フィールドライフの欲しくなる国産キャンピングカー代表車種紹介!

フィールドライフは、国産キャンピングカーの製造から販売まで行っているブランドです。憧れのキャンピングカーだけど、どれを選べばいいのか解らないという方に、バロッコやルーツなどフィールドライフのおすすめキャンピングカーをご紹介します。


※2017年7月26日から施行の法改正により、8ナンバー以外の車両の、横向きシートが製造禁止となりました。紹介しているキャンピングカーの中にも対象のものが含まれている場合がありますので、ご了承の上ご覧ください。
アイキャッチ画像出典:フィールドライフ

フィールドライフってなに?

フィールドライフのココワゴン画像
フィールドライフは、約30年続くキャンピングカーのビルダー。ユーザーからの意見を取り入れながら、進化した車を提案し続けています。せっかく買うなら飽きずに長く乗りたい! そんな気持ちにこたえてくれる会社です。
では早速、フィールドライフの特徴をみていきましょう。

安心品質の国産キャンピングカー

キャンピングカーは「非日常」を味わうためのもの。だからこそ安心して乗れるのは大切。フィールドライフでは、国産車にこだわって社内で一貫して製造をおこなっています。購入後の修理や車検などのアフターフォローも充実していて、すべてを任せられる懐の深さがあります。

キャンピングカー界の開拓ビルダー!

世界初の軽キャンピングカーを開発したり、マイクロバスをベースとした「セミフルコン」というカテゴリーを生み出すなど革新的な働きがまさに開拓者。会社のブログを見てみると、常に新しいことに取り組んでいるのが分かります。

オリジナルキャンピングカーが作れる幅広いオプション!

定番のFFヒーターや冷蔵庫、エアコンなどはもちろんのこと、インテリアなどのオプションも充実しています。その一つ一つはよく吟味され、使い勝手を考えて工夫されています。例えば、エアコンの室外機は専用カバーを用意し、ルーフに設置できるようにしてくれるんです。

フィールドライフ代表車種3選【軽キャンパー】

cats
軽自動車がベースの軽キャンパーは、日本で大人気のカテゴリー。パッと見た感じは普通の車で、アウトドア以外にも街乗りで使いたいなという人におすすめです。

フィールドライフの軽キャンパーは、ルーフテントが装備されているのが特徴。ルーフを広げると2段ベッドのようになります。小さいのに、4人寝られるってすごいですね。

バロッコ

フィールドライフのバロッコ画像
フィールドライフのバロッコ室内画像
とにかくスタイリッシュな雰囲気のインテリアに目を奪われます。ボディカラーも8色あり、人とはちょっと違う雰囲気が好きという人は、カーキやブルーなど個性的カラーを選んでみましょう。コンパクトで機能的なので、女性や20代のオーナーが増えているというのもうなづけます。

<バロッコのスペック>
●ベース車輌 :ダイハツハイゼット キャンパー特装車
●全長×全幅×全高(mm) :3395×1480×1980
●乗車定員/就寝定員 :4 / 4
●金額 :\3,031,000~

コング

main
フィールドライフのコング室内画像
本格派ならこちら。ベースとなっているスズキエブリィはクラストップレベルの広さ。それに4WDやターボ、5速MTなどたくさんの選択肢もあって、理想のアウトドア仕様を実現することができます。

ポップアップルーフは、女性でも簡単に操作できちゃいます。室内高が大きく広がり、立ったままで着替えができるのは快適です。

<コングのスペック>
●ベース車輌 :スズキエブリィバン ハイルーフ
●全長×全幅×全高(mm) :3395×1475×1950
●乗車定員/就寝定員 :4/2+小人2
●金額 :\2,463,000~

COCOワゴン

フィールドライフのCOCOワゴン画像
フィールドライフのCOCOワゴン室内画像
普段使いもガンガンしたいならCOCOワゴンはどうでしょう? キャンピングカーでありながら、街乗りメインとして開発されています。広さがあるので、子連れキャンプにも使いやすいですよ。

ルーフをしまえば高さ2m以下になり、立体駐車場でも安心。無駄なものが付いてなく、オプションで必要な設備だけ選ぶシンプルさも魅力。

<COCOワゴンのスペック>
●ベース車輌 :スズキエブリィワゴン
●全長×全幅×全高(mm) :3395×1475×1980
●乗車定員/就寝定員 :4/2(OP+2)
●金額 :\2,270,000~

フィールドライフ代表車種2選【 セミフルコンバージョン】

フィールドライフのROOTS画像
マイクロバスをベースにボディカットしているセミフルコン。純日本製のキャンピングカーの中で最高峰の高級感溢れるカテゴリーです。広さやインテリアは輸入車のようであり、さらにはマイクロバスをベースにしているので乗り心地も快適です。

シリウス 6.7

フィールドライフのシリウス画像
フィールドライフのシリウス室内画像
ラグジュアリーなインテリアは、まさにこだわりの一台。大型の収納スペースには、ロードバイクやキャンプ用品も楽々収まります。2ルームにすることもできるので、家より快適!?

<シリウス 6.7のスペック>
●ベース車輌 :三菱FUSOローザ 特装車
●全長×全幅×全高(mm) :5980×2100×3150
●乗車定員/就寝定員 :9/6
●金額 :\12,060,000~

ルーツ オリジナル

フィールドライフのルーツオリジナル画像
フィールドライフのルーツ室内画像
アメ車並みの広さで、大人が6人乗車ができます。キッチンスペースがとっても広いので、料理が楽しくなりそうですね。

<ルーツ オリジナルのスペック>
●ベース車輌 :ニッサン シビリアン
●全長×全幅×全高(mm) :5650×2100×2800(5.6 model)
●乗車定員/就寝定員 :6/6
●金額 :\9,801,750~

フィールドライフのキャンピングカーはどこで買える?

キャンピングカーパーク画像
直営の販売店「キャンピングカーパーク」は、都心から1時間ほどの群馬県渋川市にあります。1500坪の敷地には、フィールドライフ製のキャンピングカーはもちろん、輸入モデルや中古車なども展示されています。隣接してRVパークもあるので、ドライブ気分で行ってみてはどうですか?

フィールドライフで相棒を手に入れよう!

キャンピングカーパークの画像
フィールドライフのキャンピングカーは、ユーザーに寄り添った細やかな気配りや工夫に溢れています。長く付き合っていくにはそんな優しい相棒を選んでみませんか?

I wanna travel across Japan by RV of “Field Life“! 

フィールドライフのキャンピングカーで日本横断がしたい!


関連する記事

02
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
西野若菜

2歳と5歳の二児の母。息子は生後6か月からキャンプデビュー。 趣味は、料理すること食べること。いつかはベーコンも作ってみたいな。 キャンピングトレーラーで北海道に行きたい!!ので、コツコツ貯金中。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE