MSRのスノーシュー特集!選び方・ライトニングシリーズなど種類別に紹介

MSRのスノーシュー特集。MSRのスノーシューの選び方や、ライトニング、レボ、エボシリーズの特徴を解説。おすすめのMSRのスノーシューも紹介します。軽量を重視したタイプや、安定性を求めたタイプなど。種類が豊富なMSRのスノーシューをチェック!


アイキャッチ画像出典:– MSR – Japan公式Facebook

MSRのスノーシューの選び方

msr-snow2
MSRのスノーシューには、22インチ(約56㎝)と25インチ(約64㎝)の2サイズがあります。スノーシューのサイズは、体重と荷物の重さ、歩く雪の状況に合わせたものを選ばなくてはなりません。

MSRのスノーシューのサイズ【体重+荷物で41~57㎏の方】

【しまった雪・整備された雪】
22インチ
【柔らかい雪・深さ38~76㎝】
22インチ
【柔らかい雪・深さ76㎝以上】
・22インチ+テイル
・25インチ

MSRのスノーシューのサイズ【体重+荷物で57~79㎏の方】

【しまった雪・整備された雪】
22インチ
【柔らかい雪・深さ38~76㎝】
・22インチ+テイル
・25インチ
【柔らかい雪・深さ76㎝以上】
・22インチ+テイル
・25インチ

MSRのスノーシューのサイズ【体重+荷物で79~102㎏の方】

【しまった雪・整備された雪】
22インチ
【柔らかい雪・深さ38~76㎝】
・22インチ+テイル
・25インチ
【柔らかい雪・深さ76㎝以上】
・22インチ+テイル
・25インチ
・25インチ+テイル

MSRのスノーシューのサイズ【体重+荷物で102㎏以上の方】

【しまった雪・整備された雪】
22インチ
【柔らかい雪・深さ38~76㎝】
・22インチ+テイル
・25インチ
・25インチ+テイル
【柔らかい雪・深さ76㎝以上】
・25インチ+テイル

MSRのスノーシューの種類を知る

msr-snow3
まずはMSRにどんなスノーシューがあるのか、シリーズの特徴をチェックしておきましょう。

LIGHTNING SERIES (ライトニングシリーズ)

なんと言っても「軽量さ」が特徴のスノーシュー。グラム単位の追及を重ね、最軽量の素材を使用。業界トップの軽量さを誇っています。急斜面に適したスノーシューです。

REVO EXPLORE SERIES(レボ シリーズ)

急斜面と平地のバランスを重点に置いたスノーシュー。フレームについた刃と、耐久性と柔軟性を備えたプラスチックデッキを採用しています。

EVO SERIES(エボシリーズ)

平地を歩くのに最適なスノーシュー。雪上ハイキングに必要な機能を搭載した入門用のスノーシューとして知られています。


MSRのスノーシューのシリーズの違いは?

From PIXTA 出典:PIXTA
MSRのスノーシューのシリーズを見ていきましたが、この3種類、いったい何が違うのか。その違いは、スノーシューのフレーム、爪や歯などのブレード構成です。

・LIGHTNINGシリーズは、軽量さを重点に置いたアルミフレーム製
・REVOシリーズは、プラスチックのフレームとスチール刃を組み合わせたハイブリッドデッキ
・EVOシリーズは、プラスチックフレーム

安定を求めるのであれば、LIGHTNINGシリーズがおすすめですが、雪の斜面を滑って下りたい方には、REVO、EVOシリーズもおすすめです。

MSRのスノーシュー【LIGHTNINGシリーズ】

まずは軽量が売りのLIGHTNINGシリーズのスノーシューからチェックしていきましょう。

エムエスアール ライトニング アッセント

どんな地形にも対応するMSR最上位モデルの軽量スノーシュー。更に丈夫になったデッキと、従来のパイプ構造のスノーシューでは得ることのできないグリップ力が魅力。踵を上げるヒールリフト(テレベーター)は急斜面の登攀を非常に楽にしてくれる秀逸な一品。
エムエスアール ライトニング アッセント
ITEM
エムエスアール ライトニング アッセント
●サイズ:22インチ/20×56cm 、25インチ/20×64cm
●重量:22インチ/1.76kg、25インチ/1.81kg
前3本、後ろ1本の留め具の固定は面倒ですが、長距離歩いても緩みません。
全周フレームでしっかりと雪を掴み急斜面の登り下りも安定した足運びが出来るため、足腰の負担が楽だと感じました。また、急坂ではテレベーターを起こすことで楽に登れました。 出典:楽天

エムエスアール ライトニング アッセント 女性用

女性に適したスノーシューの代名詞「LIGHTNING アッセント」。細身のフレームと軽さで、悪条件の中の歩行が軽快になります。ポジロックATバインディングは最も丈夫で、確実にブーツ靴を締められます。また、ヒールリフターを使用すれば斜面の登りが楽になります。
エムエスアール ライトニング アッセント 女性用
ITEM
エムエスアール ライトニング アッセント 女性用
●サイズ:22インチ18×56cm 、25インチ/18×64cm
●重量:22インチ/1.62kg、25インチ/1.71kg
希望通りの商品が無事に届き、価格も満足です。週末のスノーシューが楽しみになりました。 出典:Amazon

エムエスアール ライトニング エクスプローラー

最新のテクノロジーを盛り込んだ、LIGHTNING「エクスプローラー」シリーズ。バインディングの角度調整機能によって、スノーシュー同士が干渉することなく歩行できる設計を採用。快適なバインディングとヒールリフターによって、一日中履いても疲れ知らず。
エムエスアール ライトニング エクスプローラー
ITEM
エムエスアール ライトニング エクスプローラー
●サイズ:22インチ/20×56cm 、25インチ/20×64cm
●重量:22インチ/1.80kg、25インチ/1.87kg

エムエスアール ライトニング エクスプローラー 女性用

女性用の全方向グリップのフレームの特徴は、女性独特の運動力学に基づいて設計されていることです。全方向(360°)トラクションフレームと脱着可能なテイルの組合せを実現することにより、いろいろな条件下で女性でも安心して歩行することができます。
エムエスアール ライトニング エクスプローラー 女性用
ITEM
エムエスアール ライトニング エクスプローラー 女性用
●サイズ:22インチ/18×56cm 、25インチ/18×64cm
●重量:22インチ/1.69kg、25インチ/1.75kg



MSRのスノーシュー【REVOシリーズ】

続いては、強度性と柔軟性を兼ね備えたREVOシリーズのスノーシューをチェック!

エムエスアール レボ アッセント

新モデルのREVOアッセントはどんな山でも踏破できることを目的として設計されました。ツーピース構造ウレタン製シェルと、独立した4本のストラップで締めることでしっかり装着。氷点下でも凍らず、どんな種類のブーツでもフィットします。
エムエスアール レボ アッセント
ITEM
エムエスアール レボ アッセント
●サイズ:22インチ/20.5×56cm 、25インチ/20.5×64cm
●重量:22インチ/1.84kg、25インチ/1.97kg
今シーズン、スノーシューの出番は6回程度。谷川や赤城
黒檜以外
、北八ヶ岳、奥白根で使用しました。さすが登はん用に特化しているだけあって稜線まで登る際の急登、北八ヶ岳では稜線上やトレース上でも滑ることなくさくさくと登れました。 出典:Amazon

エムエスアール レボ アッセント 女性用

フレームに刃を付け、プラスチックデッキを採用したREVOシリーズ。女性用は男性用よりテイル部分を細身にし、より歩行しやすく設計されています。なおかつ軽量化を実現し、起伏のある地形で絶対的な耐久性と安全性を発揮します。
エムエスアール レボ アッセント 女性用
ITEM
エムエスアール レボ アッセント 女性用
●サイズ:22インチ/20.5×56cm
●重量:22インチ/1.75kg

エムエスアール レボ エクスプローラー

REVOエクスプローラーは、ブーツ靴を押さえつけることなくかかと踵と甲の2本だけで固定できるハイパーリンク バインディング装備。特徴は素早く装着でき、足が痛くならない新しいラチェット式。一日中、履いていても足もとは極めて快適です。
エムエスアール レボ エクスプローラー
ITEM
エムエスアール レボ エクスプローラー
●サイズ:22インチ/20.5×56cm 、25インチ/20.5×64cm
●重量:22インチ/1.76kg、25インチ/1.89kg
雪山登山にはスノーシューよりワカンがいいと言われて、ずっとワカンで深雪を歩いてきましたが、これに履き替えて、大正解でした。 出典:Amazon

エムエスアール レボ エクスプローラー 女性用

強力な鋸刃をもつフレームと、前爪をもつクランポンがどんな状況でも、どんな急斜面でも優れたグリップ力を発揮します。なおかつ、頑丈な構造が特徴で、射出成型プラスチックは丈夫なうえ、歩行時にたわむことでクリップ力をさらに増大させる働きがあります。
エムエスアール レボ エクスプローラー 女性用
ITEM
エムエスアール レボ エクスプローラー 女性用
●サイズ:20インチ/20.5×56cm
●重量:1.69kg
雪遊びのシーンには欠かせないアイテムです。なんといっても軽量ですので、リュックに背負っても、手に持っても軽くて持ち運びは良いです。 出典:Amazon

MSRのスノーシュー【EVOシリーズ】

最後に、スノーシュー入門者向けのEVOシリーズの商品をチェック!

エムエスアール エボ アッセント

Evo Ascentスノーシューは、オフトレイルからバックカントリーまで、様々な場面で活躍します。頑丈なユニボディー・プラスチック製デッキを採用しているので、耐久性と全方向グリップが備わっています。多岐にわたるブーツに対応し、グローブをしたままでも使用できるデザインです。
エムエスアール エボ アッセント
ITEM
エムエスアール エボ アッセント
●サイズ:21×56cm
●重量:1.84kg
雪深い中で使用準備中、今までカンジキで体ごと雪に沈んですぐに疲れて疲労困憊だったので、最先端技術の物が欲しくて、長靴の着脱が容易な、EVOアッセントを選びました。 出典:Amazon



エムエスアール エボ

LIGHTNINGシリーズとはまたひと味違ったスムーズな歩き心地で、ハイクの少ない雪歩き、雪中キャンプでの散策に最適なモデル。デュオフィットバインディングが、なだらかに起伏した地形で必要な安全性を発揮します。
エムエスアール エボ
ITEM
エムエスアール エボ
●サイズ:21×56cm
●重量:1.63kg

エムエスアール デナリ クラシック アッセント

今日のMSRスノーシューの地位を確立させる基礎となった、頑丈で定評のある「デナリアッセント」が日本限定で復刻。登りづらい急斜面で威力を発揮するテレベーターと、トランクションを備えたコストパフォーマンスに優れたモデル。
エムエスアール デナリ クラシック アッセント
ITEM
エムエスアール デナリ クラシック アッセント
●サイズ:20×56cm
●重量:1.79kg

エムエスアール エボ アキュブレイド

歩行性・耐久性・トラクションを備えたEVOデッキに、素早く簡単に着脱できる手軽さが魅力のステップインシステムYONEX「アキュブレイド」を搭載。MSRスノーシューとのコラボレーションモデルです。テレベーターが急な斜面で威力を発揮し、登攀時のふくらはぎにかかる負担を軽減。
エムエスアール エボ アキュブレイド
ITEM
エムエスアール エボ アキュブレイド
●サイズ:21×56cm
●重量:1.85kg

MSRのスノーシューは自分に合ったモデルを選ぼう

msr-snow4
大きく3タイプに別れるMSRのスノーシュー。入門者モデルから、耐久性や軽量に特化したモデルなど特徴はさまざまです。

スノーシューハイキング、バックカントリースノーボーディングなど、使用したい目的に最適なモデルのスノーシューを選びましょう。きっとあなたのポテンシャルをより引き出してくれるでしょう。

 

Let’s go to the snowy mountain with the snowshoes of MSR!

MSRのスノーシューで雪山に行こう!

紹介されたアイテム

エムエスアール ライトニング アッセント

エムエスアール ライトニング アッセント

¥41,040 税込

エムエスアール ライトニング アッセント 女性用

エムエスアール ライトニング アッセント 女性用

¥41,040 税込

エムエスアール ライトニング エクスプローラー

エムエスアール ライトニング エクスプローラー

¥38,880 税込

エムエスアール ライトニング エクスプローラー 女性用

エムエスアール ライトニング エクスプローラー 女性用

¥38,880 税込

エムエスアール レボ アッセント

エムエスアール レボ アッセント

¥34,560 税込

エムエスアール レボ アッセント 女性用

エムエスアール レボ アッセント 女性用

¥34,560 税込

エムエスアール レボ エクスプローラー

エムエスアール レボ エクスプローラー

¥30,240 税込

エムエスアール レボ エクスプローラー 女性用

エムエスアール レボ エクスプローラー 女性用

¥30,240 税込

エムエスアール エボ アッセント

エムエスアール エボ アッセント

¥29,160 税込

エムエスアール エボ

エムエスアール エボ

¥20,520 税込

エムエスアール デナリ クラシック アッセント

エムエスアール デナリ クラシック アッセント

¥24,840 税込

エムエスアール エボ アキュブレイド

エムエスアール エボ アキュブレイド

¥59,400 税込

関連する記事

msr-snow1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
野口理加

短大を卒業後に、さまざまな職業を経験しながら、カメラマン兼WEBデザイナーとして妊娠するまで従事。現在は2児の母。育児をしながらライターの仕事をしています。数年前からキャンプを家族の趣味として楽しんでいます。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE