オーラを感じる!ため息出るほど美しい「カフラシル」の魅力とは?

ローカスギアのシェルター・カフラシル特集!凛とした張り姿が美しいカフラシル。そのルックスだけでなく、あらゆるアウトドアシーンに対応できる汎用性と圧倒的オリジナリティに注目!美しく張れるコツや、より快適に過ごすためのオプションもご紹介します。


アイキャッチ画像出典:Instagram by @kiyopong

羨望の眼差し独り占め!究極シェルター「カフラシル」

gaiyou
出典:LOCUS GEAR
ワンポールシェルターをはじめULギアでおなじみのガレージブランド・ローカスギア。中でも内部空間が広く使い勝手が良いと人気のモデルが「カフラシル」です。

spwc
出典:LOCUS GEAR
圧倒的存在感を放つ美しい張り姿はもちろん、コアなユーザーの購買欲を刺激してやまないのは何故なのでしょうか?その魅力を見ていきましょう。

●サイズ:幅280×奥行き280×高さ170cm
●重量:740g
●素材:シルナイロン(30Dリップストップナイロン+シリコンコーティング)
●対応人数:2~4人


他と違う!カフラシルならではの魅力って?

1.軽量&耐風性への工夫

highspec
出典:LOCUS GEAR
カフラシルは定員4人のサイズ感でありながら、重量わずか740g(幕体のみ)。さらに確かな強度を発揮するための工夫「エクストラ・タイアウト」にも注目。

エクストラ・タイアウトとは、荒天時にシェルターの耐候性をより向上させるためリッジライン上に設けられた補強付きのガイライン(張り綱)接続ポイントです。
エクストラ・タイアウトに接続したガイラインを経て適切にペグダウンされシェルターの姿勢とテンションが保たれることにより耐候性能をより強化します。(出典:LOCUS GEAR

2.あらゆるアウトドアスタイルに対応

yama
カフラシルは軽量で携帯性抜群・ワンポールで設営簡単・強度も抜群と、どんなシーンでも使える条件が三つ揃い!ゆえにバックパックキャンプやツーリング、デイキャンプにも適しています。

今年は、違うキャンプスタイルでもやりたいと思い、購入しました。
①九州の離島(壱岐、五島列島、屋久島)でバックパッカーキャンプ
②連泊でキャンプ場を1泊ずつ 泊まる移動キャンプ。
③急なキャンプ&お気軽キャンプ
④坊がつるで軽量なカフラシルをリビング兼用で使う
⑤オートキャンプ場でないキャンプ場(中瀬、田代原など)で利用する
これまでのスタイルと違った色々な場面で活躍しそうです。(出典:nana to camping

3.独自性を追求できる

gentei
受注生産制かつハンドメイドのため手元に届くまで時間はかかりますが、そのぶん「自分だけのギア感」が高まるというもの。幕自体のカラーは三色から、さらにジッパーも二色から選択可能という驚きのきめ細やかさ!過去にはツートンカラーなど、限定色が発売されたこともあるようです。

シルエットも美しくここにもこだわりを感じる。その美しさは他ブランドでは真似できないものと個人的には感じている。そして、僕の購入理由の最も大きな要因でもあります。
軽量で強い素材のもの(シルナイロン、タイベックなど)を中心に使用するなど生地にも開発者の強いこだわりを感じます。またオリジナル以外のカラーにも対応してくれます。(出典:Ken-z Outdoor Life Blog

みんなカフラシルでオーラ出してる!

これぞ完っ璧な張り姿!一日中眺めていても飽きなさそうです。

@kiyobongがシェアした投稿


フロアサイズは280×280cm。ストーブにコットもおさまる広さで、肌寒い季節でも外遊びができそうです。


ターコイズブルーに近い印象のアルパイン・グリーンも素敵!サイトで絶対目立ちます。

定番のゴールドは、赤のタープやチェアと合わせてレイアウトしている人多し。

TAKEさん(@thmk47)がシェアした投稿


グランドシートを敷いてフルインナーを装着すれば、多少の雨や泥の浸入は防げそうです。

daiさん(@daisuisunny)がシェアした投稿


こちらはネイビーのカフラシル。レアカラーなら、一段と差がつきます!

カフラシルの「実際気になるポイント」をチェック

カッコよく張れるコツってあるの?

kotsu1
こちらはカフラシルより一回り小さいメンカウラシルですが、キレイに張るコツをチェック。まず、幕体をきれいに広げること。単純なようでかなり重要です。

さらに四隅のガイラインをペグダウンする時、テンションマックスで張るより、2~3cm手前(幕寄り)で打つとセンターポールが立てやすいです。その後四隅のガイラインを引っ張り調整を。

kotsu2
四隅を固定するだけでももちろん耐風性はありますが、ラインロック付ガイラインをフル動員して8~12箇所打つとより美しく張れます。スカートが無いという点も、接地面との隙間が少なく済むフラットな場所を選ぶことで、ある程度クリアできますよ。


フロアレス問題は大丈夫?

c0348490_21400247
カフラシルはフロアレスですが、土間やリビング部分が設けられるメッシュインナーがあります。しかもフル・4/5・ハーフの三種類!理想のスタイルやシチュエーションに合わせた細やかな配慮が素晴らしいですね。

カフラ・フル・メッシュ
full
出典:LOCUS GEAR
●サイズ:幅250×奥行き250×高さ169cm

カフラ・4/5メッシュ
5bunnno4
出典:LOCUS GEAR
●サイズ:長さ200×幅250×高さ170cm

カフラ・ハーフメッシュ
half
出典:LOCUS GEAR
●サイズ:長さ125×幅250×高さ169cm

カフラシル、思い切って買っちゃう?

matome
出典:LOCUS GEAR
カフラシルはローカスギアのホームページから購入できますが、受注後生産開始となるため納期は約9週間ほどかかる場合も。注文時にホームページ上で確認しましょう。ただ、待ちわびるのもまた楽しいもの!

ユーザーに近い目線で丁寧に作られるカフラシルなら、自分だけのキャンプスタイルを実現させてくれること間違いなしです。

ローカスギア ホームページはこちら

A Perfect Shelter,Khafra Sil

究極のシェルター、カフラシル


関連する記事

fireshot-capture-59-kiyobong-instagram_%e3%80%8c%e3%82%ab%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%ablocu_-https___www-instagram-com_p_bn6aelsjtwp_
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。7歳と5歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE