【フジロック編】スタイリスト 平健一のアウトドア ファッションテク講座#10:フェスで使いたいグッズ

アウトドア界でも引っ張りだこのスタイリスト 平健一氏がCAMP HACKに登場。 独自のアイテム選びは多くのアウトドアマンの指標となっています。 この連載では、その唯一無二の視点を存分に披露してもらいます。


【フジロック編】フェスで使えたグッズを3点紹介!

img_7673
今回はフジロックフェス2017に行ってきました! 日程は7月28日~30日(前夜祭は27日)で、私は前夜祭から参加させていただきました。会場前の入口は、写真撮影されるかたが多くいつも混んでいます。ここからもうすでにフジロックに着いたなぁ~と実感でき、ワクワクしてきます!

フジロックが開催されてしばらく経ちますが、今後のフェス、来年のフジロックにも大活躍間違いなしのアイテムに注目して紹介しちゃいます!
img_7675 上の写真はメインのグリーンステージ会場。初日の午前で、サンボマスターが始まる前で大変混んでいます。会場ではレジャーシートやイスを使ったりしたほうが便利です。今回はヘリノックスチェアで場所を確保しました!

移動中はイスはたたんで持ちましょう。他の人や特に小さい子供にぶつからないように、安全に移動したいので要注意です! それでは、早速ですがフジロック2017で使ったアイテムを紹介します。

使えたグッズはこちら!KEENのブースでシューズレンタル

img_7719 こちらはフジロックフィスティバル2017のシューズ無料レンタルブース『KEEN FOOTWEAR STATION at FUJI ROCK FESTIVAL』。去年も同じようにシューズの無料レンタルを行っていたそうで、今年も大盛況でした。
img_7679 更に今年は「フジロックの森プロジェクトxKEEN」を実施。このプロジェクトはフジロックが新潟県、湯沢町、地元苗場の皆さんと立ち上げた環境保全活動プロジェクトで、シューズレンタル中のみんなの歩数がお金に換算され、音楽を楽しませてくれるフジロックの森に還元するというもの。

方法は簡単。シューズをレンタルする際、各自の携帯に万歩計に類する歩数カウントアプリ「KEEN Fes Meter」をダウンロードし、カウントをスタート。レンタルシューズ返却時までの歩数をカウントします。そのアプリを使用している全員の歩数と移動距離がこのモニターに表示されています。

写真は初日11時時点の合計歩数と移動距離ですが、すでにすごい数値です。最終的には3日間の総歩数約600万歩、総移動距離にして4200kmという結果を金額に換算して「フジロックの森」プロジェクトに寄付されたようです! KEENの環境保全に対する姿勢は、本気ですね。
img_7680img_7686 貸し出しのシューズもブーツからサンダルまで、様々のモデルがあり自分で選べます。今回モデルになってくれるのは豊森ちはやちゃん。種類も豊富なKEENのシューズ選びを楽しんでいましたよ。
img_7694 今回は、クリアウォーターCNXの明るめのピンクをチョイスしてみました!

img_7714
早速、豊森ちはやちゃんも携帯の専用アプリをいれてくれました! 自分の歩数が「フジロックの森」のに還元されるプロジェクトには、驚きと興奮を隠せない様子でしたよ。
img_7712img_7706
黒のワンピースとピンクのクリアウォーターCNXの組み合わせが合いますね!

img_7702
シューズを借りた方には、自分のシューズを入れる可愛いイラスト入りのトートバックも頂けます。

img_7729 その他にKEENのタトゥーシールもスタッフの方に施していただけます。フェス気分が盛り上がります!

img_7745img_7804 フェス会場をいろいろクリアウォーターCNXを履いて散策です! フジロックフェスは自然の中なので、砂や砂利や土に川までいろいろあります。その中を歩くのにフィット感とつま先のフォルダーや踵付きなのでクリアウォーターCNXは歩きやすく、川の中でもグリップがよく滑りニクいです!

img_7820
また、イスに座ってもピンクが可愛く目立って良かったです 。

img_7787img_7764
最後はボードウォークと、森の中で落語を聞いてほっこり(笑)他にもKEENのシューズもいろいろあるのでフェスにキャンプに履いて試してください!

KEEN・クリアウォーターCNXの詳細はこちら

さて、次は雨対策です。

フェスと言えばポンチョ! 今回セレクトしたのは…?

img_7908 フジロックフェスは新潟の苗場スキー場で行うフェスなので、標高が高いです。山の天気はすぐに変わります! 初日の午前中は晴れて暑かったのですが、途中から「ポンチョやレインブーツの撮影したいなぁ~、雨降らないかなぁ~」って思っていたら降ってきました!

モデルのちはやちゃんも最初、移動の際にポンチョやレインブーツは要らないと言ってましたが、撮影だけでなく、実際に雨降ってこんなに役にたつとはいざ知らず。

今回、紹介するのはコロンビアのエクセターロードポンチョ

img_7916img_7899 急な雨でも付属のスタッフサックから取り出し、すぐに今着ている服の上から羽織れる大きさのポンチョ。

コロンビアのオリジナルの防水透湿機能であるOMNI-TECHが雨をはじき、自分の汗による蒸れも軽減してくれます! 今回の雨は昼前から丸一日の雨が降り、大変重宝しました!

雨が降り続けるとポンチョの縫い目から雨が浸透してきますが、エクセターロードポンチョは縫い目もシームテープが張ってあり、一日中の雨でも安心です。
img_7921 雨が降っても髪や身体を濡らさず、快適で笑顔なちはやちゃん!
img_7909
また大きいサイズなので背中のバックパックもすっぽり入り、身体を雨から守ります!カラーもメンズライクなセージカモで自然のフェスにも合います! ほかにもブラックやネイビーの水玉に爽やかな雲柄といろいろ選べるので、自分のカラーを選びましょう!

コロンビア・エクセターロードポンチョの詳細はこちら

次はレインブーツ。コロンビア・ラディソフト

img_7927 こちらは折り畳みでコンパクトになり、フェスにも便利なレインブーツです! シックなブラックにレッドラインが、可愛いですね〜。ロングブーツでグリップ力もあり、履き易く、赤のラインがお洒落です! これなら街でもフェスでも雨が降ったらすぐにでも、使いたくなりますね。

コロンビア・ラディソフトの詳細はこちら雨対策を万全にして、フェスへ出かけよう!

img_7926 フェスで雨対策を怠ると、濡れて寒くなったり、テンションが下がります……。今回フジロックは雨が一日中降っていて、この雨対策アイテムが本当に使えました。フェスに行く際は、コロンビアで揃えるのはどうでしょうか? 楽しいフェスもより快適に楽しくなりますよ。

次回はフェスでも秋キャンプでも使えるフットウェアとガジェットを紹介します!

2017年開催のフェスはこちら

関連する記事

img_7787
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
平 健一

2007年に独立、ファッションからアウトドア、インテリアなど雑誌、広告など多岐にわたる。最近は車関係も多く、スタイリングだけでなくディレクションなどもする。 Instagramは@runrun1980にていろいろギアや撮影したものもみれる。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE