デザイン性No.1!?オンウェーの「聖火焚火台」の佇まいが美しい

さまざまな焚火台が販売されている昨今。なかでも今季の注目は、何と言ってもオリンピックの象徴ともいえる「聖火台」をイメージした焚火台が登場! しかも、焚火台の共通点とされるいくつかの難点が改善されているとのこと。どんな製品なのか、たっぷりとご紹介します。


アイキャッチ画像出典:オンウェー

焚火台を使うときに困ることはありませんか?

キャンプ用品のおすすめ
キャンプの醍醐味に、焚き火という人は多いはず。火をみていると、心が落ち着いて癒されますよね。そんな焚き火に必要な道具といえば、焚火台がありますが、使ううえで少々難点を抱えている人はいませんか? たとえば……

とにかく重い!

女性はもちろん、男性でも苦労をして持ち運ぶ重さの焚火台が多くあります。毎度持っていくたびに汗をかいて持っていくとなると、徐々に敬遠されてしまいますよね。

荷物がかさばる!

重いだけでなく、荷物もかさばってしまうとさらに使う気が失せてしまいます。焚き火を楽しみたいとはいえ、やはりコンパクトに収納できるとうれしいですよね。

ほかにも「価格が高い」とか「みんなと被ってしまう」といったことも、悩みどころとしてあげられるでしょう。では、これらの点が解消される商品はあるのでしょうか? 実は、今年2017年に発売されたのです!

オンウェーから、焚火台の難点を解消する注目の商品が登場!

1
言わずもがな、オンウェーは1995年に日本で誕生したアウトドアファニチャーブランド。ディレクターチェアやコンフォートチェアといった定番商品のほかにも、現在ではテーブルやコットなど、幅広いアウトドア用品を販売しています。

そんなオンウェーが、2017年に満を持して販売する新作の焚火台が「聖火焚火台」です。ひと目見れば、すぐにわかるデザイン。今年の注目商品になること必至でしょう。


特筆すべきポイントは?

どのような製品なのでしょうか? ポイントを4つまとめました。

6枚の金板で成り立つ独自のフォルム

3
何と言っても螺旋(らせん)を描いた独自のフォルムが注目ポイント。複雑な設計に見えますが、メインに使っている板はたったの6枚! 少ない部品でこんな製品が出来上がることに驚きです。

火を焚く位置が高いという構造上、下から空気が入りやすくなり、薪や炭といった燃料が燃えやすくなります。デザインが秀逸なうえに火の燃焼まで考えて設計された聖火焚火台。キャンプ場へ行けば目立つこと間違いなしです!

片手で開閉できる簡単な立て方

@horiken2020がシェアした投稿


上部にいくつか空いている取手を持って、ひねりながら持ち上げればすぐに立ち上がる仕様になっています。どの取手を持ってもすぐに開閉できるので、初心者でもすぐに使うことが可能です。

焚火台といえば、組み立てたり両手を使ったりとどうしても手間がかかるのが多いですが、この聖火焚火台であればそんな手間をかけることがありません。すぐに組み立てて、速く焚き火を楽しみましょう!

厚さはたったの6cm!コンパクトに収納できます

4
収納した姿もとても独特ですが、折りたたむと厚さが6cmととても薄くなります。収納袋は帆布製のトートバッグなので、手軽に持ち運ぶことができます。丈夫な付属品がつくのもうれしいですよね。

入れてみると意外にかさばりやすい焚火台が、こんなにも手軽に使いやすくなるのは、ユーザーにとって大きいメリット。車の隅にスッと入れて、積極的に使っていきましょう!

3.5kgのちょうど良い重さ

5
重量において、焚火台として人気の高いコールマンとスノーピークの製品と比較してみました。まず、コールマンの「ステンレスファイアープレイスⅢ」は約5.7kg。続いてスノーピークの「焚火台L」は5.3kgとなっています。
ITEM
コールマン ステンレスファイヤープレイス3
●使用時サイズ:約41.5×46.5×34.5(h)cm
●収縮時サイズ:約41.5×30.5×15.5(h)cm 
●重量:約5.7kg 
●材質:ステンレススチール、他 
●付属品:焼網、収納ケース
重量が少しありますが多人数のキャンプには最高ですね。
雰囲気が良く、キャンプの醍醐味たき火が盛り上がります。 出典:Amazon
ITEM
スノーピーク 焚火台Lスターターセット
●材質:本体/ステンレス
●サイズ:W450×D450×H300mm
●収納サイズ:560×640×32mm
●重量:5.3kg


それと比べて、オンウェーの聖火焚火台は3.2kg! 人気の高い焚火台と比べて、重すぎない重量に設計させています。収納袋は肩にかけて持ち運びができるので、女性でも気軽に持っていけるのがうれしいですね。


製品の仕様は?

2
聖火焚火台の仕様は、メーカーのホームページでも掲載されていますが、こちらでもご紹介しておきます。

使用時:幅(W)38×奥行き(D)33.5×高さ(H)28cm
収納時:W45×D43×H6cm
耐荷重:10kg
重量:3.2kg
材質:ステンレス

聖火焚火台で焚き火をもっと楽しく!

焚火
いくつかある焚火台の難点を解消しつつ、高いデザイン性を兼ね備えたオンウェーの聖火焚火台は、今年大注目の商品になること間違いなし! 発売は2017年6月23日の15:00からなので、ぜひチェックしてみて。

Onway/オンウェー オンラインショップはこちら

焚き火の周りには何を使う?

焚き火をより効率的に、そしてカッコよくするギアたちも見逃せない。

Onway torch firefighting platform is beautiful

オンウェーの聖火焚火台が美しい

紹介されたアイテム

コールマン ステンレスファイヤープレイス3

コールマン ステンレスファイヤープレイス3

¥18,144 税込

スノーピーク 焚火台Lスターターセット

スノーピーク 焚火台Lスターターセット

¥26,784 税込

関連する記事

3
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

WEBでのライティングのほか、雑誌の執筆やイベントの冊子作りも行うフリーランスライター。暇さえあればひとりでもキャンプ場へ行き、自然の中でボーッと過ごす。天然素材とヴィンテージのアイテムに目がない。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE