蚊やゴキブリ対策にピッタリ!虫除けハーブおすすめ8選

虫除け効果のあるハーブを紹介。しつこい蚊、見るのも嫌なゴキブリに効くハーブを集めてみました。初心者でも簡単に栽培でき、ご自宅のベランダで育てることができます。暑くなるにつれて発生する虫を防ぐために、虫除け効果のあるハーブを植えてみませんか?


アイキャッチ出典:PIXTA
今回紹介している植物は一般的に虫除けに効果があると言われているものであり、効果を保証するものではありません。

植物の成分で虫除け!虫の嫌いな臭いを発するハーブ

虫除けハーブ
出典:PIXTA
乳幼児や小さな子供がいる家庭など、化学薬品を使用した防虫剤や殺虫剤を使うのはなるべく避けたいですよね。そこでご紹介するのが、虫除けに聞くと言われているハーブです。

ハーブは虫が嫌いな臭いを発するので、蚊はもちろんゴキブリなども寄りにくくする効果を持っています。ペットがいたり小さな子供がいる家庭など、植物の成分で虫除けできるという意味ではハーブはおすすめです。

ハーブで本当に虫除け対策できるの?

部屋に置いてからカメムシを見なくなりました!!効果あったみたいです!!このまま頑張って大きくしてアチコチに置きたいです♪♪♪爽やかな香りがいいですよね!!(出典:楽天

2年前に購入しました。とても元気に成長しました。幼虫があちこちの植木鉢に大発生して掘り返した時タンジーには1匹もいませんでした。(出典:楽天


虫除け対策ハーブ①カレンソウ(蚊連草)

虫除けハーブ(カレンソウ)
出典:PIXTA
蚊連草は、シトロネラとアフリカゼラニウムの異種交配によって生まれた植物。シトロネラはレモンなどに含まれる酸味のある香りがする植物で、蚊が苦手な香りです。

蚊は、人間の吐く息を察知して寄ってきます。シトロネラはそんな蚊の二酸化炭素察知能力を低下させる効果があると言われています。

絶対に蚊が寄ってこないわけではない!

蚊連草があれば、絶対に蚊が寄ってこないというわけではありません。蚊連草自体に蚊は止まります。

しかし蚊連草にとまった蚊は、二酸化炭素察知能力が低下するので、刺さりにくくなります。

虫除け対策ハーブ②ペパーミント

虫除けハーブ(ペパーミント)
出典:PIXTA
ペパーミントはシソ科ハッカ属の多年草。スペアミントとウォーターミントの交雑種で、独特のメントール臭が特徴的ですね。このメントールには虫に対する忌避効果があると言われています。

ペパーミントは同じミントの種類の中でもメントールが一番豊富。繁殖力も強いので、ハーブの栽培が初めての人でも育てやすく手間がかかりません。

ペパーミントを活用した虫除け方法とは??

プランターや鉢植えを置くだけでは、残念ながら効果はあまり期待できません。生の葉を使うなら、お湯で沢山の葉を煮出し、冷めたらスプレーボトルに入れ、虫の気になる所にスプレーする方法があります。無水エタノール1に精製水9の割合で混ぜたものにハッカ油を数滴入れたスプレーが虫除けには効果バツグン。

虫除け対策ハーブ③ゼラニウム

虫除けハーブ(ゼラニウム)
出典:PIXTA
南アフリカ原産の常緑多年草。フウロウソウ科テンジクアオイ属。多花性で大きな花房、枝が木質化し株は直立、独特の臭いをもっています。南アフリカ原産の約20種の原種交配によって作成された、数千種が世界中で栽培されている品種。ゼラニウムにはシトロネロールと呼ばれる成分が含まれていて、虫除け効果があります。

ゼラニウムを活用した虫除け方法とは??

効果としては優しめですが、蚊除けとして窓の近くにプランターや鉢植えを置く方法があります。もっと効果的な方法は、やはり成分を抽出したエッセンシャルオイルを使って、アロマスプレーを作るのが一番効果的。無水エタノール5ml、精製45ml、精油3~5滴をスプレーボトルに入れて混ぜるだけ!簡単で効果バツグンですよ。

虫除け対策ハーブ④ラベンダー

虫除けハーブ(ラベンダー)
出典:PIXTA
南フランス・プロバンス地方原産。原種のスパイクラベンダーとイングリッシュラベンダーの交配種。寒さに強く、高温多湿に弱いハーブ。鮮やかな紫色の花と心地よい香りが特徴です。ラベンダーに含まれているリナロールと酢酸リナリルという成分には、虫に対する忌避効果があります。

ラベンダーを活用した虫除け方法とは??

ラベンダーでドライフラワーを作り、2~3cmに切って布でくるんだり、巾着袋に入れたりしてポプリをつくります。それをタンスの引き出しやクローゼットの中、枕の中などに入れると、良い香りと共に虫除けにもなって一石二鳥! もちろんアロマスプレーも効果大。

虫除け対策ハーブ⑤レモングラス

虫除けハーブ(レモングラス)
出典:PIXTA
東南アジア原産の多年草。イネ科の植物でススキそっくりの外観です。葉や茎にシトラールという香気成分を含み、葉の切り口からレモンの香りがします。この香りを虫が嫌がることから虫除けとして用いられます。薬用にも利用できる用途の広いハーブなので、効用を理解して使いましょう。

レモングラスを活用した虫除け方法とは??

葉を乾燥させポプリなどにして、クローゼットやたんすの中に入れたり、小皿にのせてキッチンのゴキブリが通りそうな所に置いておくといいでしょう。ゴキブリ除け効果が高いのは、小皿に適量の塩をのせ、レモングラスの精油を数滴たらしたものを、ゴキブリの通り道に置くとGOOD!

虫除け対策ハーブ⑥タンジ―

虫除けハーブ(タンジー)
出典:PIXTA
ヨーロッパ原産のキク科の多年草。日本名はヨモギギク。駆虫、防虫作用、殺菌効果があるので、遥か昔は体内の寄生虫駆除や食欲増進剤や健胃など、薬として用いられていました。現在は毒性が確認されたので人の飲用には使われませんが、ショウノウのような香りを虫が嫌がるので、防虫目的としての利用が主となっています。

タンジ―を活用した虫除け方法とは??

タンジーを家の出入り口付近で栽培すると、ハエなどの害虫の侵入が激減! ノミやダニには、しっかり乾燥させたタンジーをほぐして布などにくるみ、ペットの敷物の下、カーペットや畳の下に敷くと防虫効果があります。観賞用にもなるので、花のまま部屋に飾ったりドライフラワーでもOK!

虫除け対策ハーブ⑦シロバナムシヨケギク

虫除けハーブ(シロバナムシヨケギク)
出典:PIXTA
キク科の多年草。一般に除虫菊とも呼ばれます。ピレトリンという殺虫作用のある成分を含み、蚊取り線香の主原料となっています。人間などの哺乳類には毒性が無いので、安心して使える天然の殺虫剤ですが、残念ながらシロバナムシヨケギクには、そのままの状態での殺虫効果はほとんどありません。

シロバナムシヨケギクを活用した虫除け方法とは?

シロバナムシヨケギクの粉末を主成分に、繋ぎ粉で練り合わせて作ったものが「蚊取り線香」です。日本では戦後、化学合成されたピレトリンを原料にした蚊取り線香が主流になり、天然の蚊取り線香はわずかになってしまいました。

虫除け対策ハーブ⑧ローズマリー

虫除けハーブ(ローズマリー)
出典:PIXTA
ローズマリーは、地中海沿岸地方が原産のシソ科のハーブ。抗菌作用や抗ウィルス作用、血行促進作用などの効能があり、古くから薬として用いられてきました。ローズマリー独特のツーンとした強い香りを、虫は嫌がり虫除けになります。その主成分はロスマリン酸。ダニ除けにも効果あり。

ローズマリーを活用した虫除け方法とは??

虫除けとして出入り口や窓の側に鉢植えを置いておくのも効果的。また乾燥させたローズマリーをポプリにして、たんすやクローゼットの中に入れたりするのもいいでしょう。ローズマリーを煮出して冷ましたものをスプレーボトルに入れ、気になる所にスプレー! アロマオイルで作ったスプレーは更に効果大です。

ハーブは人と自然と心に優しい天然の虫除け

虫除けハーブ
出典:PIXTA
市販の殺虫剤や防虫剤は効果バツグンだけど、強い分だけ怖いですよね。ハーブは遠い昔から人々が培ってきた自然の薬。効果は弱いかもしれないけれど、人や自然にも優しく、そしてハーブを植えて手入れすれば心にも優しい。そんなハーブで虫除けをして、快適に過ごしてみましょう!

Let’s grow insect repellent herbs!

虫除けハーブ栽培してみよう!

関連する記事

From PIXTA
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
yuko oono

キャンプツーリングをキッカケに、その魅力に取り憑かれ、休みがあればテントを積んで旅する中年ライダー。 最近は自宅の1室をキャンプ道具に占領されるも、良い用品があればつい買ってしまうという道具沼にもハマっている。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE