コールマンの人気商品ルミエールランタンで、トルコランプ風ランタン作ってみた。

CAMPHACK×LANTERNの連携記事企画!実践派アウトドアメディアサイトLANTERN編集部がセレクトした、キャンプギアや特集記事、キャンプ場記事をCAMPHACKで紹介します。


LANTERN編集部がコールマンの人気商品ルミエールランタンで、トルコランプ風ランタン作ってみた。

LANTERN 自作ランタン 日が暮れるとその実力を発揮するランタン。灯される光が夜の暗がりを照らし、素敵な雰囲気を演出します。

ランタンの種類はいろいろありますが、今回は揺らめく炎と美しいフォルムで不動の人気を獲得しているコールマン『ルミエールランタン』を紹介します。

さらに、今回は特別企画と題し、ルミエールランタンをさらに素敵で特別なものにするアレンジを加えます。

それは、女子が好きなトルコランプ風にアレンジ!

ルミエールランタンを知ろう

LANTERN 自作ランタン
テーブルの上で、ろうそくの炎のような揺らめく灯りがおしゃれ!キャンパーに不動の人気のルミエールランタン。大きさ、デザイン、人気の理由をまずはチェックしていきましょう!

大きさ

LANTERN 自作ランタン 500mlのペットボトルと同じぐらいのサイズ。(本体のみ)

背が高いので、テーブルの上を雰囲気よく照らしてくれます。

デザイン

LANTERN 自作ランタン 先端に向かって細くなり、曲線を描くのガラス。ろうそくの炎のようなフォルムで、部屋のアンティークとして置いても可愛いですね。
LANTERN 自作ランタン グローブの下部にあるつまみ(ガス調節器具)によって、ガス量を調節できます。ガラスとグローブをそれぞれ分けることができます。
LANTERN 自作ランタン
炎の大きさを調節できるレバーがあります。右に向かって、炎をが大きくなります。操作は簡単なので誰でもできますね!

ガス調節器具全体がブロンズカラーで統一されていて、より一層レトロな雰囲気を演出してくれます。

収納

LANTERN 自作ランタン ランタンとグローブを保護するプラスチックケース付。

ランタンの形に沿って、くぼみがあるので不安定にならず、衝撃を抑えてくれます。

人気の理由

マントルが不要!
ランタン本体の先端に直接火を付けるタイプで、マントルは必要ありません。

フォルムが何といってもおしゃれ!
ろうそくの炎のようなフォルムが可愛い。揺らめく炎がキャンプサイトや食卓を雰囲気よく照らします。

ルミエールランタンの詳細は下記をご覧ください。

コールマン ルミエールランタン商品詳細
・燃焼時間:約28~38時間(230g缶使用時)
・本体サイズ:約φ7.3×6×18.3(h)cm
・重量:約210g
・付属品:プラスチックケース
・使用グローブ:Model 205602
※LPガスは別売り
【出典:コールマン公式サイト

今回LANTERN編集部は、ルミエールランタンをアレンジして「トルコランプ風ランタン」を作っちゃいました。

トルコランプ風ランタン、実際に作ってみた

とある6月の日。

-LANTERN編集長
今月で『LANTERN』が公開して、1年になる。そこで「LANTERN」にちなんで「ランタン」をオリジナルで作りたい。

栗田任せてもいいかな?オーダーは目立つことと、女性ならではの観点を入れて欲しいかな。そして、出来たものを今月のCOC MEETING(コールマンアウトドアクラブ会員イベント)に持っていけたらイイね。

-栗田
・・・! か、かしこまりました。

女の人ってとにかく、キラキラとかアンティークとかそういうの好きだよね。

なんだろ、検索・・・。モザイクガラス、ステンドガラス、トルコランプ、たくさんの種類があるな・・・。こういう透き通ったガラスから、ルミエールランタンの炎をが見えると綺麗だろうな・・・。

これだったら目立つし、女性も好きそうかも!!

こんな企画背景から、コールマンの「ルミエールランタン」をベースに、LANTERNオリジナルバージョンを作ってみました。

作業にご協力いただいたのは、秋葉原にある「らんぷ家」さん。

模様を決める

LANTERN 自作ランタン たくさんの種類のビーズやガラスがありますね。何色にしようか悩む・・・。
LANTERN 自作ランタン 最初に、白い紙の上にガラスを配置し、模様をイメージします。ガラスの種類は、ひし形、三角形、四角形を組み合わせて模様を作ります。

ガラスをランプの光に透かしながら、色合いを考えていくのがポイントです!

ランタンに貼り付ける

LANTERN 自作ランタン 模様が出来たら、ビーズ、ガラスを早速ランタンに貼り付けてみます! 接着剤の粘着性が乾いてしまわないように、素早く貼り付けます。

ガラスとガラスの間は、1mm~2mm間隔を空けて貼り付けるのがポイントです。間隔がないと、ガラスがはがれやすくなります。

「ビーズを貼りつける際は、竹串を使うといいですよ!」とアドバイスもらいながら、繊細な作業なので、慎重に。思わず無言になります。
LANTERN 自作ランタン
出来上がりに近づいてきました。貼り付けたばかりだと、ガラスやビーズが不安定なので2、3時間乾かします。

出来上がり!

LANTERN 自作ランタン ついに完成!出来上がりの写真はこちら!(撮影場所:らんぷ家
LANTERN 自作ランタンLANTERN 自作ランタン 外で、撮影するとこんな感じ。青空にも、夜空にも鮮やかに映えます。

出来上がったランタンを編集長に見せてみた。

-栗田
編集長!どうでしょうか?女性ならではの観点で、トルコランプ風にアレンジしてみました。

ルミエールランタンから灯される炎が、トルコガラスを透き通り、赤・青・黄・緑の4色をキラキラ輝かせてくれるので、目立つのではないでしょうか!
-LANTERN編集長
イイね!このランタンなら、オシャレな雰囲気で食事が楽しめるね。今年のCOC MEETINGは、昨年以上に楽しめそうだ!

(COC MEETINGについて詳細はこちら

LANTERN編集部まとめ

既存のキャンプギアをアレンジすれば、オンリーワンのキャンプギアに大変身。

企画を通して、アレンジの素晴らしさや楽しさを学びました。ガラスを多く使うと、ランタンの灯りが綺麗に見えるのでおすすめです。

ルミエールランタンを持っている方は是非チャレンジしてください。今回は、ランタンをアレンジしましたが、他のキャンプギアでもチャレンジしたいと思います!

【LANTERNのおすすめ関連記事】
コールマンCOCサマーミーティング2017に行ってきました!ランタン、バーナーなど珍しいギアも写真で登場!
ごつい系クーラーボックス、ペトロマックス新作やムーミンのかわいいオイルランタンなど2018年アウトドア合同展示会【スター商事編】
【名人直伝】焚き火を失敗しない6つのコツ! 薪の種類と組み方、おすすめ焚き火ギアも
LANTERNはこちら

Lantern

キャンプ情報メディア「ランタン」は、現場で役立つキャンプ術、キャンプ用品のレビュー、アウトドア関連のイベント情報などをお届けします。独自取材の体験レポートやキャンプスタイル、地方の魅力を発信するコンテンツもお見逃しなく!

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!