大人気ヘリノックスからついにテントが発売決定!

k1822181_f

お気に入り追加

ヘリノックスからついにテントが登場です!ヘリノックスはこれまでチェアやコット、テーブルを取り扱っていましたが、母体であり多くのアウトドアブランドのポールを取り扱うDAC社のノウハウを活かしたテントを発表。その気になる詳細を徹底紹介します!


アイキャッチ画像出典:ヘリノックス

多くのキャンパーが待ち望んだ日が、ついに!

チェアワンなどに代表されるアウトドアチェアで大人気中のヘリノックスから、今秋テントが発売決定!気になる詳細を徹底紹介します!

ノナドーム 4.0

k1822181ノナドーム 4.0の特徴は、9角形に作られたユニークなフォルム。この形状により、あらゆる角度からの風にも耐えられるタフさを実現しました。耐風性は、ハイスペックなオートキャンプ用テントが約15mなところ、秒速20m以上を誇ります。また、PLポールシステムを採用することで、超軽量化に成功。ファミリーテントにほしい「快適な室内空間」、「耐風性」、「軽量性」、「組み立てやすさ」すべてを満たすハイエンドモデルになっています。

《スペック》

【サイズ】400cm X 400cm X 200cm
【重量】7.5kg(本体とポールの総重量)、ペグ重量:250g
【素材】
■ キャノピー:30デニール・ポリエステル・リップストップ / 耐水圧1,500mm シリコン・コーティング(片面)
■ ポール:DAC PLポール(メインポール:φ15mm、サブポール:φ13.55mm)
※ フライシートなし
※ フロア別売り
※ スタッフバック付き

アルパインドーム 2P

helinox_alpine_15fwアルパインドーム 2Pは、軽量性とタフさを両立したところがポイント。まず注目したいのは、何と言ってもフライシート。まず遠目からでも目を引くそのブラックの輝きは、キャンプサイトでは異色のカラーと言えます。

さらに触れてみると驚きの薄さで、もっとも薄いウィンドブレーカーと同等。そのヒミツは、テントでは初の試みとなる両面シリコンコーティングされた10デニール・ナイロン・リップストップを使用したことにあります(リップストップとは、コットンやナイロン素材の服に碁盤の目状にナイロンの繊維を縫い込んだ、裂け止めのこと)。



helinox_alpine_nofly_15fwそして、スペックを見てみると、ノナドーム 4.0同様アルパインドーム2Pも耐風性20m。耐水圧もフライシート1,500mm、フロアシート10,000mmと、万が一キャンプサイトで嵐に見舞われても安心です。また、テント内の居住性にも注力し、DAC PLポールを新構造「リバース・コンビ・テクノロジーTM」で配置したことで、軽量化したとは思えない広々空間を確保することに成功しました。

《スペック》

【サイズ】230cm X 140cm X 110cm
【重量】2,016g(本体とポールの総重量)、ペグ重量:160g
【素材】
■ キャノピー:20デニール・ナイロン・リップストップ (通常撥水加工)
■ フロア:40デニール・ナイロン・リップストップ / 耐水圧10,000mm TPU
■ フライシート:10デニール・ナイロン・リップストップ / 対水圧1,500mm シリコン・コーティング(両面)
■ ポール:DAC リバースコンビ + PLポール
※ グラウンドシート別売り
※ スタッフバック付き

気になる詳細はこちら → http://bit.ly/1SR7X8t

 

Raise A Revolution

テントに革命を起こす

CAMP HACK編集部 Written by CAMP HACK編集部 CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

2015年8月6日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP