〈速報〉『東京キャンピングカーショー2015』徹底レポート!!

02 (2)

お気に入り追加

2015年7月4日(土)~5日(日)、東京ビッグサイトにて開催された『東京キャンピングカーショー2015』を速報レポート!会場内は大勢の来場者で埋め尽くされ、キャンピングカーへの注目の高さを肌で感じる2日間となりました。


過去最高の出展を記録した『東京キャンピングカーショー2015』

2015tcs_visozai_c2015年7月4日(土)~5日(日)にかけて、東京ビッグサイトにて『東京キャンピングカーショー2015』が開催されました。会場内は大勢の来場者で埋め尽くされ、キャンピングカーへの注目の高さを肌で感じるとともに、各来場者の真剣にキャンピングカーを見定めるその鋭い目線が印象的でした。

会場には過去最大160台以上のキャンピングカーがところ狭しと展示された様子を、「キャブコン」「キャンピングトレーラー」「バンコン」「軽キャンパー」にわけて徹底レポートしていきます!

おなじみのキャンピングカー「キャブコン」

DSC_0309WOHNジィーベン

DSC_0310かっちりとした内装で、ベッドとの区切りもありプライベート感を意識した間取り
WOHNジィーベン
DSC_0292ZiL

DSC_0295ベッドは簡易的だが、ゆったりしたソファが印象に残った
ZiL

キャンピングカーといえば、このカタチをイメージする方も多いでしょう。まずは「キャブコン」からご紹介です。20台以上が展示されており、やはり注目度が高く、見学者も多かったです。

内装は、ソファのスペースがしっかりと確保されているキャブコンはベッドが簡易的、ベッドと居住空間が別れているものは多少ソファがコンパクトという印象。好みに合わせて選びたいですね!


迫力はピカイチ「キャンピングトレーラー」

DSC_0050ジェイフライト 19RD

DSC_0057驚きを隠せない豪華な内装は、もはや家の中にいるかのよう
ジェイフライト 19RD


DSC_0084ウィネベーゴ

DSC_0088外装の塗装は豊富なカラーバリエーションをそろえる
ウィネベーゴ

圧巻の一言、「キャンピングトレーラー」。どのトレーラーも、もはや家にいるかのような空間的広さと各家具の豪華さ、居心地の良さを実現しています。しかし、こんな大きい車体だと保管スペースに困りそうですよね。ウィネーゴを販売するニートRVさんによると、駐車スペースをレンタルできるようになっており、年に何度か使用する際に取りに行くスタイルが一般的なのだそう。

アウトドアが一生の親友だ!という方には、思い切って「キャンピングトレーラー」を選択してみるのもいいかもしれませんね!

 

キャンパーには最もリアル!?「バンコン」

DSC_0195ロードセレクト WM

DSC_0199ファ部分はしっかり確保され、後部にマットを広げれば立派なベッドスペースに早変わり
ロードセレクト WM

DSC_0343FOCSDs コンパクト

DSC_0345後部座席をすべてソファ席に変形することで、圧倒的な広々空間を実現
FOCSDs コンパクト

「バンコン」は、1BOXバンの内装を改装したもの。見た目は1BOXそのままなので、知らない方がドアを開けたらビックリの内容ですね。適度に広い空間があるので、改装内容にもバリエーションがあるところも各車見ていてあきないタイプです。

 

一番手ごろなキャンピングカー「軽キャンパー」

DSC_0011Mini-PopBee

DSC_0014コンパクトにまとまった社内が「軽キャンパー」の魅力
Mini-PopBee

DSC_0096ラ・クーンⅡ ベンチタイプ

DSC_0098軽自動車とは思えない広々空間
ラ・クーンⅡ ベンチタイプ

今大注目の軽自動車を母体としたキャンピングカーである「軽キャンパー」。各ブースには来場者が押し寄せ、ひっきりなしに人が群がっている様子からも軽キャンパーブームを感じさせました!軽キャンパーの中でもさまざまあり、外装はそのままにふだん使いしやすいようにカスタムしてある車種やルーフトップを設置し、開放するとベッドスペースになったり、天井が高くすることで空間を広く見えるようにしたりとさまざまな工夫がされています。

 

アウトドア愛好家にとって、キャンピングカーというのは1つの大きな夢

DSC_0264東京ビッグサイトとういう大きな会場で開催されたにもかかわらず、来場者が途切れることなく車に熱視線を送っている姿が印象的で、その様子からは、キャンピングカーに対する注目度の高さを感じました。やはり、アウトドア好きにはいつの時代でも夢の1つであることは間違いなさそうです。そのほかにも、家族連れが多かったのはもちろんですが、若いご夫婦の姿があったことは印象的。アウトドアへの熱の高さを再確認できる2日間となりました。

 

アイキャッチ画像出典:東京キャンピングカーショー2015

CAMP HACK編集部 Written by CAMP HACK編集部 CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

2015年7月7日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP