あのキャンパーのウラ側HACK!@analogstyle1960kou さん

公式インスタグラム@camp_hackの始動に伴い、インタビュー企画『あのキャンパーのウラ側HACK!』が新スタート!インスタグラムをやっているキャンパーなら誰でもOK。あなたのキャンプスタイルを記事にします!今回は@analogstyle1960kouさんの普段見れないウラ側のキャンプ情報をお届け!


アイキャッチ画像提供:@analogstyle1960kou

インタビュー企画『あのキャンパーのウラ側HACK!』

camphack_img_2
公式インスタグラム『@camp_hack』の始動に伴い、新しくスタートしたインタビュー企画『あのキャンパーのウラ側HACK!』。

#camphack取材』のハッシュタグのついた投稿の中から、気になるキャンパーを取材。キャンプ道具の収納事情など、普段見れるインスタグラムとは違う、ウラ側のキャンプ情報をお届けします。

今回は、存在感抜群のワーゲンバスとキャンプを楽しまれている『@analogstyle1960kou』さんが登場!

プロフィール

お名前:kou さん
Instagramアカウント名:@analogstyle1960kou
居住地:東京都八王子市
キャンプを始めた時期:30年ほど前から細々と続けております
職業:会社経営

自己紹介をお願いします!

%ef%bc%91

東京の西のはずれ八王子に住み八王子で仕事をし、八王子を中心に活動している田舎者。

週末は必ず趣味の活動をしていないとブルーになってしまう遊び好きなアラウンド還暦。街中、アウトドアなどで見かけたら声をかけて下さいね。

お気に入りアイテム

お気に入りアイテムを教えてください! その1 CielBleuのキャンピングファニチュア

テーブルを4種類とチェアを愛用しています。木の質感とたたずまいがキャンプサイトにしっくりくるんです。外観だけでは無く、使い心地も最高で価格以上の満足感。

なにより夫婦二人でこつこつとハンドメイドしている事が素敵だし、量産されていないので他人と、かぶる率も少ないです。

最近は有名になってしまい、サイトで見かけることも多くなりましたが、それはそれで嬉しいですね。


その2 ムササビタープ (テントマークデザイン)

musa

アウトドア界の重鎮、堀田貴之氏プロデュースのタープ。ちょっとしたピクニックやビーチで日陰が欲しい時にサッと張れ見栄えも素敵。


その3 FIBI STOVE アウトドアクッカー

スイス製のコンパクトに収納できるストーブです。煙突型のスタイルで心ときめく炎を演出してくれるし、クッカーストーブとしても使える便利なやつです。

ボディには鹿のシルエットなどがカッティングされ、ロマンチックな夜を演出してくれます。好きな女の子を口説く夜には最適の小物ですね。

その4 NODATE MAG (関美工堂)

会津の職人さん達が作っている木製カトラリー。御猪口サイズからお椀サイズ、お皿、ウッドテーブル等、漆仕上げの素敵な木製品がラインナップされています。

僕は食器しか持っていないんですが、全てのサイズの器をスタッキングして持ち歩くことができる優れもの。革の巾着袋をDIYし、常にアウトドアでは持ち歩くことにしています。この器で食べると一味違いますよ。

その5 NATAL DESIGN(ネイタルデザイン)のアパレル G55パンツなど

言わずと知れたHAPPY でFUNなアイテムを揃えたガレージブランド。特にG55というパンツが個性的で愛用させて頂いています。

アウトドアでもシティカジュアルっぽく、しかもワイルドに演出できるので全ての商品が欲しいぐらい(笑)


お気に入りアイテムの購入場所は?

6475596737933

「sotosotodays (ソトソトデイズ)」神奈川県小田原にあるアウトドアショップ。アウトドアに精通したスタッフが親切丁寧に商品説明をしてくれる信頼できるショップです。
インターネットショップも迅速な対応で使いやすいので遠方の僕も毎日のようにチェック!していますよ(笑) レアな商品も多くたまーにお店に行くときは新鮮な気持ちになれますね。早くアパレルもはじめて欲しいな。

<sotosotodays 基本情報>
住所:神奈川県小田原市扇町2-32-6号
電話番号:0465-40-4410
営業時間:平日(月~金) 11:00~20:00
土・日・祝祭日 10:00~19:00
定休日:なし
https://sotosotodays.com/

積載と収納のポイント

キャンパーの悩みの種、積載のポイントは?

積載量の大きな車を使用しているので特に工夫はしていないが、走行の妨げにならないよう後方視界は常に確保するようにしています。

荷物は常に最小限にしますが、ウクレレは必ず持参します。ギアは機能やサイズより、雰囲気が大事なのでデカくても心惹かれるものを選択するようにしています。

最近はコールマンのヴィンテージクーラーにはまっています。

アイテムはどこにしまっていますか?

幸いにも収納に困らない場所を確保しているんですが、広すぎて収拾がつかなくなっているのも事実。整理整頓が苦手なA型です。

DIYで棚などを作るもののすぐに満杯になってしまうんです。キャンプ道具だけでは無く音響設備やら楽器もあるのでどうしたものか……悩んでいるところです。


@analogstyle1960kouさんに聞きたい!ココだけの話

 ワーゲンバスにはいつから乗っていますか?

ワーゲンバスは10年ほど前に手にいれたんですが、あまりの過酷さ(冷暖房無し、ステアリング重い、速度は遅い……等々)に乗らなかった時期もあります。

昨年、友人であるWAKA君に手をいれてもらい走る機会が多くなりました。今では冷暖房無、遅くても許せる人間的ゆとりができ(笑) 快適なバスライフを送っております。

錆は加工ですか?

ところどころサビが出てきたのでオールペンも考えたんですが、かなりの金額がかかるのでヤケクソながらサビ塗装をDIYしてみました。約1ヵ月の時間をかけてこの状態に。

ちょっとやりすぎ感があったけど、まあいいか!とあきらめました(笑) これって中毒になってどんどん過激になっていくのですよ!!!

検討している方は歯止めの効くうちにソコソコでやめることです(笑)

ワーゲンバスの中はどうなっているんですか?

koubu

2列目のシートを外し、5人乗りに登録変更をし、サードシートはベッドキットになっているので車泊の際はフラットなベッドになり快適な睡眠が可能。

shinku

車内は部分部分でDIYでウッド化しています。仕事は雑ですが、「味」という言い逃れをしてごまかしています。

最近は、取り外し可能なキッチン、シンクを自作したりしています。

キャンプの楽しみ方を教えてください

海へキャンプに行き、一緒にマリンアクティビティを楽しんでいます。サーフィンに行くときはだいたい前日の夜から出かけ、車泊して朝一から入水しますね。

海辺の素敵なキャンプ場は現在も探しているところです。波のある場所でキャンプを張れるところは関東では少ないのかな……どなたか教えて下さい(笑)

sup

それから最近SUPにハマっており、ハードボードとインフレータブルを購入し、もっぱら静水エリアで楽しんでいます。波乗りとは違いのんびりゆったりと散歩気分でいいですね。

夏のキャンプにオススメな曲を教えてください

The Skatalites、Carlton and the Shoes。オリジナルで演奏するくらい「スカ」が好きです。ジャマイカ発祥の音楽なので夏におすすめです。

sax

写真は長瀞オートキャンプ場で開催されたイベントで演奏させて頂いた時のスナップです。屋外で演奏させて頂く機会があるのですが気持ちいいですね~。

これからもキャンプフェスなどで演奏できるよう楽しんで演奏活動を続けたいと思います。

お気に入りのキャンプ場Best3

kibako

1位:ezBBQ country
2位:ふもとっぱらキャンプ場
3位:千葉白浜フラワーパーク

小田原のキャンプ場。まだオープンから数年ですが、いろいろなイベントを企画し工夫をされています。特にムササビの巣箱を設置しカメラを仕込んで生態観察をしたり、毎年キャンプ場内でフェスを企画したりと非常にアットホーム感満載のキャンプ場です。

今年も9月30日から2日間ウラヤマフェスティバルを開催するので興味のある方は是非!!

<ezBBQ country 基本情報>
住所:神奈川県南足柄市矢倉沢滝下2230
(カーナビは必ず「夕日の滝」に設定してください。住所では正しく設定できない場合があります)
電話番号:0465-46-7535 担当 邊見(へんみ)まで
受付時間:8:30~17:00(不定休)
https://www.ezbbq.com/country/

@analogstyle1960kouさんのような写真を撮る方法

サイトをおしゃれに見せるコツってありますか?

たくさん持っていくと収拾がつかなくなってしまいますので、あまりゴテゴテさせずにシンプルな感じにしています。

最低限必要なもの、クーラーボックス、ジャグ、コンロ、テーブル、チェアだけを配置する感じですね。

yakei

まあ、一番のオシャレポイント(?)はワーゲンバスですから(笑) それ以外は大してオシャレな小物も持ってないんです。ワーゲンバスの写真映えするデザインはやはりすごいですね。

最高の写真

これまでに撮った中で最高の写真を見せてください!

saiko

三浦のビーチで野営キャンプを仲間とした時に撮影したものです。大海原に一人波に浮かんでいます。

最後に

毎年、福生の横田基地で開催されている友好祭という大きなイベントでバンド演奏をさせて頂いております。今年も「エスカレーターズ」で出演させて頂くことになりました。

9月16日、17日の2日間開催されます。まだどちらの日程で演奏するかは未定ですがお時間があれば是非、ご来場ください。

おわりに

アレンジしたワーゲンバスと、「自分が心惹かれるか」で選び抜かれたギアは、どれもkouさんのスタイルの鍵となっていますね。音楽、マリンアクティビティとライフスタイルも幅広く楽しまれているからこそ、自由なキャンプスタイルが生まれます。

皆さんも値段やスペックじゃない、自分の感性でギアを選んでみてはどうでしょう? きっとドキドキするキャンプライフが待ち受けていますよ。

あなたのキャンプスタイルをCAMP HACKが記事にします!

camphack_img_2
みなさんのこだわりのキャンプサイトをCAMP HACKで紹介しませんか?

インスタグラムでCAMP HACK公式アカウント(@camp_hack)をフォロー、そしてハッシュタグ『#camphack取材』を付けて投稿するだけでOK! 私たちが取材し、あなたのキャンプスタイルを記事にします!

他の取材記事はこちら


関連する記事

yakei
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE