初心者と熟練キャンパーにおすすめ!焚き火台「エアスタ」の気になる点まとめ

新発想の焚き火台、SOTO「エアスタ」が気になる!今までにないアイディアと新富士バーナーらしい炎のコントロールが備わっているエアスタは、焚き火台という枠を超えた魅力を持っています。火付けの簡単さ、重量、収納性、価格、など気になる点をチェック!


アイキャッチ出典:SOTO

今一番気になる焚き火台、SOTO「エアスタ」

noname-1
撮影:編集部
キャンプを昔から楽しんでいた方にとっては「ついにこういうタイプも出てきたか…」と思った方も多いはず。それほどまでにこの「エアスタ」は斬新な焚き火台です。

今までの焚き火台とは一味違う、風の力を利用した着火システムは、火起こしにつまずくことなく焚火を楽しむことが可能。また、燃焼効率の良さも特徴の一つ。中心から高く燃え上がる炎は焚火シーンを静かに彩ってくれます。

昨年末に発表され、瞬く間に話題となった「エアスタ」ですが、実際の声はどうなんでしょうか?まずは使用者のレビューを確認してみましょう。

口コミをチェック!

さっそく使ってみましたが、着火剤や新聞紙などに頼らずとも、簡単に火をつけることができました。といっても、瞬く間に燃えだすわけではないので、あまり過剰な期待はしないように...あくまでアシスト機能だと思っておいた方が良いです。(出典:Amazon

お値段もスノピのものとそん色ないくらいお高いですが、使い勝手、所有感とも、十分張り合える商品だと思います。(出典:Amazon

収納時サイズが大きすぎる。重すぎる。ベースがどうしても嵩張ります。(出典:Amazon

見た目はカッコイイですが、ベースの足の幅が狭いのでバランスに不安を感じます。薪を乱暴に乗せたりすると倒れるんじゃないかと心配です。(出典:Amazon

着火に関してはやはり簡単にできるとの声が多く、その頑丈さゆえに「重さ」や「収納サイズ」を気にしている声もあるようですね。


SOTO「エアスタ」の特徴①煙突が付いた初の焚き火台

6
出典:vic2
16
出典:vic2
中心が筒状になっており、そこに小枝等を詰め込み下のほうから着火します。下から上へ空気の通り道ができることで着火を容易にした「エア アシスト スタートシステム」こそSOTO「エアスタ」最大の特徴とも言えるでしょう。

SOTO「エアスタ」の特徴②横風を筒の中へ上げる

8
出典:vic2
9
出典:vic2
筒の下に「フィンキャップ」を設置することで、横風を取り入れやすくしてくれます。フィンキャップは炎が安定したら火ばさみなどで取り除いてください。メッシュ加工されているので、いつでも新鮮な空気を取り込むことが可能になっています。無風の場合はこの部分を仰げばOK!

SOTO「エアスタ」の特徴③完全燃焼しやすく灰も少ない

10
出典:SOTO
14
出典:vic2
燃焼効率の良さは燃え方だけなく、実は片付けでも大きなメリットがあります。完全燃焼してくれるので、燃えカスや灰が少なくて済みます。おかげで片付けも楽々!片付けの手間が少ないのは嬉しいメリットです。

SOTO「エアスタ」の特徴④なによりデザインが斬新

image-9_compressed
撮影:編集部
11
出典:SOTO
中央部が筒状になっている個性的で斬新なデザインは他の焚き火台とは一線を画しています。また、斬新でありながらもシンプルな印象を与えてくれる洗練されたデザインは手持ちのアイテムに違和感なく溶け込んでくれるでしょう。


エアスタの今までにない組み立て方



動画を見てみると組み立て方がよくわかります。この焚き火台を扱うときは、SOTOの柄の伸びるスライドガストーチや、耐火グローブは必須ですね。

エアスタの気になる点

収納サイズと重量

17
出典:vic2
SOTO「エアスタ」は「エアスタベース」に別売りの「エアスタウィングM(2~4人用)」か「エアスタウィングL(4~8人用)」を取り付けて使用します。分解できますが、Lサイズなら重さは合わせて4.5kg程。若干かさばるし重いのでオートキャンプ向きと言えるでしょう。
18
出典:SOTO
価格は「ベース」と「ウィング」で合わせて約2万円するので、比較的高価な焚き火台に分類されます。その分、「ウィング」部分を使用人数に合わせてカスタムできたり、着火がしやすいなどの焚き火台として付加価値のあるタイプとも言えます。

初心者はもちろん、様々な焚き火台を使ってきた熟練キャンパーこそ、このエアスタの面白さを体感できるのではないでしょうか。
ITEM
SOTO  エアスタ ベース&ウイングMセット
●サイズ・重量
本体エアスタベース:幅34.5×奥行34.5×高さ21.5cm(羽除く)収納サイズ:幅10×奥行33.5×高さ21.5cm 重量:1650g
フィンキャップ:幅10.6×奥行10.6×高さ4.2cm 重量100g
アンダートレイ:幅27.4×奥行27.4×高さ0.7cm 重量650g
ウイングM:幅33.5×奥行16.5cm 重量315g (1枚)
●材質
本体:アルミ
フィンキャップ:ステンレス
アンダートレイ:鉄
ウイングM:ステンレス
ITEM
SOTO  エアスタ ベース&ウイングLセット
●サイズ・重量
本体エアスタベース:幅34.5×奥行34.5×高さ21.5cm(羽除く)収納サイズ:幅10×奥行33.5×高さ21.5cm 重量:1650g
フィンキャップ:幅10.6×奥行10.6×高さ4.2cm 重量100g
アンダートレイ:幅27.4×奥行27.4×高さ0.7cm 重量650g
ウイングM:幅43.5×奥行22.6cm 重量505g(1枚)
●材質
本体:アルミ
フィンキャップ:ステンレス
アンダートレイ:鉄
ウイングL:ステンレス



SOTO「エアスタ」は焚火ギアの新しい選択肢!

11953240_933957413365034_957516478179342146_n
出典:SOTO
ストレスフリーな火起こし、斬新かつシンプルなデザイン性や機能性など、他の焚き火台と一味違うSOTO「エアスタ」にぜひ注目してください!

 

SOTO AIRSTA” to give you the healing time

SOTOエアスタ」で癒しの時間をあなたに

紹介されたアイテム

SOTO  エアスタ ベース&ウイングMセット

SOTO  エアスタ ベース&ウイングMセット

¥19,220 税込

SOTO  エアスタ ベース&ウイングLセット

SOTO  エアスタ ベース&ウイングLセット

¥21,380 税込

関連する記事

11953240_933957413365034_957516478179342146_n
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
toto7

アウトドア好きの旦那さんを先頭に、少しずつファミリーキャンプにチャレンジしています。シンプルで機能性の高いアイテムが大好き!子どもの成長に合わせながら、アウトドアを楽しむことがモットーです!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE