朝霧ジャンボリーオートキャンプ場3つの魅力と、知っておきたいこと

朝霧ジャンボリーキャンプ場特集!温泉、風呂、電源サイト、GWの情報を紹介し、口コミも掲載しています。朝霧ジャンボリーキャンプ場は国内有数の広さを誇るキャンプ場。その3つの魅力を紹介し、人気のヒミツに迫ります。今後のキャンプは、ここに決まり!


アイキャッチ画像提供:カングーでキャンプ

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場は国内有数の解放感!

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
朝霧ジャンボリーオートキャンプ場は、富士山のふもとにある静岡県に位置するキャンプ場。広大な敷地を持ち、解放感はバツグンと評判のキャンプ場です。まずは基本情報をチェックしましょう!

【基本情報】
営業期間:通年・年中無休
定休日:気象条件等によるクローズあり
施設タイプ:オートキャンプフリーサイト・AC電源サイト・バンガロー
住所:〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭1162-3
電話番号:0544-52-2066
アクセス:車で富士ICから約45分
駐車場:サイト内、テント横に可能
料金:
●入場料
大人(中学生以上):1,000円
子供(4歳以上中学生未満):500円
●オートキャンプフリーサイト :1,650円~ (冬季営業日:600円)
●オートキャンプサイト AC電源付: サイト利用料 + 1,000円
●バンガロー:4名様用10,500円~ (冬季営業日:8,000円)
10名様用21,000円~(冬季営業日:15,750円)
●DAYキャンプ:入場料のみ
詳細はこちら

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場【魅力その1】敷地の広さ、解放感

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
朝霧ジャンボリーキャンプ場は全面芝生で、区画にするとおよそ350サイトが可能と言われていますが、一日に200サイトにしぼることによって広々と使えるフリーサイトです。繁忙期でも広々と使えるのは、大変うれしいですね!

平日は各エリア独占状態でプライベート感満載でしたが、さすがに週末になると、そうはいきませんね。それでも場内がかなり広いので窮屈さはありませんでした。(出典:なっぷ

広いです!どこを見ても山に囲まれ、こんな広いキャンプ場は初めてだったので、どこに張ろうか楽しくて仕方なかったです。(出典:なっぷ

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場【魅力その2】食材だけでお手軽キャンプ!

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 レンタル品一覧
朝霧ジャンボリーキャンプ場はレンタル道具も充実しています。テントはもちろんとしてダッチオーブン、コンロ、焚き火台、シュラフ等、様々なアイテムがレンタルできます。レンタル用品はインターネット予約ができないので、お電話にて問い合わせしましょう。

レンタルが充実しており、初心者も連れて行ける。
レンタルテントがスノーピークのアメニティードームなのがさらに良い。(出典:なっぷ

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場【魅力その3】場内の水道はなんと…?

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場の水は富士山の天然水
場内の水道は地下180mからくみ上げた、バナジウムを豊富に含んだ「富士山の天然水」です。数十年をかけて地下を通り抜け移動しながら、様々なミネラルを含んだ水は、抜群の冷たさと美味しさと言われています。

富士山はバッチリ見えるし、水は富士山の天然水だし贅沢なキャンプが出来ました。(出典:なっぷ

水道からでる水もとても冷たくて昼間でも快適!しかも出てくる水はバナジウム!(出典:なっぷ


知っておきたい朝霧ジャンボリーオートキャンプ場Q&A

電源サイトはありますか?

ありますがサイト数は少ないです。必ず空き情報をご確認して、直接お電話にてご予約をお願いします。

GWの混み具合はどうですか?

それなりに混みます!しかし、広々とご使用いただきたいので350区画可能なところを最大200区画に限定。窮屈さを感じるようなことはないと思います。

温泉や風呂は施設内、近隣にありますか?

施設内は有料シャワー(15分/300円)のみとなっております。近隣に幾つか日帰り湯があります。詳しくはこちら

ブヨが出ると聞いたのですが…

発生時期は毎年異なりますが、ブヨが活発になる適温は20度前後です。春秋なら日中、真夏なら朝夕ですね。ブヨが苦手なのはハッカ成分なので、肌の露出を控え万全な対策を取りましょう。

冬の営業は?

通年、年中無休で営業しております。コインランドリー等、冬期は凍結のためご利用できない場合があります。

予約はどうすれば?

3ヶ月前の同日から予約が可能です。予約受付け時間は8:00~16:00。詳しくはこちら


富士山を感じながら過ごすキャンプ

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場からの富士山
キャンプをする時にいつもプラスα(海や川、遊びやお料理)を考えている方も多いと思うのですが。日本の象徴である富士山を眺めながらのキャンプって云うのは何ともまた贅沢なんですよね。その圧巻した静かな佇まいに心を寄り添い、不思議と安らぎを感じられるひと時。通年営業なので四季の富士山を是非楽しんで下さい!

Let’s feel Mt.Fuji at Asagiri jamboree auto camp site

朝霧オートキャンプ場で富士山を感じよう


関連する記事

asagiri_i
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
jurika

InDoorでのお料理・裁縫も好きですが、CAMP・SURF・FARMをはじめOutDoor全般、そして旅とBeerが大好きです!自然の中に身を置き、生かされている事に感謝する日々を過ごしています。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE