最新トライポッド徹底比較!比べて見えてきた各メーカーの違い

キャンプ道具の中でもなかなか注目されないトライポッド特集!新作から人気アイテムをスペック値を比較してみました。5種類の個性的なトライポッドを比較して見えてきたものとは…?気付かないうちにトライポッドというキャンプ道具が面白いことになっていた!


アイキャッチ画像出典:muraco facebook

持ち運びしやすいトライポッドが続々登場

dodpod01
出典:DOD
トライポッド、使っていますか? トライポッドとは、焚き火とセットで使うと便利な三脚の事。初心者の方でも、焚き火台の上にダッチオーブンやケトルが吊るされている様子は見たことがあるのでは?
gallery02
出典:DOD
けどこのトライポッド、欲しいけど荷物になりそうだし最悪無くてもやっていけるアイテムです。しかし最近の物はとても軽くて収納もコンパクト。その上、結構重いものにも耐えられる優れものなんです。

今回最新&人気のトライポッドをいくつか比較してみました。これなら今のキャンプに追加してみるのも悪くないと思うはず!

今気になる人気のトライポッドを比較してみた

p2_img1

①超軽量で”焚き火台”にもなる DOD「ライダーズファイアクレードル」

dodraid01
出典:DOD
dodrai02
出典:DOD
最大高さ108cmながら収納時には長さ約29cmとコンパクトに収納でき、重さ717g。軽くてコンパクトなのでバイクツーリングにも◎。本体は軽さと丈夫さを兼ね備えたアルミ合金製。付属の特殊耐熱網で焚き火台にもなる一石二鳥なアイディア製品です。高さは3段階調整可能。
ITEM
DOD ライダーズファイアクレードル
●重量:約717g
●サイズ:W680×D550×H1080mm/《収納時》約φ60×290mm
●耐荷重:《フック部分》8kg/《ステンレス網》3kg
以前から焚火台が欲しいとは思っていましたが、バイクや自転車に積載するには収納サイズと重量が大きいものが多かった。これならバイクや自転車に積載しても邪魔にならない大きさ、重量で素晴らしいです。 出典:Amazon




p2_img1

②今回の中では一番重いDOD「ビッグファイアクレードル」

bifire
出典:DOD
fire02
出典:DOD
ライダーズファイアクレードルの前身となったトライポッド。収納時は50cmと今回の比較アイテムの中では大きめサイズ。耐荷重は20kgもあり、焚き火台としても十分な働きをしてくれるので、結果的に持ち物の節約に一役買ってくれます。ボタン式で初心者や女性でも簡単に組み立てられ、高さは二段階に調整可能。
ITEM
DOD ビッグファイアクレードル
●重量:約1300g
●サイズ:W820×D620×H1220mm/《収納時》φ90×500mm

③軽さとタフさのバランスNo.1! ロゴス「ミニトライポッド」

lgs81063127_1
出典:Amazon
わずか500gと超軽量なのに、なんと耐荷重は20kgまで対応しているバランスのいいトライポッド。ダッチオーブンはもちろん、ケトルやランタンを吊るしてもGood。同ブランド製品の「ピラミッドグリルM」や「ターボファイアー」に最適なサイズ。
ITEM
ロゴス ミニトライポッド
●重量:約500g
●サイズ:500×430×800mm/《収納時》350×50×50mm
●耐荷重:20kg

④デザイン性No.1!ムラコ「アフリカンイーグル」

img_8505
 
img_9916
出典:Amazon
ブラックなボディが目を引くアフリカンイーグル。付属のφ1.8mmのロープでペグダウンが可能なのが特徴な、アルミ合金製のトライポッド。荷架用チェーンは強度と防錆性を備えたステンレス304製。620gと軽量でコンパクトに収納できます。付属のカラビナを使用して5kg、不使用で12kgの耐荷重。
ITEM
MURACO/ムラコ  AFRICAN EAGLE TRIPOD
●重量:約620g
●サイズ:約W650×D650×H1200mm/《収納時》55×530mm
●耐荷重:約12kg/《カラビナ使用時》約5kg




p2_img1

⑤超コンパクト!収納性No.1のランクロ「トライポッド+ファイアートング」

img_9908
出典:Amazon
img_9905
出典:Amazon
今まで、荷物が増やせないから……と諦めていた方にはこちらのトライポッドがおすすめ。収納時サイズは33cmと超コンパクトながら耐荷重10kgの本格的なアイテム。収納袋に合わせて製造されたファイアートング付属。
ITEM
ランクロ トライポッド + ファイヤートング
●重量:450g
●サイズ:組み立て時の高さ約800mm/《収納時》約70×330mm
●耐荷重:10kg
ツーリングの荷物に忍び込ませておけるコンパクトさ。荷物に入れていても邪魔になりません。低価格品ですが、使用に不具合はなく、必要十分。 出典:Amazon

「ビッグファイアクレードル」と「アフリカンイーグル」が面白い

DOD「ビッグファイアークレードル」の万能性は随一

big01
出典:DOD
キャンプの楽しみと言えば、料理。そして、なんといっても焚き火を囲んでの語らいですよね。
焚き火網が付属しているので、これがあれば別途焚き火台を用意しないで大丈夫。
big03
出典:DOD
軽量でコンパクトに収納でき、簡単に組み立てられるのに耐荷重がなんと20kgもある本格派。
アウトドア料理の醍醐味、ダッチオーブンだって吊下げられちゃいます。

聞きなれない「クレードル」の言葉の意味は?

「ビッグファイアクレードル」の「クレードル」ってなんだろうと思いますよね。辞書で調べてみると、

1.【cradle】ゆりかご
2.携帯端末やデジタルカメラなどの付属機器。パソコンとの接続やバッテリーの充電に使われる。

と、あります。
なるほど、焚き火がゆらゆらゆりかごのようでもあるし、鍋やケトルなどの調理器具やランタンや焚き火への接続という意味にも取れますね。ピッタリなネーミングですね。

muraco「アフリカンイーグル」はカッコよさNo.1

africaneagle_1
出典:muraco
黒を基調にしたスタイリッシュなアーバンスタイルを展開をしているmuraco(ムラコ)。まさにmuracoらしい「アフリカンイーグル」は、トライポッドというなかなか注目されないアイテムにしっかりデザインを落とし込んでいます。

img_9904
別売りの「KAKASHI」と呼ばれるアルミ削り出しのハンガーを取り付けることで、ランタンや軽量の衣類、キッチン用品、グローブなど様々なものを吊下げることが可能です。

「アフリカンイーグル」という名前の由来は?

名前だけでもなんだか強そうなAFRICAN EAGLEという名前。これはアフリカの熱帯雨林に生息する猛禽類の”カンムリクマタカ”の英語名。自分の体重の10倍以上ある獲物までも標的にすると言われている鳥です。

自分の体重の何倍もの重いものを狙う……まさにアフリカンイーグルというネーミングは、トライポッドというキャンプ道具の性質にピッタリのネーミングです。

トライポッドも買い替えすると楽しいギア

gallery03
出典:DOD
ひとつあればなかなか買い替えをしないギアのトライポッドですが、今回比べてみて思ったのは、意外とそれぞれの特徴があって軽量トライポッドという枠だけでも細部の違いは明確であるということ。

もしあなたが2kg以上のトライポッドを持っていたら、今回紹介した持ち運びしやすい軽量トライポッドを手に入れて、キャンプの幅を広げてみるのもいいかもしれません。

トライポッドに何ぶら下げる?

焚き火台とセットで欲しいトライポッドですが、ダッチオーブンやケトルをぶら下げたいですね。かっこいいケトルを探したい方にはこちらの記事がおすすめ。

Enjoy the tripod

トライポッドを楽しんでみる

紹介されたアイテム

DOD ライダーズファイアクレードル

DOD ライダーズファイアクレードル

¥4,760 税込

DOD ビッグファイアクレードル

DOD ビッグファイアクレードル

¥6,912 税込

ロゴス ミニトライポッド

ロゴス ミニトライポッド

¥4,212 税込

MURACO/ムラコ  AFRICAN EAGLE TRIPOD

MURACO/ムラコ  AFRICAN EAGLE TRIPOD

¥17,820 税込

ランクロ トライポッド + ファイヤートング

ランクロ トライポッド + ファイヤートング

¥3,083 税込

関連する記事

img_9904
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
naonaka

「虫が苦手だからアウトドアなんで無理」キャンプなんて一生縁が無いと思っていたのに、運命の出会いで迎えた愛犬がキッカケで犬連れキャンプにハマり、遂には軽しか運転した事無かったのに愛犬スペース確保の為にハイエースを乗り回しキャンプ場に通ってる犬馬鹿新米主婦ライター

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE