キャンプの流れをイメージ!「ファミリーキャンプ・一泊二日」のモデル例

いよいよキャンプデビューと意気込むも、始めは思いもよらぬことでてんやわんやになりがちなのがキャンプ。現地でなるべくあわてずに済むよう、イメージしてから出かけませんか?ファミリーキャンプ・一泊二日のモデル例を、リアリティ満載でお届けします!


アイキャッチ画像撮影:編集部

キャンプの段取りをつかんでおこう

gaiyou
撮影:編集部
今年こそテント泊デビューという方、グッズを買い揃えてあとは出かけるだけ!とワクワクしていることと思います。しかし!初めてのキャンプ、実際に行くと意外なことに手間や時間を取られるもの。

思っていた半分も楽しめなかった……なんてことにならないよう、一泊二日のキャンプの流れをイメージしておきましょう。

【前日・当日の朝】準備

From PIXTA
出典:PIXTA
キャンプの成功を左右する、準備。食材や飲み物の買い物は、前日までに済ませておきましょう。足りなかったり忘れていたものがあった時、買い物ができるスーパーがキャンプ場近くにあるかチェックしておくと安心です。

ワンポイントアドバイス

冷凍できるお肉などは、凍らせて保冷剤代わりにするのもおすすめ。野菜はあらかじめ切っておくと、現地ですぐに料理できますよ。

jyunbi
出典:coleman
荷積みは、途中で買い足したものを入れるためにクーラーは手前に置くなどの基本はもちろん、トランクを開けた瞬間に荷物の雪崩が起きないよう隙間をつくらない工夫を。

ワンポイントアドバイス

積み重ねるだけでなく足元やシート下などのデッドスペースもフル活用して、後方の視界を確保しましょう。


【6:00】出発

From PIXTA
出典:PIXTA
チェックインの時間がだいたい13:00頃と決まっている場合、近場でも侮ってはいけません。渋滞含め、道中何があるかわかりません!早めに出発して周辺で時間を潰すくらいの余裕を持っておきましょう。

ワンポイントアドバイス

下道で行く場合は、目的地途中で地元の祭などのイベントがないか確認しておくと、迂回ルートの検討もできます。

【13:00】チェックイン・設営

checkin
出典:なっぷ
着いたらまず、管理棟でチェックイン。名前や利用人数・車のナンバーなどを伝えて、利用規約について説明を受けます。

ワンポイントアドバイス

火の扱いやゴミに関するルールはキャンプ場ごとに違うので、しっかり確認を。料金は前払い制で現金のみというパターンがほとんどです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
撮影:編集部
サイトを案内されたら設営です。2家族以上で行く場合は、みんなが団欒できるベストなレイアウトを考えましょう。

ファミリーキャンプの場合、だいたいここで子供達の”遊んで攻撃”が始まります。子供達をなだめるために、シャボン玉などの遊び道具があると◎。

ワンポイントアドバイス

キャンプ場が混みあっていて隣の区画と隣接している場合は、車を目隠しになるように置くのもおすすめ。

【14:00】現地での過ごし方

sugoshikata
撮影:編集部
一通りのセッティングが終わったら、親子でゆっくり料理をするのも良いですね。こぼしたり汚したりもなぜか多めに見られる″キャンプマジック″で、楽しく料理できるはず!?

ryouri
撮影:編集部
子供はパパにまかせて、ママはちょっと凝った料理を作るも良し。アクアパッツァやローストビーフなど、家で作るにはちょっとハードルが高いメニューにこそチャレンジしたいもの!

ワンポイントアドバイス

あらかじめ切っておいた食材を調味料で和えるだけの簡単レシピや、缶詰を使ったメニューは手軽で品数も多くなるのでおすすめですよ!

workshop
撮影:編集部
時間に余裕があれば、プチワークショップ的なことをするのもおすすめです。汚れる前提で絵の具を使うのも、キャンプならアリ!


【17:00】夕暮れ・お風呂

yugure
撮影:編集部
夕焼けを楽しんでいると、あっという間に暗くなってしまいます。夜のキャンプ場はビギナーは特にびっくりするほど暗いので、完全に暗くなる前にランタンの準備を。

ワンポイントアドバイス

テーブルライトや足元を照らす懐中電灯も早めに出しておくと、トイレに行くときやクーラーボックスの中から食材を取り出すときに便利です。

furo
撮影:編集部
キャンプ場によっては、場内や近くにお風呂があるところも。全員でお風呂へ行く場合は、貴重品はしっかり持って行くこと。サイトに置いておくと心配なものは車に入れて、忘れずに鍵をかけて出かけましょう。

ワンポイントアドバイス

シャワーやお風呂を利用するはずが、行ってみたら時間外だった……ということも。利用できる時間帯を確認しておきましょう!

【19:00】子供就寝・大人の時間

kodomoneru
撮影:編集部
遊び倒した子供達も、ボチボチ眠くなってくる頃。すぐ寝るだろう……という大人の予想に反し、昼寝もしてないのになかなか寝ない!という事態も。子供も大人も、疲れを忘れて楽しんでしまうのがキャンプです。

takibi
ねばっていた子供がやっと寝たら、ようやく大人の時間。パチパチと燃える薪を眺めながら、お酒を片手にまったりと語る……最高です。

mattari
撮影:編集部
子供を寝かしつけるはずが朝までテントで寝てしまう人・飲みすぎて座ったまま寝落ちしてしまう人とそれぞれですが、大人もそれなりに疲れているので無理はせずに。

ワンポイントアドバイス

キャンプ場の消灯時間は、だいたい21:00頃。他のサイトの迷惑にならないよう、音や灯りに配慮しましょう。もちろん、火の後始末も忘れずに!

【7:00】朝食

asa
出典:snowpeak
キャンプ場の朝。清々しく目覚めたら、朝ごはんの用意です。時間も限られているので、ホットサンドなど簡単にできてキャンプ感を味わえるメニューが良いですね。

ワンポイントアドバイス

スープなどを前日に作る時は、翌朝にアレンジするために多めに作っておくと手軽&時短朝食に。


【9:00】撤収・チェックアウト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
撮影:編集部
楽しい時間はあっという間。ゆっくりしたい気持ちをおさえて、撤収開始です。テントやタープをしっかりと乾かすのはもちろん、シュラフもサッと干してからたたむと◎。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
撮影:編集部
だいたい11:00頃と決められたチェックアウト時間内に片付くよう、時間を見積もっておきましょう。

ワンポイントアドバイス

サイトにあると便利なのが、時計。時間を忘れたいキャンプですが、一泊二日はあっという間。撤収時は特に時間を確認しながら進めるとスムーズです。


余裕のあるキャンプを楽しもう!

matome
ある程度経験があるキャンパーなら、ハプニングを乗り越えてキャンプの経験値を上げていくことを楽しめますが、ビギナーはまずは無理せずに。あわてず余裕のあるキャンプを楽しめるよう、なんとなくの流れをイメージしておくと良いですよ!

関連する記事

eyecatch
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックをこよなく愛する主婦ライター。6歳と4歳の珍獣系の息子たちに振り回されつつ、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う日々。 キャンプ前日、キッチンでチビチビ呑みながら焼き鳥串を仕込むのが至福のひと時。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE