忘れられない香りとおいしさ!「竹ご飯」にチャレンジしてみよう

素朴ながら上品な香りの竹ご飯。懐かしい~と思う方も、多いのではないでしょうか。難しそうなイメージですが、材料さえ揃えばやり方は案外簡単。行程もイベント感があって盛り上がる竹ご飯、その作り方とポイント、材料の調達方法などをご紹介します!


アイキャッチ画像出典:ゲストハウス・コドコド

竹ご飯、食べたことある?

竹ご飯
炊飯器や土鍋では出せない、あの独特の上品な香りが特徴の竹ご飯。材料と場所さえおさえれば、案外手軽にできるのをご存知ですか? おいしいだけでなく、自然の素材を使った料理という点もアウトドア感満載。そんな竹ご飯の作り方をご紹介します。

竹ご飯には、どんな竹が良い?

どんな竹が良いか
竹ご飯には、真竹か孟宗(もうそう)竹を使います。どちらでもOKですが、孟宗竹のほうが真竹より肉厚で、火にかけるのには適しているそう。人数によっても違い、2人程度なら真竹、4人以上なら太めの孟宗竹がおすすめです。

ポイント:青竹を使う

青竹
出典:竹材専科
古く乾燥した竹は、ご飯が炊ける前に竹自体が燃えてしまいます。竹ご飯に使う竹は、切り出したばかりの若い″青竹″を使いましょう。

さあ、さっそく竹ご飯の作り方をチェック。まずは、容器の準備からです!


竹ご飯の作り方

お米の投入口を作る

切り込みを入れる
出典:自然生活
用意するのは、かまどや焚き火台など火にかけるものに合う長さの竹。お米と水の投入口になる部分に、浅く鋸目を入れます。

ポイント:少し斜め内側に

両サイドとも、気持ち斜め内側に切込みを入れると後で蓋が外しやすくなります。あまり深く切り込むと炊くときに水がこぼれてしまうので注意!

割る
出典:自然生活
切り込みの端から端まで、竹の繊維にそって割っていきます。ドライバーなどで押すような感覚で切っていくと、スムーズにできますよ。

蓋
出典:自然生活
割り取った部分は、飯ごうの蓋として使います。

お米と水を入れる

米
出典:自然生活
真竹なら2合(約2食分)のお米をとぎ、1時間くらい水に浸けておきます。その間に、火を焚き付けておきましょう。竹にお米を入れ、お米から上1~1.5cmを目安に水を入れます。

ポイント:底を均一に!

お米と水を入れた後、軽く左右に揺するようにするとお米が底全体に行き渡りますよ。

火にかける

火にかける
最初は蓋を取った状態で火にかけます。中のお米が底に均一に行き渡っているのを確認してから蓋をし、隙間から泡がたち始め30分ほど火入れを。泡がおさまってきたら、火の中心から離して蒸らします。


ポイント:炊飯中は蓋を開けない!

焦げてないかなどつい気になって蓋を開けると、温度が下がって芯まで火が通らなくなってしまいます。約30分、グッとこらえて待ちましょう。

炊き上がり
出典:自然生活
10分ほど蒸らして蓋を開ければ、ふっくら炊き上がっています! 素朴ながら上品さを感じるあの香りに、感動すること間違いなし。慣れたら五穀米や古代米にしたり、炊き込みご飯などのアレンジに挑戦するのも良いですね。

竹ご飯用の竹って、どこで手に入るの?

伐採
出典:自然生活
竹ご飯をやるには竹が必要なわけですが、近くにこんな気軽に伐採できる竹林はなかなか無いですね。実は竹は、ネットでも手に入ります。

竹材専科
出典:竹材専科
一本からの注文も受け付けているという竹材専門のショップ「竹材専科」。その他ECショッピングサイトでも取り扱いがあるようです。
ITEM
真竹(青竹)
●サイズ:直径5~5.9cm×長さ1~2m

施設でイベント体験という手も

体験
キャンプ場や自然体験ができる専門施設などで、イベントとして竹ご飯体験ができるところも。近くで主催しているところを見つけて、出かけてみるのも楽しそうですね。

ふっくらツヤツヤ!″竹ご飯上手″たちのお手本集

竹で鮎飯。たまらなくおいしそうです。こんなアレンジメニューにもチャレンジしたい!

炊き込みご飯も。竹の香りで、いつもよりもっとおいしくなりますよ!


竹ご飯にチャレンジ!

img_0788
独特の香りがお米のおいしさを引き立ててくれる、竹ご飯。この夏お子さんの自然体験として、一緒にチャレンジしてみるのはどうでしょう? 大人も子供も、いつもよりたくさん食べてしまうかもしれませんね!

チャレンジレシピに興味があるなら・・・

牛乳パックを使ってホットドックを作るアウトドアチャレンジレシピ「カートンドッグ」もおもしろい!

Challenge! Cook Rice With Bamboo!

竹ご飯にチャレンジだ!

紹介されたアイテム

真竹(青竹)

真竹(青竹)

¥432 税込

関連する記事

48887f08
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。7歳と5歳の珍獣系の息子たちに振り回されつつ、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う日々。新しいテントを、絶賛物色中。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE