新しい働き方!自然の中での交流会「Outdoor Office 2017」【アウトドア通信.035】

平日のキャンプ場が職場に!自然の中での異業種交流会「Outdoor Office 2017」が10月18日・19日に行われます。キャンプ場に用意されているのは、仕事に最低限必要なデスクとチェア、ネット環境のみ。気になる詳細をチェックしよう!


ここから始まる!働き方への意識改革

aoo10
平日のキャンプ場に突如として現れたオフィス空間。10月18日・19日の2日間、千葉県成田ゆめ牧場にて 、野外で仕事をしながら異業種交流を行うアウトドアイベント「Outdoor Office 2017」が開催されます。

今回で3回目を迎える「Outdoor Office 2017」は、約40〜50社の参加企業で開催予定。職場となるキャンプ場に用意されているのは、仕事に最低限必要なデスクとチェア、ネット環境のみ。そんな環境で過ごす2日間には一体どんな新しい発見があるのでしょうか?

いつもと違う環境であなたは何を見つける?

aoo8
1日24時間のうち多くの時間を費やす仕事。当たり前のように毎日見慣れた環境で仕事をこなすことは、アウトプットばかりで少し凝り固まってしまいませんか?

働き方を見直すために始まった「Outdoor Office 2017」は、そんな意識を変える第一歩としてオフィスを自然の中へ持ち込むことから始まります。開放的な自然の中で、自分自身を柔軟な状態にしてから仕事に向き合ってみましょう。

キャンプ場での仕事は、いつもと違った環境で少し不便なところもあります。しかし周囲の人とコミュニケーションを取り協力しながら過ごす2日間に、普段の仕事をより活発に取り組むためのヒントが隠れているのではないでしょうか。

垣根を越えるユニークなコンテンツが満載

「Outdoor Office 2017」には、アウトドアメーカー・ファッションブランド・IT企業・不動産・歯科・食品会社など、多種多様な業種の参加者が集います。様々なフィールドの人と触れ合うコンテンツは一体どのようなものがあるのでしょうか? イベント内容をチェックしていきましょう。

BLUE SKY MEETING (企業お見合い)

ao
初日に行われる「企業お見合い」と称したミーティングタイムは、全参加企業と挨拶を交わせる時間。実際にイベントをきっかけに、参加企業同士でビジネスに繋がった例もあるほど密な時間を過ごすことができます。この絶好の機会を最大限に活かしましょう!

CAMP FIRE MEETING (異業種チームビルディング)

aoo2
夜にはランダムに組まれたチームで課題にも挑戦! 他業種の人たちと結束を高めながら取り組む中で、集団の中で自分が持っている素質を見直す機会にもなりますね。

aoo13
その他にも思わず童心に返ってしまうようなドッチビー体験や、防災時にアウトドアの知識を活かすための教室、普段の生活では体験できないドローンに触れたりと刺激的な体験が盛りだくさん。たった2日間ですが、参加者同士の距離もグッと縮むようなコンテンツばかりです。

 アウトドアの力が仕事をより豊かに

ah
豊富なコンテンツもありながら、通常の業務を行う時間もしっかり確保されているところが「Outdoor Office 2017」のおもしろいところ。いつもと違う自然の中で自分の考え方にどんな変化があるのか。それを今後どう活かしていくのかということを考えながら取り組みたいですね。

これまでアウトドア経験をしたことがない人にとっても、自然の魅力を知る機会としても絶好の場です。休日を自然の中で過ごす時間の心地よさは、働く上でのバネにもなります。

「Outdoor Office 2017」を通して2日間を終えると、きっと次の日からの働き方も違ってくるのではないでしょうか。是非いつも一緒に働く仲間達と参加してみてはいかがですか?

【Outdoor Office 2017】
開催日:10月18日(水) 9:00 チェックイン、10月19日(木) 16:00 チェックアウト
(10月17日には前夜祭も開催予定)
会場:成田ゆめ牧場 キャンプ場
イベント参加に関する詳細はこちら

【企画・製作・運営・問い合わせ先】
アウトドアオフィス実行委員会  あそぶ株式会社 内
〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-12-7 鈴森ビル5F
TEL : 03-5623-3301
MAIL : outdooroffice@asov.co.jp
担当:酒井・木村
アイテム情報も満載!CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

aoo8
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE