日本初!”テスラ対応”のやすらぎの森オートキャンプ場って?

最先端の技術を取り入れたキャンプ場は、長野にありました。電気自動車が数を伸ばしてきた近年、充電ができるかできないかという問題はとても重要なポイント。いろんな施設の中でもキャンプ場は遅れをとっている現状ですが今回紹介するキャンプ場は一味も二味も違うんです。


アイキャッチ画像撮影:編集部

「電気自動車でキャンプ」が夢じゃなくなる

470743
_image-1
自動車会社「テスラ」からクロスオーバーSUVが発売され、話題となっています。7名乗車ができて、収納スペースもたっぷり。しかも、バッテリー容量アップで最高航続可能距離が500kmオーバー!

470744
それに、モデルXオーナーはテスラのスーパーチャージャー利用が無料! キャンパーにとっても、じつに魅力的なクルマですね。

でも、いくら航続可能距離が伸びても、充電の不安はつきまといます。

テスラ”モデルX”の発表は、今後電気自動車でアウトドアに出かける選択肢が広がったことを意味しているのではないでしょうか。けれども、従来のガソリンスタンドに比べると、充電ができる設備はまだまだ整っているとは言えません。

やすらぎの森オートキャンプ場では、いち早くテスラ車の充電器を導入することによって、テスラ車オーナーがアウトドアに出かける選択肢を持つことができればと考えました。当キャンプ場は東京・名古屋からも300kmの圏内にありますので、途中で充電することなくお越し頂けますよ。もちろん、ガソリンスタンドも車で3分の距離にありますので、テスラオーナーではない方も安心してご来場頂けます。

と教えてくれたのは、やすらぎの森オートキャンプ場を運営するNature Serviceの赤堀哲也さん。

意欲的な取り組みを行う「やすらぎの森オートキャンプ場」

1-main
テスラ デスティネーション チャージングプログラムに加盟したやすらぎの森オートキャンプ場。テスラでキャンプを後押ししてくれました。0-sub2
看板にもTESLAの案内(赤い看板)がなされてあります。

いち早く意欲的な取り組みを行った「やすらぎの森オートキャンプ場」ってどんなところなんでしょうか?


新装オープンしたばかりのキャンプ場

長野周辺のキャンパーならピンと来たかもしれませんが、こちらのキャンプ場、じつは2012年に閉鎖されていたんです。指定管理者から部分業務委託を受けたNature Serviceが2016年に新装オープン。

2-34202326890_e4cff2118e_z
赤堀さんによると、みんながもっと自然に親しみ、そして地元に暮らす人々が地元の魅力を発見できるキャンプ場を目指して運営をはじめたそうです。

3-34547134026_1d0c3d9aa4_z
「得意を持ち寄りキャンプ場を作ろうプロジェクト」という名のもと、さまざまなプロが集結。皆で楽しみながら管理・運営しているそうです。やっぱりスタッフが楽しそうなキャンプ場は、心地よく過ごせますよね。

見えないところで最先端を行くキャンプ場

4-sub1
敷地は東京ドーム1.8倍! ドッグランや森の中の散策路など、自然を生かしたつくりが自慢です。「快適すぎない楽しさ」を味わえるキャンプ場なんですが、フリーWi-Fi完備で、インターネットに接続されたインターホンなどIoT機器を導入することで無人チェックインができるなど、見えないところで最先端を行くキャンプ場でもあるんです。

5-26669948020_99eea5c7a3_z6-32352603911_3875a70d5a_z
日本ではまだ珍しいRVフルフックアップの設備(キャンピングカーの性能を満足させる、電源・水道・排水口の設備)もスタンバイ。1泊1区画入場料+6000円です。テスラだけではなく、本格キャンピングカーユーザーも満足ですね。

12-29308474012_291ab7e394_z
広大なフリーサイト。思い思いのスタイルでキャンプを楽しめます。赤堀さんによると、妙高山と黒姫山の間に沈む夕日が絶品なんですって!

7-31630677074_924da2f8a6_z
奥には自然豊かなワイルドサイト。1泊2日の貸し切りで1万3000円(別途入場料必要)なので、友達とワイルドに楽しむとよさそう。

8-32528686933_a7b4d33224_z
1日1組限定のプレミアサイト。テントは自分で持ち込みます。こんな大型テントを張っても余裕です。



9-29189034096_61a3bd0e52_z
売店はタープの下。燃料やオリジナルTシャツなどを販売しています。

10-29115012702_f8a844f011_z
8月9日〜17日は夏の特別イベント『夏休みの宿題は「生き物博士」と乗り切ろう!』を予定。昆虫の標本制作・木工クラフト作り・虫除けアロマスプレーづくりなどのワークショップで、親子で楽しめそう。大人向けには、8月5日〜20『森の中に秘密の「焚き火BAR」が出現?』を予定しているというから楽しみ。

11-28935187910_1c5abeaf51_z
ときにはこんなさりげないサービスがある場合も。とてもハッピーな1日になれそう。

最後に利用について。IoTのシステムを活用しているので無人でチェックイン・チェックアウトができて、時間も自由! もっともスタンダードなフリーサイトは入場料大人1泊2000円・子ども1泊1000円・未就学児無料(夏休みは連泊割引あり)。クルマ1000円・バイク500円。完全予約制なので、WEBサイトをチェックしてみて。

やすらぎの森オートキャンプ場に続いて次はどこが進化していく?

地元の人たちだけでも自走化していけるようにし、引き継いで行きたいと考えています。ここで培ったノウハウを生かして、他の地域でも眠っている魅力的なキャンプ場の再生にも携わって行きたいです。

と赤堀さん。今後も全国で、こんな意欲的なキャンプ場が生まれそうです。

やすらぎの森オートキャンプ場

長野県上水内郡信濃町野尻1200−45
http://yasuragi.natureservice.jp(完全予約制)

関連する記事

1-main
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
大森弘恵

フリー編集者、ライター。〔おひつじ座 × A型 × 我が道をいくライオン〕

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE