試してみたい!キャンプ&BBQで盛り上がる「赤身肉」のおいしい焼き方

ステーキ肉をちゃんと美味しく焼きたい!そんな願いを叶えるコツを教えます。なかなか難しい印象のある「赤身肉の焼き方」ですが、コツさえ守れば厚いお肉でも旨味をしっかり中に残しながら焼けるんです!キャンプ&BBQでおいしい赤身肉を食べましょう!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

おいしい赤身肉って難しい?

From PIXTA
出典:PIXTA
ちょっと分厚い赤身のステーキ肉を美味しく焼くのって難しいと感じている人は居ませんか?ただ焼くだけでなく、ちょっとしたコツと手順を守ることで、実はお店のようなステーキがキャンプやBBQでも簡単に作ることができるのです!

焼く前の4つのポイント

ポイント① クーラーから30分前に出して焼く前に常温に戻す

From PIXTA
出典:PIXTA
まず、やりがちなのは冷蔵庫を出してすぐに焼くこと。これは、フライパンの温度が急に下がって焼きムラの原因に…。調理の30分前に冷蔵庫から出して常温に戻しておくことで解決します。もし、肉を冷凍しているのなら、急に常温に置くのではなく冷蔵庫での解凍後、常温に戻して下さいね。

ポイント② 肉の表面にオリーブオイルを塗る

From PIXTA
出典:PIXTA
赤みは脂肪分か少ない分、パサつきやすい一面があります。そこでひと手間!オリーブオイルを塗り、表面をコーティング。そうすることで、少ない油分をカバーししっとりと焼き上げるとともに、焦げ付き防止にも一役買ってくれます。


ポイント③ 塩・こしょうは焼く直前にふる

From PIXTA
出典:PIXTA
いかに肉汁を閉じ込めることができるのかが出来上がりを左右する赤身肉は、調理の直前で塩・こしょうを振るようにしてください。美味しさの元となる肉汁をしっかりキープすることができます。

ポイント④ フライパンはアツアツに熱しておく

ここまでの下準備で肉汁を閉じ込める準備はできました。それを一瞬で閉じ込めるためにも一気に焼き目をつける必要があります。そのため、フライパンは「ジュッ!」音がするくらいアツアツにしておくことが大切なのです。

焼く順番のポイント

①片面を強火で30秒~1分焼く

From PIXTA
出典:PIXTA

②弱火で1分焼く

From PIXTA
出典:PIXTA

③片面を焼いたら、ひっくり返すのは1回だけ

 

④裏返したら強火で30秒焼く

From PIXTA
出典:PIXTA

⑤弱火に落として1~2分焼く

好みの焼き上がりに仕上げるために、焼く時間を調節してください。どの焼き方でも共通なのは一度しかひっくり返さないこと。美味しい肉を焼くコツは、じっくり待つことが一番重要なんですね。

ちなみにこれは基本ですが、ステーキの焼き上がりには、柔らかい順番に①レア②ミディアムレア③ミディアム④ウェルダンの4つがあり、レアが一番生に近くウェルダンはしっかり火が通った状態になります。


焼き終わったあとのポイント

ここが重要!アルミホイルで包んで3~5分寝かせる

6 時間通りに焼いて、すぐ食べてはダメ! アルミホイルにしっかり包んで3~5分寝かせることで余熱でじっくり火が通り、肉汁を留めることができます。お店の味に近づけるポイントです。柔らかく仕上げることができるので、ぜひチャレンジしてみてください!

美味しい赤身肉でワンランク上のBBQを!!!

撮影:編集部
美味しい赤身肉を焼けるテクニックに難しいことは一つもありません。一度焼いたら、自然と次もできてしまうほど分かりやすく簡単なものばかり!自分へのご褒美に、パーティーの目玉にと美味しい赤身肉をぜひで楽しんでくださいね。

BBQ changes with authentic steak!

本格ステーキでBBQが変わる!

関連する記事

From PIXTA
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
toto7

アウトドア好きの旦那さんを先頭に、少しずつファミリーキャンプにチャレンジしています。シンプルで機能性の高いアイテムが大好き!子どもの成長に合わせながら、アウトドアを楽しむことがモットーです!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE