンfacebookアカウントはこちら
アイテム情報も満載!CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

aaa
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!