『BESPOKE HUNTING BOOTS』~質実剛健、フルハンドメイドのビスポーク靴~vol.3

雑誌「HUNT」とのコラボレーション企画第18回。HUNT編集部がブーツ専門のビスポークシューメーカー『T.Shirakashi』への取材した際の記事を紹介します。


リアルアウトドアマンと、日本で唯一のビスポークブーツ職人。

4
室伏友三さん
ビスポークハンティングブーツを紹介するにあたり、オーナー役としてご協力いただいているリアルアウトドアマン。鳥類保護連盟の理事をつとめ、野鳥と自然を愛するベテランフィールダーである。
3
白樫徹哉さん
日本で唯一のビスポークブーツ職人。質実剛健のカントリースタイルを追求していく内に、フルハンドメイドのビスポークにたどり着いた孤高の職人である。
http://www.shirakashi.jp/

ホンモノの靴作り行程が見れるvol.1~vol.2はこちら

僕の足を知る、極上のビスポークブーツ

全行程を手製で仕上げる、「ビスポークハンティングブーツ」の誕生までを追う当企画も最終段階に入った。完成した完全オーダーメイドブーツをご紹介する。
1
当企画がスタートして半年、とうとう完成品のお披露目である。前号で登場した“仮縫い”からの大きな変更点は、室伏氏の希望によりトゥキャップの装着と、アイレット上部をフックに変更する事。オーナーの要望にきめ細かく対応できるところも、ビスポークならではなのだ。様々なフィールドで活動している室伏さんは、今までも数限りない靴を試してきた。長い経験上、既製品には多かれ少なかれ妥協が必要である事も納得している。

だが、多くの銘品を試してきた室伏さんをして、驚かざるを得なかった世界があったのである。それが、ビスポークという完璧なるフィッティング感。それは匠の技が実現した別次元の完成度だった。

「初めて足入れをした瞬間から、全く違和感がない事に驚きました。自分の足の外側に、もう一枚の皮が存在する感覚ですね」
曰く、「靴が僕の足を知っている」 人間が靴に合わせるのではなく、靴が足にそっと寄り添うような仕上がりなのだという。

「足首も、拍子抜けするほど自然に曲げる事ができます。私自身初めてのロングブーツなのですが、これなら歩く時に邪魔になる事はない」
制作者の白樫さんによると、その秘密は足首前方に設けられたマージンにあるらしい。絶妙なさじ加減の“空間”は、職人の腕の見せ所である。

「フィッティングや動きやすさ以外で特にこだわったのは“通気性”でした。快適に過ごせるのはもちろん、実はブーツの耐久性にも関わる問題なのです」と白樫さん。本来、ロングブーツは蒸れやすい履物だが、今回はソールを全面レザーにする事で、高い通気性を確保しているのだ。
「ラバーソールだとどうしてもインソールの劣化が著しい。そして、インソールが壊れてしまうと、修理困難となってしまうのです。その点、ソールで呼吸するレザーソールは寿命が長いですね。もちろん、新素材を否定する事はしませんが、やはりベーシックな素材が消える事はない。“革”にかわる物は登場しないのです」
足型に沿って完璧なフィッティングが施されたアッパー。快適性や歩き心地、靴自身の寿命に関わるソール。ブーツを形作る重要なパーツとして採用されているのは、今も変わらずレザーという事実がある。

そして、レザーを仕立て上げるのは、職人の経験と技、情熱なのだ。今回の作品を作り上げるのには、少なく見積もっても150時間が必要だったという。オーナーと対話を重ね、素材や道具と格闘、全身全霊で作り上げる。そうして完成した逸品に、魂が乗り移っても不思議はない。そもそもハンティングとは、命のやり取りである。その現場を支える道具自身こそ、魂の逸品であって欲しいと思うのだが、いかがだろうか?

2ハンティングの本場、イギリスやヨーロッパで愛用されているハンティングブーツは、やはり“革製”が好まれる。それは、ファッション性ではなく、機能を追求した結果なのである。

5Skin Stitch
レッグ部分のアウトサイドは、スリットを入れて縫い合わせる。厚さ1.8㎜の革の裏面から針を指し、表面に貫通させず下0.2㎜の所を縫う神業をスキンステッチと呼ぶ。


6Hook
合計15個のホールの、上8個をフックにした。片足で計16個のフックを贅沢に使用する事で、高いホールド感を実現している。バックルと同じ真鍮製を採用。


7Heel Plate
ヒールプレートと専用のネイルは、イギリスからわざわざ取り寄せた物。ヒールは、一体型のブロックではなく、革を一枚一枚積み上げているので、きめ細かな修理に対応可能だ。


8Leather Sole
イギリスから取り寄せたオークバークを使用。非常に堅く、かつ滑りづらいのが特徴で、樫の木の渋を使ったベジタブルタンニンで仕上げられている。


9Sole Stitch
“コバ”は、職人の腕がもっとも現れる製作上のハイライト。ソールとウェルトを縫い付けるテンションに乱れがあると、水の侵入や劣化の原因となる。


同記事掲載の号はこちら!テーマは「ニッポンのブランド」 最新号はこちら!テーマは「アーバン・アウトサイダーズ 五つの心得。」

紹介されたアイテム

HUNT Vol.14

HUNT Vol.14

¥1,080 税込

HUNT Vol.16

HUNT Vol.16

¥1,199 税込

HUNT編集部

HUNTは自然を愛し、モノを大事にする大人に向けたライフスタイル&ファッションの雑誌。アウトドア趣味を楽しむ方や、山暮らしの達人を取材し、往年のアウトドアにヒントを得た男心くすぐる洋服やギアも多数紹介する。雑誌は2月、5月、8月、11月の月末に発売!