ドッペルギャンガーアウトドアの「イレブンベース」を設営してみた!

CAMPHACK×LANTERN連携記事がスタート!実践派アウトドアメディアサイトLANTERN編集部がセレクトした、キャンプギアや特集記事、キャンプ場記事をCAMP HACKで紹介します。


ランタン編集部が設営!

突然ですが、テント+@となったら皆さんは何をお使いですか?

テント+タープ
タープが日差しを遮り、日陰を作り、風を浴びて過ごす爽快さが良いですよね。ただ、虫が嫌い、寒いと感じる人も多いと思います。

テント+シェルター
タープと違い、メッシュ窓で虫の浸入や雨風の侵入を防ぎ、快適空間が作れます。
ただ、テントの次にシェルターも設営すると面倒、荷物が嵩張るという人もいるでしょう。

今回、編集部は両方のいいとこどりのドッペルギャンガーアウトドアの大型スクリーンタープテントをご紹介します。

ドッペルギャンガーアウトドアって?

topcamatake
カマボコテント2やタケノコテントなどをリリースし、どちらも入手困難なほど人気沸騰中のブランドです。

関連記事
【編集部レポ】人気沸騰!カマボコテント2とタケノコテントを実際に見てきました!初お披露目アイテムもこっそり載せました。
【発売前から予約殺到!】ドッペルギャンガーアウトドア・2016年春リリースのカマボコテント。グルキャン、ゆったりファミリーキャンプにもってこいのカマボコテント。その実力はいかに!?


大型スクリーンタープテント「イレブンベース」って?

top_band_01

約11.4畳もの大きな日陰を作り出す、オールシーズン対応のスクリーンタープです。全面をメッシュにして夏でも風通しよく快適に過ごすことが可能。フルクローズ状態にすればプライバシーを保ってテントのように使用することもできます。
オフィシャルサイトより

早速、設営してみた!

収納サイズは、(約)W240×D240×H640mm

dsc_0713_r1 350ml缶と比較してわかるように、だいぶ小さい感じがします。重さは10.2kgなので女性でも持ち運びができますね。

本体とフレーム、ペグを取り出す

dsc_0714_r1
本体はベージュにオレンジ、フレームとペグの収納袋はブラックにオレンジです。色使いが格好いいですね。

本体を広げます

dsc_0731_r1

スリーブにフレームを通します

dsc_0733_r1dsc_0736_r1
中央に3本のフレームを通す天井ループがあります。

立ち上げます

dsc_0743_r1
立ち上げる時は、中に一人入り、中央部を押し上げます。

フレームを差し込む

dsc_0746_r1dsc_0748_r1
高さ230cm(最高部)のドーム型のスクリーンタープが立ち上がります。

ペグ打ちし、完成

dsc_0787_r1
設営にかかった時間は15分程度。慣れるともっと早くできますね。

設営を終えて、3つの注意点

注意点1 勘違いをしていた

c1
真上から見たら、上記図のようになっているものと勘違いをしていました。
本当は。

c3
ホームベースの様な5角形になります。
赤線の面を出入り口することで、より広いスペースを確保できます。

注意点2 立ち上げは2名以上でやるべき

dsc_0742_r1
写真のように、一人で立ち上げようとすると、フレームに大きな負荷がかかってしまいます。
中に、一人入り、天井部分を押し上げましょう。

注意点3 入り口幕を巻き留めるのは2か所ずつ、入り口が低い

c4
幕を巻きとめるのは、赤色の部分です。1辺の長さに対し、2か所は少ないと感じました。また緑色を見て頂くと分かるように、入り口の高さは150cm程度でしょうか。中に入るのに屈む必要があります。

息子との設営(リベンジ編)

本体を広げます

dsc_0826_r1-1

フレームを通す

dsc_0834_r1-1dsc_0835_r1-1dsc_0836_r1-1
<フレームを通す際の注意>
・フレームの先が尖っていない方を通すこと
・天井ループを通すこと
・フレームを黒い受け口に差し込むこと

立ち上げる

dsc_0840_r1-1dsc_0839_r1-1
<立ち上げ時の注意>
・一人で立ち上げようとしないこと
・タープ内で一人が天井部分を押し上げること
・フレームの尖っている方をグロメットに差し込むこと

3辺を見比べる

dsc_0842_r1-1dsc_0843_r1-1dsc_0844_r1-1
真横から見ると一番上の写真だけ、違うのがお判りでしょうか?
これを入口にすることで、タープ内の広さを最大化できます。

イレブンベースの3つの特長

特長1 色々なスタイルができる

▼入口だけOPENにし、その他はクローズするスタイル。

dsc_0854_r1-1
▼メッシュにし、風通しをよくするスタイル。

dsc_0857_r1-1
▼フルオープンにするタイプ。

dsc_0864_r1-1
シチュエーションにあわせ、スタイルを変えられるので便利です。

特長2 スカートがある

dsc_0848_r1-1
外気温が低い日や、風の強い日などに重宝しますね。

特長3 ランタンフックがある

dsc_0874_r1dsc_0875_r1
タープ内に合計7カ所のランタンフックがあります。

編集部より ファミリーやグループキャンプにお勧めなタープです!

dsc_0867_r1-1
2度目の設営になると、子どもと二人で10分程度で完成できました。
設営が簡単で、これだけ大きなスペースを確保できるのは嬉しいですね。
さらにオープン、メッシュ、フルクローズなど、色々なスタイルに変更できることで、オールシーズン使えるのは大きなプラス。
あえてマイナス点をあげるとすると、付属のペグが弱いことと土汚れが目立つことくらい。
緩い地面の時は、付属のペグよりも長いペグが必要になります。また汚れに関しては、固く絞った布で拭き取りましょう。

商品情報

サイズ:(約)W5500×D4600×H2300mm
収納サイズ:(約)W240×D240×H640mm
重量(付属品含む):(約)10.2kg
最低耐水圧:2,000mm
材質:生地:150Dポリエステル(防炎&UVカット加工済み)、ポール:アルミニウム
UVカット:UPF50+
付属品:ペグ、ストームロープ、専用キャリーバッグ、取扱説明書

【LANTERNのおすすめ関連記事】
編集長がコールマンのコクーンⅡを購入!コールマンのフラッグシップモデルテントは何がいいのか?
【ノルディスク】ウトガルド13.2で過ごすナチュラルキャンプ
【CAMP SMILE STYLE】お気に入りのモンベルムーンライト7テント

LANTERNはこちら

Lantern

キャンプ情報メディア「ランタン」は、現場で役立つキャンプ術、キャンプ用品のレビュー、アウトドア関連のイベント情報などをお届けします。独自取材の体験レポートやキャンプスタイル、地方の魅力を発信するコンテンツもお見逃しなく!