アイデア次第で使用法は無限大!マルチカバーシート新発売【アウトドア通信.036】

天然素材を活かしたぬくもりのある アイテムを生み出す「What Will be Will be」。今回の新製品は、あなたのアイデア次第で用途が変化する!「レザー&ヴィンテージ風帆布マルチカバーシート」をご紹介します。


※掲載している商品情報は変更になる可能性があります。

ヴィンテージライクなマルチカバーが登場

all
What Will be Will beから「レザー&ヴィンテージ風帆布マルチカバーシート」が新発売! 汎用性の高いマルチカバーとベルトが2本付いているので、アイデア次第でアレンジの幅が広がるアイテムです。気になる詳細をチェックしよう!

あなたならマルチカバーシートをどう使う?

aj
マルチカバーシート、その使い道は自由自在! 厚手で丈夫な帆布素材を使用しており、サイズも約145×110cmと大きめに設定されています。使用シーンに合わせてお好きなサイズに折りたたんで使用してくださいね。
anm
4隅にはグロメット加工が施されており、吊るしたり紐を通し固定を強化することが可能です。負荷のかかりやすい4隅は、国産の牛革で補強もされているので耐久性も抜群!

実際にアウトドアシーンでどういった使い方できるのでしょうか? マルチカバーの便利な使い方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

例えばこんな使い方!

アウトドアワゴンに

ap
たくさんのギアを一気に運ぶことのできるアウトドアワゴンって便利ですよね! ただ荷物を積み込み過ぎて、溢れたギアが落下しそうになった経験はありませんか?

ワゴンにマルチカバーを被せベルトでしっかり固定すれば、移動中の荷物落下防止になります。

蒔トートに

蒔をマルチカバーで包んで、ベルトでしっかり締めれば蒔トートの完成! 車に蒔を積載するときも車内に木屑が落ちず、綺麗に運べますね。車から降ろす際にも手にトゲが刺さる心配がないので安心ですよ。

収納袋の代わりに

ロールテーブルや、収束型のチェアを包めば収納ケースの代わりとしても使えます。散らかりがちなポールをまとめる際にも使用してみて下さい。帆布は厚手なので、大切なギアの傷つき防止にも役立ちます。

サイト、車内の目隠しに

グロメット部分にロープやフックを使い吊るせば、タープのサイドウォールのような形で目隠しをすることも◎。

車中泊をするときにもカーテン代わりにぶら下げれば、プライベート空間をつくることが可能ですね。

アイデア次第で何通りの使い方も!

ann
気になる使い方はありましたか? グロメットとベルトを駆使すれば、使い方はあなた次第でぐんっと広がるアイテムです。What Will be Will beならではの、ヴィンテージライクなカラーと異素材の組み合わせが、お洒落なサイトのワンポイントにもなりますね。

是非あなたならではの使い方でマルチカバーシートを使いこなしてください。

「レザー&ヴィンテージ風帆布マルチカバーシート」
シートサイズ:約145×110cm
ベルト長さ:約240cm
皮革部分:牛革
帆布:綿100%
ベルト:アクリル100%
ベルト2本付き

商品詳細ページはこちら
※掲載している商品情報は変更になる可能性があります。

【What Will be Will beの公式サイトはこちら
Instagramページはこちら 
Facebookページはこちら
アイテム情報も満載!CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

 

関連する記事

all
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE