【事故になる前に】絶対に知っておくべきBBQでの4つの注意点

BBQでの注意点ってなんだろう?実際に行ってみると分かりますがBBQには細かい注意点がたくさん。最低限抑えておきたい、とても重要な4つの注意点をご紹介します。GW、夏休みなどの休日にBBQへ出かける際はこれらを頭の片隅に置いておいてくださいね。


アイキャッチ出典:PIXTA

バーベキューは楽しい!けど危険もたくさん!

From PIXTA
出典:PIXTA
バーベキューとは野外での料理。室内の調理とは勝手が違います。普段とは違う調理手段だったり、天候にも左右されるバーベキューでは予想外の事態が起こることも……。

楽しく美味しくバーベキューを楽しむために、知っておくべき基本的な注意点をチェックしておきましょう。

絶対に知っておくべき4つの注意点

From PIXTA
出典:PIXTA
バーベキューにおいて怪我や迷子、熱中症など毎年たくさんの事件・事故が起きています。「自分は大丈夫!」と思わず、バーベキューの危険な側面をしっかりと理解しましょう。


その1. 火の扱いに注意!

From PIXTA
出典:PIXTA

着火材の扱い方は熟知しておくこと

正しい着火剤の取り扱い方を熟知し、使用しましょう。特にゼリータイプの着火剤での事故は多く報告されています。もしゼリータイプを使う場合は、絶対に”継ぎ足し”はしない。メチルアルコールは「揮発性が大きく、引火しやすい」性質があり、継ぎ足しの際に引火してしまいます。

安心・安全な火おこしの基本的なやり方や注意事項を事前にチェックして、イメージトレーニングをしてから挑んでくださいね。

炭を土に埋めることは絶対にNG

炭火の後始末では絶対に土に埋めてはいけません。マナー違反であると同時に炭火は簡単には消えないので、そのまま埋めてしまうと火事や火傷の原因にも。事前にBBQスポット指定の破棄方法を確認しておきましょう。

また、火消し壷があるととても便利! 炭を入れておくだけで自然消火してくれます。炭火の処理は初心者ほど難しいので、火消し壷などのアイテムを活用することで安全に処理することができるのでおススメです。炭を使わないガスグリルを利用する手もありですよ。

その2. 熱中症・日射病は突然襲ってくる

From PIXTA
出典:PIXTA

「ビールは水分補給にはならない」と頭に入れておく

バーベキューなど楽しい時間ではついアルコールが進んでしまうことも……。でも、実はアルコール類は水分補給にはならず、逆に脱水症状の原因になります。その理由はアルコールには利尿作用があるため。アルコールでは体内の水分が余計に排出されてしまうので、水分補給は水やお茶でしっかり取るようにしてください。

直射日光は避けてバーベキューサイトを作ろう

長時間の直射日光は熱中症のリスクを高めます。その対策として、日陰にサイトを建てたり、サンシェードを使用したりして日差し対策は万全に取りましょう。また、バーベキューエリアによってはタープを使えば、安心してバーベキューを楽しむことができます。


その3. 子どもの迷子

From PIXTA
出典:PIXTA

水辺でのバーベキューでは絶対に目を離さない

アウトドアで開放的な気分になるのは大人も子どもも同じです。特に水辺でのバーベキューは注意が必要になります。

楽しさが勝っている状態では注意力も散漫になってしまうでしょう。子どもたちが水辺に近づかない、入らないように事前にしっかりと話をしておくことも大切です。また、子どもたちだけでは遊びに行かせず、必ず大人が一緒に行動するようにしましょうね。

その4. バーベキューで多発しがちな「食中毒」に注意!

From PIXTA 出典:PIXTA

野外だからこそ衛生面はしっかり

日本は高温多湿な気候なので、年中通して食中毒のリスクが高い環境でもあります。バーベキューは切って焼くだけなので、普段料理しない人でも気軽にチャレンジしやすい。そのため、衛生管理や調理方法について事前にチェックしない人も多いようです。

バーベキューでは生焼けの肉や魚は大変危険! 食材にはしっかり火を通すことが重要です。お肉も中心部までしっかり火を通してくださいね。特に夜間は暗がりで分かりにくいので、ランタンやランプで光源を確保して楽しんでください。

食中毒の予防方法

下記の予防方法たちは、当たり前のようですがバーベキューでは忘れがち。しっかり全ての項目に目を通して120%楽しんじゃいましょう!

●「食肉・野菜」は10℃以下、生鮮魚介類は5℃以下で保存する。
●クーラーボックスは直射日光を避けて、地熱が伝わらないように地面から離して置く
●クーラーボックスに入れる食材はあらかじめ冷やした食材を入れる
●氷や保冷剤を使って温度管理をする
●食材に触る前には手をよく洗い、アルコール消毒などで清潔に保つ※清潔な水場が近くにあるほうが望ましい
●ナイフやまな板は洗ってあってもアルコール除菌してから使う
●食材はしっかり加熱してから食べる
●安全な食材と水を使う
●作ってから常温で放置しない
●トングや箸は用途によって使い分ける

安心してアウトドアを楽しむために……!


出典:PIXTA
バーベキューは老若男女問わず、楽しめる最高の野外料理! でも、気軽に誰でも楽しめるからこそリスクについても知っておくことが大切です。アウトドアにおいて安全を確保するのは自分自身しかいません。楽しい時間を過ごすためにも、ここで紹介したことを是非活かして下さいね!

 

Let’s have a good time with safe BBQ!

安全なBBQで楽しい時間を過ごしましょう!


関連する記事

From PIXTA
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
toto7

アウトドア好きの旦那さんを先頭に、少しずつファミリーキャンプにチャレンジしています。シンプルで機能性の高いアイテムが大好き!子どもの成長に合わせながら、アウトドアを楽しむことがモットーです!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE