燻製器を自作しよう!100均素材で簡単・安価にできるアイデア5選

燻製器を自作して、いつでも燻製を楽みましょう。100均素材で安価で簡単にできる自作燻製器を紹介!アイテムチョイスと工夫次第でおいしいスモーク料理をキャンプで楽しむことができますよ。すぐに作ることができるので、ぜひ挑戦してみてください!


アイキャッチ画像出典:燻製いんふぉ

簡単&安い!燻製器を作ってみよう!

スモークチップのブレンド 出典 : Gaspo
「燻製」というと専用の道具が必要なのではと思いがちですが、じつは身近にある素材で簡単に調理が可能。とくに街のあちこちにある「100円均一ショップ」は自作燻製器素材の宝庫です!
スモークチップで燻製をつくる 出典 : SOTO
燻製は、食材を煙で燻すこと。要はその煙が滞留する空間を作ればいいので、工夫次第で100均素材でも自作燻製器を作ることができるというワケです。ちなみに一言で「燻製」といっても、燻煙材と燻製の方法にはいくつか違いがあるのでご紹介します!

■燻煙材の違い

燻製器で利用するスモークチップ
手前がスモークチップ、奥の棒状のものがスモークウッド
出典 : ぐるなび てまひま酒場 みよし

スモークチップ……木をチップ状にしたもの。チップに火を着けるのではなく、燻製器の底に置き下からバーナーなどの熱源で加熱することにより煙を発生させます。

スモークウッド……粒子状にした木材を圧縮して固め、棒状にしたもの。直接火を着けて使うタイプで、一度火を着けると一定量の煙を放出し続けます。


■燻製の方法

燻製の方法
左がスモークチップを火で炙る熱燻、右がスモークウッドに直接着火し燻す温燻
出典 : SOTO

熱燻……バーナーなどの熱源を使い、食材を炙りながら燻製する方法。燻製器の中を高温(80~120℃ほど)で数分~2時間ほどで仕上げることができ、食材はかなり水分が残りジューシーな仕上がり。ウッドチップの使用が適しています。

温燻……30~80℃ほどの温度で、1~2時間燻煙する方法です。食材は程よく水分が抜け、できあがりもやわらかく仕上がります。直接火を着けるスモークウッドが適しており、熱源がいらないので手軽に楽しめます。

冷燻……低い温度でじっくりと燻す方法です。燻製時間は数週間に及ぶものも。食材の水分を飛ばすので、保存食作りに適しています。上級者向け。

汚れは落とすことはできますが、匂いは簡単に落ちません。そのため、ふだん使いの鍋ではなく、燻製用の器具を準備しましょう。その点でも100均素材なら気軽に購入することができていいですよね。それでは100均素材を上手に使った自作燻製器のアイデアを紹介します!

段ボールなら燻製スペースも広々!

燻製しているイメージ

蓋を閉めて燻製すれば、こんなにおいしそうなスモークチーズのできあがり
出典 : 段ボール箱で燻製

必要な道具は、段ボール、バーベキュー用網、カッターのみ。段ボールの側面に切り込みをいれ、バーベキュー用網を差し込むとっても簡単な自作方法です。

ポイントは段ボールの開口部よりも大きなバーベキュー網を用意することですが、網が小さければ棒を渡してその上に網を置いてもOK。しかも一度にたくさんの食材を燻製することができるのでおすすめです。

ただし段ボールで燻製を行う場合は、熱源のいらないスモークウッドを使用すること。食材によっては油がスモークウッドに垂れて着火することも。火の扱いにはくれぐれも注意してくださいね!

総額400円で揃ってしまう自作燻製器

100均DIY 燻製器の材料
底の深い「片手鍋」と、お菓子作り用の「粉ふるい」「スポンジ型」、そしてフタの4点。これらすべてが100円均一ショップで手に入る道具たち。

100均グッズで燻製器を自作
底に燻製チップを敷いて、その上に粉ふるいを乗せます。

100均グッズで燻製器を自作 燻製チップの上に粉ふるいを
そしてこの上にフタをすればあっという間に煙の回る空間がしっかり広い燻製器の完成です。

100均グッズで燻製器を自作 粉ふるいに蓋をすれば完成
ガッチリとハマるわけではなく揺れには弱いので、しっかり見守りましょう。直径18cmほどで食材を置くのは粉ふるいなので深さはありません。ですのでこれは小物の燻製器として活用できそうです。


ステンレスボウルで重ねるだけ自作燻製器

ステンレスボウル2個で焼き網を挟んで作成するなんとも簡単な自作燻製器です。下のステンレスボウルにスモークウッド、網の上には食材を置き、煙が滞留するようもうひとつで蓋をするシンプルな方法。

こちらも素材を重ねるだけなのでとても簡単!スモークウッドに着火して燻製しますが、ボウルは素手で触ると火傷の危険があるので要注意。
より大きな空間を確保して煙を滞留させるため、100均で土鍋を2つ手に入れ、本体側のみ使用する自作燻製器というアイディアもあります。

真ん中に挟んだ網の部分から煙が逃げるので、すべてセットした後はアルミホイルで覆ってしまうのもポイント。ウッドチップで熱燻ができますが、加熱しすぎには注意してください。

汚れが落ちやすいテフロン加工のケーキ型

燻製器に必要なものは、100均で集められます!
必要なものはほとんど100均で手に入ります
出典 :  欲しいモノの情報をネットで調べてまとめる
燻製は1時間ほどでできます1時間~1時間半ほどで燻製完了!きれいに色付きます
出典 :  欲しいモノの情報をネットで調べてまとめる
この燻製器で使用したパウンドケーキ焼型のいいところは、テフロンコーティングされており、汚れが落ちやすい点。長めの食材も燻製しやすいですね。熱源がなくても燻製できるスモークウッドで燻していきます。

自宅での煙対策にも100均が使える!

アルミパネルをレンジフードに被せ煙を逃さない
自宅のキッチンで燻製をする場合、気になるのが煙の匂い移り。自宅で燻製を行う際は、煙を多く換気扇に導くのが重要になってきます。そこで役立つのが100均のガスコンロ用のアルミパネル。これをレンジフードとして取り付ければ煙を逃さない傘となってくれます。

100均の磁石でアルミパネルを固定
取り付けに使う磁石も100均で手に入る「ネオジム磁石」。強力な磁石なので安定してアルミパネルを固定してくれます。燻製をやっていく中でこういったアイディアも生まれてくるんですね。

100均素材の自作燻製器で、キャンプでおいしいスモーク作り!

燻製ってけっこう難しいのかな、なんてイメージは吹き飛びましたか?100均素材でもアイテムのチョイスと工夫次第で気軽に燻製器を作ることができるのです。次回のキャンプは自作燻製器でおいしい一品を作っちゃいましょう!

Make a Smoker!
燻製器を作ってみよう!

 

関連する記事

img_0701
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE