バイクでキャンプに行く前に!林道走行の基本テクを教わろう

キャンプ道具を積んでバイクツーリングをする…男性なら憧れたことがあるのでは?その憧れ、練習して叶えましょう!YAMAHAが開催している初心者向けのスクールイベントでは迫力のオフロードコースを堪能&練習できちゃいます。基本テクを学んでいざツーリングへ!


オフロードバイクを体験してみない?

何年か前ならバイクとすれ違うこともなかった林道ですが、今はキャンプ道具を積んだオフロードバイクがトコトコとすれ違う姿を見かけるようになりました。林道を走って、山奥のキャンプ場へ……とっても楽しい休日ですね!

でも、舗装路とは違って、舗装されていない林道は走り方にもコツがあるんです。

そこで、夏のキャンプ&ツーリングの前に、オフロード走行を学べるイベントに参加してはどうでしょう。

YAMAHAが開催している初心者対象のイベントがあります

1-img_7201
YAMAHA RIDE ON DIRTは、オフロード未経験・初心者対象のスクールイベントで、全国で開催されています。

ヤマハのイベントですが、他メーカーのバイクを持ち込んでもOK。「これからオフロードバイクを買うんだ!」という人は、レンタルもできます。

2-img_7186
6月、埼玉・オフロードヴィレッジで行われたYAMAHA RIDE ON DIRTでは、新潟など遠くからのライダーも参加していました。


安全に楽しく走るためのコツを教えてくれます

3-img_6963
準備運動をしたら、まずはオフロードでの止まり方の練習です。なるべく身体を前に倒すといいんですって!

4-img_6960
ひとりずつの走り方をしっかり確認してくれて、個別にアドバイスをしてくれます。自分の癖を客観的に教えてくれる機会なんてそうそうありません。これは貴重な体験ですね。

初心者の方もどんどん成長

そうこうするうちに、最初はそろりそろりと走っている参加者たちですが、2巡目、3巡目と回数を重ねるごとに慣れていったようです。

5-img_7058
止まることに慣れたら、次のステップはスラローム。パイロンと反対側に腰をずらして回ります。オフロードバイクは身体全体を大きく使うんですね。

6-img_6994
スラロームに苦労する生徒さんたちを前に、先生が「パイロン側の足はつま先を内側にして前に出してください。つま先が外側だと膝を痛めることがあるんですよ。ステップに乗せる足もつま先を内側に向けると操作しやすいんです」とアドバイスしてくれました。これだけで乗り方がずいぶん変化が見られます。

7-img_7087
休憩を挟んだら、いよいよコースへ。先生が試走しているのを見ると、テンションがあがります。

8-img_7152
アップダウンはそれほどありませんが、デコボコ道のコースは舗装路とはまったく違った感じです。止まる・曲がるという習ったことを思い出しながら自分のペースで練習します。ときどき転倒している人もいましたが、地面はふかふかなので思ったほど痛くありません。

実際の動画がこちら

まったくの初心者もいましたが、それでも2時間でこのとおり。「もっと練習したい」という声が飛び出すほどでした。


キャンプ&ツーリングへの憧れは、練習して叶えよう

9-img_7200
YAMAHAポーズを決めてくれたのは、関東エリアのインストラクターを務めているというモトショップ鷹のおふたり。

林道は楽しいけれど、携帯電話が通じない場所があります。
ひとりで走っていると、転倒などトラブル時に連絡が取れなくなる場合があるので、何人かいっしょに出かけてください。そして、最初にスクールで基礎を学んでおけばより安全に林道を楽しめますよ。

今後の予定は、
7/2 宮城県:スポーツランドSUGO
7/9 栃木県:日光・まなかの森キャンプ&スパリゾート
11/26 愛知県:SRAMパーク瀬戸
などで開催予定です。

詳しくはこちら

ほかにもスクールを開催しているモトクロスコースやバイクショップがあるので、ぜひ基礎テクニックを学んで、安全なキャンプ&ツーリングを楽しんでください!

First of all it’s a challenge!

まずは挑戦だ!

関連する記事

8-img_7152
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
大森弘恵

フリー編集者、ライター。〔おひつじ座 × A型 × 我が道をいくライオン〕

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE