秋キャンプを「本気で」楽しめてる?秋ファミキャンNG行動チェックリスト

これからの秋キャンプを「本気で」楽しめているかがわかるNG行動チェックリストを紹介!一つでも当てはまった方は、もしかしたらキャンプ場選びを見直したほうがいいのかも……?秋キャンプこそよりアクティブに動いて、ロケーションのいいキャンプ場で過ごしましょう。


キャンプはみんなが楽しむもの!でも……?

From PIXTA
出典:PIXTA
猛暑は過ぎて、いまが一番のキャンプの季節! と言っていいほど過ごしやすいシーズンになりましたね。キャンプ場も真夏ほど混雑していないし、日差しも虫の声も心地いいのがまさに今。さあ、キャンプに行くぞ! と意気込むのもいいのですが、果たしてそのキャンプ、家族みんなが「本気で」楽しめているでしょうか?

秋ファミキャンのNG行動チェックリストをまとめましたので、紹介します! 一つでも当てはまったら、そのキャンプ、見直してみてはいかがでしょうか……?

チェックリストその1・色々わからないけど現地でなんとかする

From PIXTA
出典:PIXTA
初めてファミキャンを経験する人にとって、一番やってはいけないのが事前の準備無しで挑むこと。特に、テントやタープを立てることは準備無しではやっていはいけないことです。

秋は日も短くなって、明るい時間が限られています。テントをやっとの思いで立てられたのはいいけれど、その時はもう夕方、というのは避けたいですね。

チェックリストその2・いつものキャンプ場でいつものキャンプ

From PIXTA
出典:PIXTA
キャンプを経験されている方にありがち! 調べるのが手間でいつものキャンプ場を選んでしまっていませんか? いつものキャンプ場は安心感は得られますが、新鮮味はなくなってしまいます。例えばいつも林間サイトを利用するのであれば、芝生一面のフリーサイトに行くと心が軽くなるような開放的なキャンプを味わえますよ。

家族みんなが本気でキャンプを楽しむためには、ロケーションは大切! いつものキャンプ場、いつものキャンプからは抜け出してみましょう。

チェックリストその3・昼も夜もテントサイトに籠りっきり

From PIXTA
出典:PIXTA
せっかくファミリーでアウトドアに出るのであれば、何かしない手はありません。ただ、疲れてしまうから何もしたくない、ゆっくりするのがキャンプの醍醐味、ではお子さんが退屈してしまうかも?

子どもは昼はアクティブに思いっきり動きたいもの。近所の公園でもできるような遊びではなくて、せっかくキャンプに出掛けるならその場所ならではの遊びも経験させたいですよね。昼も夜もテントサイトに籠りっきりの方は、お子さんをはじめ、家族みんなが本気で楽しめているか見直してもよさそうですね。

一つでも当てはまったら!キャンピカ富士ぐりんぱが最適

dsc_1280
キャンピカ富士ぐりんぱは、静岡県裾野市にある高規格キャンプ場。なんと全炊事場でお湯が出て、どのトイレもキレイというキャンピカ富士ぐりんぱは、好みに合わせて様々な宿泊が選べることがポイント。

テントサイトもフリーサイトや区画サイト、電源サイトがあり、コテージやトレーラーコテージも用意されています。さて、チェックリストに当てはまった方になぜキャンプ富士ぐりんぱがおすすめなのか? その理由を紹介します!キャンピカ富士ぐりんぱの詳細はこちら

キャンプスタートパックが大人気

dsc_1326 キャンピカ富士ぐりんぱは、レンタルが充実しているキャンプ場とは一味も二味も違ったキャンプスタートパックが大人気。一式道具のレンタルができるだけじゃなく、設営のレクチャーをスタッフから受けながらテントサイトを作ることができるんです!

行き当たりばったりでキャンプに行って、設営が終わったらもう夕方。ということがなくなりますし、何より事前の準備をしなくてもわかりやすく指導してくれるということが嬉しいポイント。オプションでダッチオーブン料理のレクチャーを受けることもできるので、得意料理のレパートリーにダッチオーブン料理が加わるかもしれません。

dsc_1160 テント泊に不安がある人、ハードルが高いなと感じている人には、トレーラーコテージがおすすめ! 2017年7月15日は3つのタイプのトレーラーコテージが新規オープン。その中でもトレーラーコテージ・グランヴィラは特別感のあるコテージです。

dsc_1171 テラスには暖炉があり、ハンモックスタンドが設置してあるので、ゆらゆらハンモックに揺られながら、暖炉のあたたかみを感じることができます(ハンモックはお部屋に付属)。

さらに、トレーラーコテージ・グランヴィラにはパーソナルスペースとしてプライベートガーデンが用意されているのも、特別感がありますね。

富士山の見える開放感バッチリのロケーション

_image 区画サイトやキャンプ場の至るところで、目の前に富士山が! キャンピカ富士ぐりんぱは富士山二合目に位置しているので、いつものキャンプ場とは違った迫力のある景色を眺めることができますよ。

富士山を見れるキャンプ場は数々ありますが、これだけ富士山が近いキャンプ場は稀。日本最大の山に抱かれるような気持ちでキャンプができるのは、キャンピカ富士ぐりんぱならではと言ってもいいでしょう。

From PIXTA
出典:PIXTA
また、標高が高いので、夜は満点の星空に出会えることも。いつもの安心のキャンプ場もいいかもしれませんが、せっかくの休日。せっかくのキャンプ。どうせなら、ロケーションにこだわってみませんか?

昼はアクティブに動ける施設満載!

%e7%b8%ba%e4%b8%8a%ef%bd%99%e7%b9%a7%e7%bf%ab%ef%bd%93%e7%b8%ba%ef%bd%af%e7%b9%a7%e3%83%bbimg_6542-2
提供:iida midori
昼も夜もテントサイトに籠っているのではもったいない! 昼はキャンピカ富士ぐりんぱに隣接する遊園地ぐりんぱで、めいっぱい遊びましょう!

キャンピカ富士ぐりんぱで宿泊の方には遊園地の優待が受けられて、お子さんは500円で入園が可能です。遊園地ぐりんぱは、このように富士山をバックにお子さんの写真を撮ることもできますよ。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1 目玉アトラクションはこちら、日本最大級の床総面積を誇る立体カラクリ迷路「ココドコ」。3歳以上から利用することができ、子どもが本気で楽しめるアトラクションです。

dsc_1289 キャンプ場を出なくても、大人も子どもも本気で楽しめる施設があります。それは、デイアクティビティパーク! ディスクゴルフやフットゴルフを開放感あるパークで一日中遊ぶことができますよ。

10月中旬には、スキー場「イエティ」もオープン。イエティは、なんと19年連続で日本一早くオープンするスキー場! 宿泊プランも今後発表される予定です。アクティブに動きたい方はチェックしましょう。

スキー場「イエティ」の情報はこちら

From PIXTA
思う存分お昼に遊んだら、夜には冷えた体を焚火で温めましょう。家族みんなで、いつもはできない話をしたり、次はどんなキャンプ道具を買ってみようかなど話をしたり……。

焚火は演出家。焚火を囲っていると、積もる話に華が咲きます。キャンプ場で味わう秋冬の焚火の時間は、それはもう格別! それに加えて星空も出ていたら、家族みんなの思い出になること、間違いなしです。

秋キャンプを本気で楽しむなら!キャンピカ富士ぐりんぱ

%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88 チェックリストに当てはまった方や、何かいつものキャンプに物足りなさを感じている方。アクティブに遊園地やスキーで動きたい方。それなら、キャンピカ富士ぐりんぱが秋冬キャンプには最適な選択かも! テントサイトやコテージは12月3日まで、トレーラーコテージはそれ以降も営業しています。チェックしてみてくださいね!

キャンピカ富士ぐりんぱの詳細はこちら
PICAリゾートについてはこちら

CAMP HACK 編集部
CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!