最強アウトドア素材「G-1000Ⓡ」に夏向きのAirが仲間入り

「G-1000Ⓡ」というアウトドア素材を知っていますか?様々な素材がありますが、フェールラーベンが開発したこの素材はまさに最強と呼べる代物。その最強素材に、夏用の軽量タイプ「Air」が新しく仲間入りしたとあればアウトドアマンなら見逃せません!


アイキャッチ画像出典:フェールラーベン

世界最強の素材が生まれた経緯

焚き火が燃えている
キャンプでは、焚き火のそばにいても穴が開きにくいコットン製のウエアが人気です。肌触りがよくて、通気性がいいので春〜夏キャンプではとっても重宝しますよね。でも、コットンは濡れると重くなるし、乾きにくいというやっかいな性質があり、なかなかやっかいな素材でもあるんです。

g1000_img_wax
このことに注目したフェールラーベンは、1965年にG-1000Ⓡ素材を開発。コットン35%+ポリエステル65%を高密度で織り上げ、さらにミツロウとパラフィンから生まれたグリーンランドワックスを含ませることで撥水性、耐摩耗性アップ!

極寒のグリーンランドを1000km走破する“スカンジナビア探検隊”のためのバックパック&テント作りから得た意見をもとに、G-1000Ⓡ素材のウエアを開発したそうで「世界最強の素材」とも呼ばれるに至りました。

8-g-1000_fabric
G-1000Ⓡの強度はデニムの4倍とも言われており、長く着用して風合いのいいウエアに育てることができるんです。


テントの生地からウェアを開発

1-fj_barnitalt
2-1960-ake
世界最強の素材を開発したフェールラーベンは、スカンジナビア探検隊のために、バックパックとサーモテントを製作。そして、探検成功後、隊員たちの「軽くて上部で防風・防水にすぐれたウエアもほしい」という意見を元に、テント生地でウエアを作ったのがウエア開発のはじまりです。

スキージャンプの経験がワックスを誕生させた

3-greenlandwax
フェールラーベンの創業者であるオッケ・ノルディンは、自身が子どものころにあそんだスキージャンプからヒントを得ます。

オッケは、スキー板にワックスを浸透させるとともに、パンツのおしり部分にもワックスを塗って濡れを防いでいたのだとか。そこで、環境にやさしいミツロウとパラフィンを混合した「グリーンランドワックス」を生み、素材に防水、防風性を高めることができたんです。

4-g-1000_1
ワックスは匂いがなく、あたたかい気候になったら洗濯して、ワックスを落として通気性を高めるなど、自分で機能を調整できるのもポイント。


世界のマーケットを見据えて開発したAir

ただし、高密度で織り上げたG-1000Ⓡ素材のウエアは、日本の夏ではちょっとヘビー。世界最強の素材でも、真夏はちょっとね……と敬遠されがちでした。でも、2017年の夏は違います!

フェールラーベンを扱うワイエスインターナショナルによると

近年、フェールラーベンはアメリカやアジアなど積極的にグローバル展開を行っております。そのため、スカンジナビアの夏でも涼しい気候だけでなく、蒸し暑い気候にも適したプロダクトが必要になりました。そこで、フェールラーベンの代表素材であるG-1000Ⓡの特徴を維持したまま、蒸し暑い気候でも快適に過ごせる素材の開発を始めたのです。それが、G-1000ⓇAir。


フェールラーベンのあるスウェーデンでは、真夏の平均気温が17℃前後。日本の4〜5月のような気温で、湿度も少なめなのでカラリとしています。朝晩は薄手のセーターがほしくなる気候ですので、G-1000Ⓡ素材のウエアが生まれたのも納得です。

こうして、G-1000Ⓡ素材が生まれてから半世紀を超えた今、待望の、風通しのいい夏向き「G-1000ⓇAir」が仲間入りしたんです。

耐久性、軽さ、通気性を共存させる難しさ

Air開発にあたり苦心したのは、G-1000Ⓡの一番の特徴である耐久性を保ちながら、同時に軽さと通気性を持ち合わせること。100回以上のテストを繰り返し、改良を重ねた末、G-1000Ⓡ史上最も軽量・速乾で通気性の高いモデルが誕生しました。
リップストップを絶妙に配置して織りあげているので、G-1000Ⓡとしての耐久性は損なわず、UPFも+45と夏の暑い日のアウトドアでも快適に過ごせるフェールラーベン独自の素材になっています(ワイエスインターナショナルより)

「G-1000ⓇAir」を利用した第一弾のプロダクトは、今どきらしいクリーンなシルエットの「アビスコ シェードジャケット」。袖はロールアップしたときにボタンで留めることができます。脇など大きな動きが必要なパーツはストレッチ素材となっているので、キャンプはもちろん、ワンデイトレッキングなどにも対応しています。

アビスコ シェードジャケット 2万1600円(税込)

5-ys-81531a3620
重量は、Mサイズで380g。1968年生まれの「グリーンランドジャケット」は710gで、最新のG-1000Ⓡジャケット「ケブジャケット」は820g(M)ですからほぼ半分の重量です。また、アジア向けのサイジングなのもうれしいですね。

問い合わせ
ワイエスインターナショナル 03-6418-9339
http://fjallraven.jp/

最強素材のG-1000Ⓡ 1年を通して使える5種類に

6-%e7%b9%a7%ef%bd%b9%e7%b9%a7%ef%bd%af%e7%b9%9d%ef%bd%aa%e7%b9%9d%ef%bd%bc%e7%b9%9d%ef%bd%b3%e7%b9%a7%ef%bd%b7%e7%b9%9d%ef%bd%a7%e7%b9%9d%e3%83%bb%e3%83%a8-2017-05-22-0-23-07
G-1000Ⓡ素材はオリジナルを含めて、これで5種類になりました。「Original」をベースに、よりタフにした「Heavy Duty」、狩猟用にガサガサ音がせず、つや消し仕様の「Silent」、Originalより薄く、リップストップ加工で耐摩耗性を確保した「Lite」、そして涼しさを極めた「Air」です。

G-1000ⓇAirのジャケットがあれば、夏のキャンプや旅行がよりアクティブで思い出深いものになりそうです。

 Let’s do the outdoor with FJALL RAVEN jacket!

フェールラーベンのジャケットでアウトドアへ行こう!


関連する記事

4-g-1000_1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE